石井竜也が転倒事故で頭部負傷、米米CLUBのライブ延期。精密検査受け打撲の軽傷も心配の声

米米CLUB石井竜也(カールスモーキー石井)

昨年デビュー35周年を迎えた『米米CLUB』のメインボーカル・石井竜也さん(別名=カールスモーキー石井 62歳)が、自宅で転倒して頭部を負傷し、26日に開催予定だった『米米CLUB』のライブ延期が発表されました。

『米米CLUB』の公式サイトが25日に更新され、「カールスモーキー石井が自宅で転倒し、その際、頭部を打撲し、すぐに病院で精密検査を受けたところ、医師より『数日間の静養が必要』という診断が下されました。これを受け、大事をとり『a K2C ENTERTAINMEMT TOUR 2021 ~大芸術祭~』9月26日(日)川崎公演を延期させていただくことを決定致しました。尚、診察に伴いPCR検査を行いましたが、結果は陰性でした。」と、所属事務所『株式会社ウェルストーン·ヴォイス』が発表しています。

そして、石井竜也さんの転倒事故による頭部負傷、ライブ延期発表を受けてネット上では、

  • 歳には勝てない。良い機会と捉えて精密検査した方がいい
  • 何が原因の転倒なのかによるけど心配だな。数日安静って診断は。
  • 転んで頭を打つとは結構大変な転び方だったのでは?頭は怖い
  • 何かにつまづいたりしたのかな?頭痛とか後遺症が残らなければいいけど。
  • 転倒した原因が何か心配。意識が一時的になくなっていたのかも?でなければ、手を着くなり、防御したはず。
    いきなり頭部打つのは意識がなかったからかも。もうお年ですから、ご無理のなきよう。
  • この年での転倒は脳梗塞が隠れてる事があるから脳のMRIとかやっといた方がいい。かくいう自分も去年脳出血で入院している62歳。
    全く前兆無くしびれたり転んだりして脳外科に来たらやっぱり脳梗塞でそのまま入院して大事に至らずという患者さんを大勢見た。

などと心配の声が相次いでいます。

1982年結成、1985年にレコードデビューを果たした『米米CLUB』は、メンバーの脱退等によって1997年に一度解散して2006年に再結成し、2013~2016年は再びバンド活動を休止しましたが、2017年から再び全国ツアーなどを行っています。

デビュー35周年を迎えた昨年10月から、2019年以来2年半ぶりとなる全国ツアーをスタートさせる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により1年延期となり、それに伴って初の無観客ライブを開催し、今年1月には7年ぶりとなる新曲『愛を米て』をリリース、2月に生配信ライブを行い、9月19日から全国ツアーが始まりました。

米米CLUBの新曲『愛を米て』メイキングミュージックビデオ動画

全国ツアーの初日公演では初期の楽曲から新曲を披露し、他にも未発表の新曲や、しばらくライブでは披露していないレアな楽曲のパフォーマンスを披露していました。

この全国ツアーは11月28日まで、全国14会場で全17公演を行う予定となっており、2回目の公演を前に石井竜也さんが転倒で頭部を負傷し、川崎公演は中止ではなく延期とされているのですが、どのように転倒したのかは定かではないものの、頭を打ったというのは非常に心配ですね。

精密検査を受けた結果、医師からは数日間の静養が必要と診断されたそうですが、決して無理はせずに、今後の経過を見てツアーを続けるかどうかの判断を慎重に行ってほしいです。

参照元
  • https://www.komekomeclub.net/artist/Komekome/info/533562
コメントを残す