田村亮が芸能界復帰へ? 吉本興業とエージェント契約で仕事再開か。ロンブー淳がコンビ復活に向け動く?

ロンブー亮こと田村亮

闇営業問題で雨上がり決死隊・宮迫博之さんと共に謝罪会見を開き、芸能活動休止中のロンドンブーツ1号2号・田村亮さんに、芸能界復帰の話が浮上していることを週刊誌『フライデー』が報じ注目を集めています。

ロンブー亮さんは一連の闇営業問題で、反社会的勢力から金銭の授受は無かったと吉本興業によるヒアリングで当初否定し、レギュラー出演しているラジオやテレビ番組でもお金は受け取っていないと強調していました。

しかし、これは宮迫博之さんや吉本興業からの指示でついていたウソだったことを会見で明らかにし、ロンブー亮さんは涙ながらに謝罪したほか、岡本昭彦社長によるパワハラを告発し、吉本興業に対して強い不信感を抱いていることを明らかにしました。

<↓の画像は、記者会見した宮迫博之さん、ロンブー亮さんの写真>
宮迫博之とロンブー亮の謝罪会見画像

吉本興業側は会見の前に、最初にウソをついた宮迫博之さんとの契約を終了させた一方、ロンブー亮さんとの契約は解消しなかったのですが、ロンブー亮さん自身は契約解消を望んでおり、この会見後には宮迫博之さんと揃って芸能活動を休止しています。

『フライデー』が新たに報じている記事でロンブー亮さんの知人は、「“ウソを突き通そう”と主導したのは宮迫さんです。淳さんも言っていましたが、彼は元々ウソをつくタイプではないんです。」とし、「亮さんは自分のウソを反省しつつも、会社の隠ぺい体質に憤慨し“契約を解除してください”と会見で言ってしまった。しかしそれから数か月がたった今、冷静になってくると、怒りの矛先は会社から宮迫さんに変わったそうです。“億プレーヤー”だった亮さんは、宮迫の命令のせいで一夜にして“無職状態”になってしまった。『あの時、宮迫さんさえ正しい判断をしてくれていたら…。本当にやられた』と嘆いているようです」と語っています。

宮迫博之さんは吉本興業に復帰するつもりはなく、明石家さんまさんの個人事務所から芸能界復帰を目指しているとされ、来年1月にも復帰予定との情報を流れています。

一方のロンブー亮さんは復帰に向けた話し合いが進んでおらず、具体的な復帰時期に関する話は出ていなかったのですが、テレビ局関係者によれば、相方の田村淳さんが手を差し伸べ、吉本興業との間に入って復帰への道を探しているといいます。

<↓の画像が、“ロンブー淳”こと田村淳さんの写真>
ロンブー淳こと田村淳

ロンブー淳さんは周囲に「絶対に吉本も辞めないし、絶対にロンブーも解散しない」と話しているといい、双方がWin-Winになるよう熟考しているそうです。

そんな中で現在浮上しているのが、加藤浩次さんが発案で取り入れられたエージェント契約だそうで、ロンブー淳さんは引き続きマネジメント契約とし、ロンブー亮さんはコンビ活動をする時だけ吉本興業と契約するという案で落とし所を探っているとのことです。

しかし、コンビ活動を再開させるのもなかなか難しいと予想され、テレビ番組はスポンサーによる出資で成り立っているため、闇営業問題でイメージが著しく悪化したロンブー亮さんがテレビ復帰を果たすには、世間からの許しを得る必要があります。

これもかなりハードルが高いことから、まずは劇場ライブから再出発を図るのがいいかもしれないと前出のテレビ局関係者は語っています。

この報道に対してネット上では、

  • この方は宮迫の被害者だと思う。復帰させてあげてください。宮迫は不愉快になるので復帰はあり得ない。
  • 宮迫は早い段階で、さんまに助け舟を頼んで自分だけ延命しようとしたけど、亮は本当に謹慎している。本当は宮迫の被害者なのに。彼を助ける余地はあると思う。
  • 会見の時、田村亮さんだけは今の事態を真剣に考え発言しているように感じた。
    賛否はあるとおもうが、私はこの人のテレビでの立ち位置は好きだった。
    ただ復帰を考えているなら、それなりの覚悟が必要。世間を納得させるくらいの姿勢を見せて欲しい。
  • 亮氏の復帰に関してはいいかと思います。
    あの会見後、自分の犯した過ちをしっかりと受け止め謹慎中も表に出ることなくひっそりと生活をしていたのでしょう。
    巻き込こんだ宮迫氏は自分が可愛くて仕方がないようで、すぐさんま師匠に復帰に向けての話を掛け合ったりパフォーマンス的なボランティア活動をしてみたり、、、
    亮氏の復帰には賛成ですがスポンサーがどう判断するかですね。
  • 宮迫は、先輩に早々に助けを求め、自分だけ復帰しようとしている。
    亮が宮迫に憤慨するのは当たり前。しっかり、反省して、地に足つけて踏ん張ってほしい。
    家族、特に子供が将来この騒動を知った時、お父さんは嘘をついたけど、しっかり反省して、相方、淳と共に踏ん張って、お笑いを続けていると言える様になって欲しいです。
  • 亮の人柄なら復帰するのはそう遠くはないと思う。淳も自分の番組も持っているし、まずは自分の番組で亮を出して行こうと考えているかもね。

などのコメントが寄せられています。

ロンブー亮さんも宮迫博之さんと同様に、金銭の授受は無かったと当初ウソをついてしまいましたが、慣れないウソをつき続けることがどうしても耐えられずに、ヒアリングから1週間が過ぎた6月8日に宮迫さんに電話をかけ、「正直お金のことを言いましょう」と説得し、後輩芸人も連れて吉本興業へ行き、具体的な金額も含めて報告を行いました。

しかし、すでに金銭の授受は無かったとのコメントを出していたため、吉本興業側は今さら発言をひっくり返すことはできない、世間の様子を見ようとの判断が下され、それから2週間が過ぎた6月24日に闇営業芸人全員に謹慎処分が言い渡され、ロンブー亮さんはその場で「記者会見をやらせてください、全部自分たちの口で金額、経緯、事実を伝えさせてください」と訴えたものの、「ダメだ」「記者会見させるつもりはない」と断言されたといいます。

この時点で強い罪悪感を抱いていたロンブー亮さんは、精神的にも限界に達していたため、契約解消されてもいいので会見をさせてほしいと強く訴えたところ岡本昭彦社長から、「亮、ええよ。お前辞めて1人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにするからな。それでもええんやったら記者会見やれ。俺にはお前ら全員クビにする力があるんだからな」と宣告されました。

その後も両者の話し合いは平行線をたどる中で、7月18日に吉本興業側から「引退会見、もしくは2人との契約解除、どちらかを選んでください」との通知が届き、ロンブー亮さんは吉本興業から契約解消されることを覚悟の上で、宮迫博之さんと共に記者会見し芸能活動を休止しており、会見後はお年寄りたちに対して、どのような詐欺があるのかを伝える活動を1人で行っているとされ、表立った活動は完全に休止した状態が続いています。

そんなロンブー亮さんの近況はロンブー淳さんが様々な場で報告しており、8月時点では毎日電話で会話していることを明かし、「感情の起伏がすごく激しい。落ち込んでいるときもあれば、無理して笑っているときもある。話を聞いてあげようと思って毎日電話している感じ」と語っています。

また、吉本興業側がロンブー亮さんに対して交渉の場についてほしいとアプローチしていることを明かし、「亮も応えていいものか悩んでいる。僕の個人的な意見としては『交渉の場には行きなさい』。そうじゃないと前に進まないから。だけどあいつの中でそこに行けない、心の問題なのか、そこは急かすようなことはしないで見守りたい」「僕としては戻ってきてもらいたい」「ロンドンブーツも守りたい」との思いを打ち明けていました。

ロンブー淳さんは冠番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などでも、ロンブー亮さんの名前を出してイジるなどしており、今後もコンビで活動をしていきたいとの思いを感じることから、現時点では復帰がいつになるのかは分かりませんが、来年中にも2人が揃った姿がまた見られるかもしれませんね。

闇営業芸人たちには現在も厳しい声は上がっていますが、一方で復帰を望む声も多く、そうした期待に応えられるように吉本興業との話し合いを進めていき、今後また表舞台で活動できるよう頑張ってもらいたいです。

参照元
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/75192
  • https://news.mynavi.jp/article/20190801-869894/
  • https://hochi.news/articles/20190811-OHT1T50036.html
  • https://www.oricon.co.jp/news/2141400/full/
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4Njg2MDI3

    少なくとも、宮迫よりは、復帰しても需要がありそうだね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について