田代まさし保釈後にライブ出演。後見人・佐藤秀光が現在の様子や今後語る。薬物事件で4度目の逮捕、実刑の可能性も…

田代まさし

昨年11月以降に覚せい剤の所持・使用、大麻所持の罪で逮捕・起訴され、昨年クリスマスに保釈された元タレントの“マーシー”こと田代まさし被告(本名=田代政 63歳)が、保釈から5日後に千葉県匝瑳(そうさ)市で開催の忘年会ライブに出席していたことが判明しました。

これは17日発売の週刊誌『フライデー』の報道で判明したもので、田代まさし被告が“兄貴”と慕うロックバンド『COOLS(クールス)』のリーダーであり、YouTubeでも共演していたドラマーの佐藤秀光さん(68)が『フライデー』の取材に応じ、自身が主催したライブに田代被告が出演した経緯を説明しています。

<↓の画像は、YouTubeで共演していた佐藤秀光さんと田代まさし被告の写真>
佐藤秀光と田代まさし

佐藤秀光さんによれば、田代まさし被告と親しく付き合うようになったのは2018年5月からで、バイクのツーリングイベントで一緒になったのがきっかけだったと語り、「今回の保釈にあたって、保釈金を用意して『後見人』になったのも俺です。保釈申請は4回却下されていたんだけど、やっと許可されてね。保釈後に再会したとき、あいつは『本当にサンタクロースっているんだ』って泣いていました」と明かしています。

そして、昨年末に開催したライブに登場した田代まさし被告は、「本当はこういうところに出てる場合ではないんですけども、直接謝ったほうがいいかなと思いまして……」と集まった仲間たちに語り、涙ぐむ場面もあったそうです。

<↓の画像が、忘年会ライブに出演した田代まさし被告の写真>
保釈後のマーシー

しかし、千葉県警の刑事らもライブに来ていたことを受けて、佐藤秀光さんから“ギャグ禁止令”を出されていたにも関わらず、「見た目も(逮捕された)時期も似ているんで、勘違いしている人がいるかもしれませんが、私、沢尻エリカじゃありませんからね!」といったジョークを飛ばしていたといいます。

田代まさし薬物事件で4度目の逮捕、保釈後に忘年会ライブに出席のフライデー画像

そんな田代まさし被告の気になる今後についてですが、「田代は保釈後、まっすぐ茨城県内にある更生施設に入所しました。いまは施設で畑を耕したり、掃除したり、祭りをしたりという生活を送っているみたいだね。病院にはまだ行っていないけど、治療方針はこれから決める予定です。」と佐藤秀光さんは語っています。

また、「田代と知り合ってからまだ2年弱だけど、ヤツのことを兄弟だと思っている。俺はあえいでいる田代の笑顔が見たいんだ。」と語り、田代まさし被告は佐藤秀光さんとツーリングするために、「免許をとって兄貴と一緒に走るんだ」と言いながら頑張っているといい、「これから裁判が始まるけど、なんとか田代のために執行猶予を勝ち取りたい」としています。

佐藤秀光さんはこのように田代まさし被告の更生に期待しているのですが、『フライデー』の報道を受けてネット上では、

  • もう施設にいれても意味ない…売人が近くにいたら意味がない…。
    佐藤さんの気持ちは凄く理解できるが余り期待しない方がいい。
  • どう転んでも執行猶予は無理でしょう。ライブ、バイクの免許、もっと他にやるべき事が有るのでは…
    一生施設に居ないと田代は必ずまた薬物に手を出すよね。ENDです。
  • 一生、施設にて隔離するなら可能、世に出るならば間違いなくやるだろう、無理だ。
    もはや、田代氏の人格の問題ではない。これが薬の恐怖なんだと思う。
  • 執行猶予って勝ち取る物じゃ無いと思うんだけど。ホトケの顔も3度まで5度目となった今は娑婆にいたらダメだと思う。
  • 薬で実刑になってるのに今度は執行猶予なんて有り得るのかね??
    個人的に田代氏の喋りが好きで昔からテレビ観てたけど、「またか」としか思えないし、バイクの免許なんて、薬の影響で事故起こしたらと思うと。危なっかしい夢は諦めてもらいたい。
  • 保釈で出ても田代まさしの為にはならないと思う。本当は保釈なしで中にいてしっかり抜くことが大切なんじゃないかと思う。
    執行猶予をもらっても、絶対またやりそうだから、次の逮捕時にプラスして加算されるので、保釈なんかせず、今回もじっくり刑務所生活を送って、本当にやめている時間を作ったほうが良い。それが彼のためだ。

などのコメントが寄せられています。

田代まさし被告は昨年末のライブ出演から数日後、年明けに佐藤秀光さん等が開催したイベントにも出席し、歌声を披露していたのですが、そこでも今回の薬物事件について言及しているものの、深く反省しているようには見えません。

保釈後に撮影された田代まさし被告の映像

田代まさし被告は2001年に別件で逮捕後に自宅から覚せい剤が見つかり、2001年12月に薬物事件で1度目の逮捕となり、2002年3月に懲役2年・執行猶予3年の有罪判決を受けましたが、執行猶予期間中の2004年9月に薬物所持で2度目の逮捕となり、2005年2月に懲役3年6ヶ月の実刑判決を受けました。

服役中に妻との離婚が成立し、2008年6月に出所して芸能活動を再開しましたが、2010年9月に交際中の女性と覚せい剤、大麻、コカインといった違法薬物を所持、使用の罪で3度目の逮捕、2011年7月に懲役3年6ヶ月の実刑判決が下され、2度目の刑務所行きとなりました。

2014年7月には仮釈放され、その後は薬物依存者等のリハビリ施設『ダルク(DARC)』のプログラムを受け、同施設の職員としても活動をしていましたが、昨年夏にダルクを辞めていたことが判明しており、そして昨年11月に覚せい剤、大麻といった違法薬物事件で4度目の逮捕となっています。

田代まさし被告はテレビ番組にも出演して薬物の恐ろしさなどを語り、昨年6月にはYouTubeチャンネルを開設して過去の薬物事件、刑務所内のエピソードなどを面白おかしく語りつつも、3度目の事件以降は薬物を断っているとしていたのですが、実際のところは使用を再開していました。

田代まさし被告はこれまで多くの人を裏切り、かつて共に活動していた歌手・鈴木雅之さん、お笑いタレント・志村けんさんといった恩人も離れていきましたが、2018年に知り合ったという佐藤秀光さんは田代被告のことを信じ、今度こそ更生してくれることに期待している様子です。

しかし、今後また薬物事件を起こした場合には、佐藤秀光さんからも見放されてしまう可能性があるだけに、今回の事件を深く反省するだけでなく、どうにか薬物を断てるようにしっかりと治療プログラムなどを受けたり、環境を変えるなどして更生を目指してもらいたいです。

参照元
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/90714
  • https://www.asahi.com/articles/ASMCW3PX5MCWUNHB002.html
  • https://www.sanspo.com/geino/news/20191128/sca19112805010003-n1.html
  • https://www.sankei.com/affairs/news/191127/afr1911270004-n1.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExMzU2

    沢尻エリカはこうはならないでほしいな

  2. 2
    匿名
    ID:MjExNTg0Mzkx

    夕ニャンでおニャン子クラブメンバーだった工藤静香と共演経緯があるのに、薬物逮捕で裏切ったね!
    ただ、工藤静香も夫のキムタクと共にSMAP騒動で叩かれているけどそれ以上に酷いよ!
    ついでにのりピー(酒井法子)も高相祐一と夫婦だった時に薬物逮捕歴があり、のりピーは結局立ち直って離婚したけどマーシーはそんな彼女も裏切った!
    キムタク夫妻、のりピーに見限られるね!

  3. 3
    匿名
    ID:MjE2OTI1MTk=

    こんだけ太ってて、薬物を止める?まぁ。無理だね。ダイエット(筋トレとかの健康的な)をすぐ辞めるのと、薬物に手を染めるのはけっこう似てる。だって楽だから。この体型でまた薬物やったら心臓に相当負担がかかる。バイクに乗るのが希望?甘いよ。やめなきゃマジ死ぬ。ぐらいじゃ無いと!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について