熊田曜子インスタグラムで夫や姑の愚痴連発で離婚間近? モラハラ夫と批判の一方、SNS投稿に否定的な声も…画像あり

熊田曜子

グラビアタレント・熊田曜子さんがインスタグラムに、夫に対する不満を度々投稿しており、これに対してネット上では「モラハラ夫」などの批判だけでなく、わざわざSNSへ投稿する熊田さんへの批判なども上がるなど、賛否を巻き起こしています。

熊田曜子さんは12日にインスタグラム・ストーリーズ(24時間以内に投稿が消える機能)を更新し、「朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は経験してるけどかなりのダメージ」と綴り、夫が手を付けなかったという手料理にバツ印を付けた写真を投稿しました。

<↓の画像が、熊田曜子さんが12日にインスタグラム・ストーリーズへ投稿した写真>
熊田曜子のインスタグラムストーリーズ・夫の愚痴投稿1枚目

<↓の画像は、熊田曜子さんが11日に投稿の手料理写真>
熊田曜子の手料理画像1枚目

また、熊田曜子さんは18日更新のインスタグラム・ストーリーズで、「昨日の夕食も食べてもらえず 今夜は会食があるみたいだから この料理をどうにかしないと」と綴り、それから数時間後の更新では、残った料理を使って牛丼にしたことを報告しています。

<↓の画像は、熊田曜子さんが18日に投稿の写真>
熊田曜子のインスタグラムストーリーズ・夫の愚痴投稿

<↓の画像は、17日深夜に投稿の手料理写真>
熊田曜子の手料理画像2枚目

このように熊田曜子さんは夫に対する不満を投稿しており、これに対してネット上では、

  • ゴミ男じゃん
  • これは辛いね、私なら作らない
  • 旦那一口も食べないってどういうこと?モラハラ夫かよ…
  • もう準備するのやめてみたら?それで文句言うならモラハラだな。
  • 義母の育て方が悪い
  • 離婚したらいいよ
  • 愛がないんだよ 離婚しかない
  • モラハラのストレスを、脱いで表面上はちやほやされる事で発散させてたのね。なんか気の毒に思えてきた…

などと熊田曜子さんに同情する声が多く上がっています。

しかし、その一方では、

  • 食事にバツつけてインスタにあげるとか怖すぎるんだけど
  • 愚痴をこぼすのはSNSじゃなくて身近な友人にとどめておいた方がいい
  • いちいちこういうの投稿するこいつも大概だと思うけど。
  • 話しあえばいいのに。snsにアップするのはハラスメントにはならんのかな?
  • 99回用意する熊田も、100回残す旦那もおかしいでしょ。てか、こんなんあげて、またモラハラされるのでは?
  • このバツ印つけてるのがメンヘラ臭くて気持ち悪い。この人やっぱり大嫌いだわ
  • モラハラやDVの被害に遭った人なら分かると思うけど、ひどいことされてる奥さんは、こんな大々的に発表しない。親や親友にも話せない。
    こんなに大っぴらに「聞いてー」って言ってるうちは心から心配すると、こっちがバカを見ることになる。
  • この人のすごいのは、SNSにあげるところ。旦那や家庭の愚痴はある。文句だって、理不尽だって叫びたいこともある。でもそれは母親だったり友人に話す。
    芸能人だからなのかな?自分だとバレてるみんながみてるSNSにあげる感覚が私にはわからない…

などと熊田曜子さんのSNS投稿を咎める声も上がっており、賛否両論となっています。

熊田曜子さんの愚痴は夫に対するものだけでなく、夫の母親(姑)に対するものもあり、4月末に更新のインスタグラム・ストーリーズでは、「明日 一緒に夕飯を食べましょうというお姑さんからのお誘い。予定が入ってるし、義家族と会う約束は別日にあるからお断りしたらめっちゃ怒られた。しかも、朝から私の実母に私のダメ出し電話1時間。さらに30行くらいの長文ラインで実母も私も怒られてる。ふぅ~しびれる」と綴っていました。

<↓の画像が、熊田曜子さんの姑に対する愚痴投稿写真>
熊田曜子のインスタグラムストーリーズ・姑の愚痴投稿

この投稿もネット上では賛否を巻き起こしていたのですが、ここ最近こうした愚痴投稿が増えていることから、夫らに対する不満が爆発し、離婚秒読み段階にあるのではないかと推測する声も多く上がっています。

熊田曜子さんは2011年9月に週刊誌『フライデー』によって、同い年のサラリーマン男性との熱愛交際をスクープされ、2012年4月に結婚、同12月に第1子となる長女(6)、2015年10月に第2子となる次女(3)、昨年6月に第3子となる三女(0)を出産しています。

<↓の画像は、結婚前に『フライデー』が撮影した熊田曜子さんと夫の写真>
熊田曜子と夫のツーショット写真

熊田曜子と夫のツーショット写真2枚目

しかし、熊田曜子さんは子供を出産後もグラビア活動を継続しており、今年2月に写真集、4月にイメージDVDをリリースするなどし、8日に行われた自身のトレーディングカード発売記念イベントでは、今後のグラビア活動について聞かれると、「今のところ、子どもが何か言ってきたら家族で話し合って卒業になるかもしれないですけど。私はこの仕事に誇りを持っている」とし、できれば「次の元号まで、グラビアを続けたい」と話していました。

子供を3人出産後もグラビア活動を続ける理由は、夫との離婚も考えているからなのではないかという憶測も飛び交っているのですが、果たしてインスタグラムへの投稿は離婚危機のサインなのか、ちょっとした愚痴のつもりで投稿しているのか定かではありませんが、さらに夫婦関係が悪化してしまう可能性があるため、SNSを使って愚痴を発信するのは控えた方がいいと感じますね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    まあだから
    ペニオクなんかしたんでしょう
    熊田は常に寂しそう

  2. 2
    匿名
    ID:MjA4MzM2MDk4

    食べるって言っといて食べないをもう100回ってそれはないわ
    作った人の気持ちをなんだと思ってるんだ
    とんだくそ野郎だな
    そしてそのくそ野郎を育てた母親もとんだくそ野郎だな

  3. 3
    匿名
    ID:ODI4NTQzNzI5

    この記事の写真観ただけだから、違うかも知れないけど。小鉢に沢山の種類の副菜&ごはん&汁物が毎日の朝ごはんではちょっとヘビーかも…。夕食の写真みたいに朝ワンプレートの軽めにすればいいのでは?会食が多いみたいなので…胃腸が調子悪いのかも?次の日の朝は軽めのものにするとか。朝はみんな何かと忙しいからそんなにお母さん一人で頑張りすぎなくていいと思う。ストレス溜まることもあるかも知れんけど、安易に愚痴をSNSにあげるとややこしくなるし、余計にストレス溜まるからやめときな。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について