満島ひかりのワガママ行動に激怒の関係者も? 東京国際映画祭の取材ドタキャンで騒動に? ガセネタ指摘の声も真相は…

満島ひかり

10月スタートの小泉今日子さん主演ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系 火曜22時)に出演中の女優・満島ひかりさん(31)が、ワガママ行動によってあるトラブルを起こしていたことを14日発売の週刊誌『女性自身』最新号が報じています。

満島ひかりさんは数多くいる同年代の女優の中でも、個性派・演技派女優として高く評価されており、今年も映画『愚行録』や『海辺の生と死』、ドラマ『カルテット』(TBS系)などの作品に出演しています。

10月25日~11月3日に開催された『第30回 東京国際映画祭』では、特別企画「Japan Now 銀幕のミューズたち」として、満島ひかりさんと同学年の蒼井優さん(32)、安藤サクラさん(31)、宮崎あおいさん(31)の4人がそれぞれ出演する作品が集められ、写真家・映画監督の蜷川実花さん(45)が撮影した映画祭のポスターでは、4人が黒の衣装で統一した姿を披露していました。

<↓の画像が、蜷川実花さん撮影の写真>
「Japan Now 銀幕のミューズたち」のポスター

『女性自身』によれば、そのポスター撮影の際に1つ目の事件が発生し、撮影は4人それぞれが別の日に行われたそうなのですが、撮影終了後に満島ひかりさん側から撮り直しのお願いがあり、その理由は満島さんが納得のいく撮影ではなかったというもので、関係者は蜷川実花さんに事情を話して撮り直しをしたといい、これに対して他の女優の事務所からは「どうして満島さんだけ?」という声が上がっていたとのことです。

ちなみに、満島ひかりさんと安藤サクラさんは同じ芸能事務所『ユマニテ』に所属しています。

このポスター撮り自体は、もともと4人が揃ってする予定だったものの、満島ひかりさん側から断られてしまい、別々に撮影することになったという経緯があったといい、映画関係者は「映画祭の目玉企画として、ぜひ4人がそろったポスターをと事務局側は熱望していたんですが…」と語っています。

続いて第2の事件は4人が揃ってレッドカーペットに登場した際に発生し、本来は登場後に4人揃ってテレビ局のインタビュー取材が予定されていたものの、直前に満島ひかりさん側がドタキャンし、取材は無くなったそうです。

<↓の画像が、『東京国際映画祭』のレッドカーペットに登場した4人の写真>
「Japan Now 銀幕のミューズたち」でレッドカーペットに登場した4人の姿1枚目

プロダクション関係者によれば、満島ひかりさん側はテレビ取材が決定した時に、「レッドカーペットとは別の衣裳で取材を受けたい」という条件を事務局に伝えていたといい、さらに自身だけでなく「4人全員が衣装を着替える」ことを条件としていたことから、事務局側はそのことを他の女優の所属事務所にもオブラートを包みながら伝えたといいます。

それに対して「なぜ同じ衣装ではダメなんですか?」といった不満の声が上がったものの、映画祭を盛り上げるためとして最終的には、急遽テレビ取材用の別衣装を手配したそうです。

しかし、本番2日前になると満島ひかりさん側が「本人がレッドカーペットに集中したいと言っている」として、予定していたテレビ取材の中止を求めてきたといい、これにはテレビ局側も大慌てし、事務局側は満島さん側に「さすがに直前での中止は難しい」と伝えたところ、「わかりました。それならば取材を受けます」と取材を受けると答えたとのことです。

「Japan Now 銀幕のミューズたち」でレッドカーペットに登場した4人の姿2枚目

ですが、満島ひかりさん側が一度テレビ取材の中止を求めたことが、他の女優の事務所の耳にも入っていたことから、別の衣装の手配をキャンセルしてしまった女優もいたそうで、最終的にテレビ取材は中止という結果になったといいます。

このように満島ひかりさん側から振り回された各関係者は、「もう勘弁してよ」といった様子だったそうで、映画関係者は「満島さんのワガママには本当に困りました。映画祭事務局、テレビ局、そして共演女優の事務所まで終始振り回され、中には『二度と一緒に仕事をしない!』と怒る関係者もいましたよ」と明かしています。

また、テレビ局関係者は満島ひかりさんについて、基本的には演技以外の仕事は引き受けないというスタンスで、舞台で主演する際にもPRにはほとんど協力しないとし、「俳優は作品だけ見て評価されればいいと思っている。だから今回のトラブルも、彼女にとっては他人からどう思われるかなんて最初から考えてもなくて、自分のわがままとも思っていないと思いますよ」と語っています。

そして、この記事に対してネット上では、

  • 本人ではなく、マネジメント側の不手際なのでは?
  • レッドカーペットの上で楽しそうにインタビュー受けてたけど、アレは幻だったのか。。。
  • なんかイメージとずいぶん違うな、まっ女優って事だな…
  • この記事本当かな?バラエティ出てるの見たらそんか感じに見えないけど
  • さて、そろそろ満島ひかり下ろしの始まりですか?出る杭は打たれるって厳しいね。誰の指示なのかな?
  • 出る杭は打たれる。最近才能ある女優さんが叩かれるよね。で、大手事務所の大根役者が世に蔓延る
  • 宮崎あおいも蒼井優もワガママだの喫煙者だのとどうでもいい事で叩かれていた時期がありましたね
  • え?この記事本当ですか?演技しか興味ない?数ヵ月前、FMラジオでパーソナリティ努めてましたよ。とっても話上手で、聞いてて楽しかったですよ。なんだか悪意を感じる記事の内容ですね。

などのコメントが寄せられています。

満島ひかりさんは売れっ子の女優なので、裏で多少のワガママを言っている可能性は否定できませんが、テレビなどの印象からそこまでワガママを言うような方には見えないので、今回報じられた話については本当なのかなと疑った目で見てしまいます。

記事を疑う理由は他にもあり、『女性自身』はこれまでにも満島ひかりさんのイメージを下げるような記事を書いていて、今年6月に俳優・永山絢斗さんとの破局を報じたのも『女性自身』だったのですが、報道当日に2人は共演した映画の舞台あいさつに揃って登場し、順調に交際を続けていることをアピールしていました。

また、『女性自身』と同じ出版元の『フラッシュ』は、昨年5月に満島ひかりさんと映画監督の石井裕也さんが離婚していたこと、離婚後に永山絢斗さんとの交際をスタートさせていることを報じています。

ちなみに、『女性自身』は今年3月、満島ひかりさんと同じ事務所に所属する弟で俳優の満島真之介さんが、東京都内にあるデリバリー型の大人のお店を利用していたことを報じていました。

このように『女性自身』ばかりがネガティブな記事を報じていることから、あまり良く思っていない他の芸能事務所が潰すことを目的に悪い情報を流している可能性や、出版元の『光文社』と過去に何かしらのトラブルがあったことが原因で、イメージを悪化させるようなことが報じられている可能性もゼロとは言えないかと思うのですが、果たして真相はどうなのか気になるところですね。

参照元
  • https://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/31340
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjA4MzI2Nzcz

    最近天狗になってるなって雰囲気からすごーく伝わってた
    CMで顔見るとイラっとする

  2. 2
    匿名
    ID:MzUzOTc0MjU5

    満島真之介のほうがいいけど
    この二人どうもキャラを作ってそうにしか見えない

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について