沢尻エリカ有罪判決、執行猶予付き懲役刑。19歳から違法薬物使用し大麻依存状態、量刑が軽いと批判の声も

沢尻エリカ

合成麻薬「MDMA」や「LSD」所持の罪で逮捕、起訴された女優・沢尻エリカ被告(さわじり・えりか 33歳)の判決公判が6日に行われ、懲役1年6ヶ月・執行猶予3年(求刑懲役1年6ヶ月)の有罪判決が下されました。

起訴状によれば、沢尻エリカ被告は昨年11月16日に東京都目黒区内の自宅マンションで、MDMAの粉末0.198グラム、LSDの成分を含む紙片約0.08グラムと液体約0.6グラムを所持していたとされ、1月31日に行われた初公判で沢尻被告は起訴内容を認めていました。

沢尻エリカ被告は19歳の時から大麻やコカイン、MDMAといった違法薬物に手を出し、2018年ごろからは知人女性から薬物を入手し、保管していたことも明らかになっており、検察側は懲役1年6ヶ月を求めていました。

そして、6日に行われた判決公判で沢尻エリカ被告は初公判時と同様に、厳重なガードによって一切姿を見せることなく裁判所の中へと入り、黒のパンツスーツにポニーテール姿で入廷しました。

裁判官は沢尻エリカ被告の行為について、「多量とまではいえないにせよ、自宅で複数の麻薬を所持した。かねてから規制薬物を入手できる知人との付き合いを重ね、周囲からそうした男性との関係を断つように忠告されたこともあった」と指摘し、それにも関わらず薬物使用を止めることなく、「イベント等の際に薬理作用を求めて自分で使用することなどを想定し、知人女性から購入したというLSDの液体を冷蔵庫内で保管したほか、薬理作用への魅力から関係を続けていた男性から複数の機会に入手したなどという余りの規制薬物を隠し持っていた。発覚しなければいいなどという安直な動機などに基づく犯行で、相応の非難に値する。刑事責任を軽くみることはできない」と断罪しました。

しかし、素直に罪を認めていることや、反省の態度を示していること、保釈後に入院治療を受けるなど更生しようとする姿勢を見せていることなどから、自力での更生の機会を認めることが相当とし、懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決を下しました。

その上で、「1人の社会人として、年齢相応に信頼されるよう努力して欲しい」と語ると、沢尻エリカ被告は何度もうなずいたとのことです。

この判決を受けてネット上では、

  • 初犯だから執行猶予付くのはわかる。だがもう14年も薬物やってるのだから一発実刑でもいいと思う
  • 反省している演技は女優さんだから出来るでしょう。この判決でよかったのか疑問です。
    毎回、誰でも初犯なら執行猶予になることがまた実証されただけ。薬物汚染は亡くならないと思う。
    せめて自分の子供たちが影響されないようにちゃんと教えていきたい。
  • 覚醒剤初犯のコピぺのような典型的量刑の判決ですね。猶予つくのがわかっていたから復帰プランが先走っているのでしょうが、これだけの薬物歴なら確実にまたやります。
    そもそも「別に」で活動出来なかった間もまったく懲りずに続けてたわけだし。一度ハマれば、覚醒剤への渇望は凄いらしいし。
  • 様々な誘惑が多いとされる業界との関係を維持しながら、果たして薬から逃れられるのかな?周りがほっとかないだろうね。
    本人の更正を望むのであれば更に短期の実刑が妥当だろうね。この美貌であれば数年後でも充分活躍できるよ。
  • 初犯で反省している様子を見せているのなら、執行猶予がつくだろうとテレビで弁護士が言っていましたがその通りになりましたね。
    女優復帰は考えていないとのことでしたが、莫大な違約金を払っていくのなら、女優しか彼女にはできないのでは?
    ピエール瀧も執行猶予中なのに復帰するそうですし。
    薬物使用をしていてもすぐに復帰できる芸能界は甘いですね…

などのコメントが寄せられています。

昨年6月に、コカイン使用の罪で捕まった電気グルーヴ・ピエール瀧さん(52)も、20代から約30年にわたって違法薬物を使用していたことが判明したものの、初犯ということで懲役1年6ヶ月・執行猶予3年という判決でした。

また、逮捕前に逃亡を図った歌手・女優の“のりピー”こと酒井法子さんも、懲役1年6ヶ月・執行猶予3年という判決で、この量刑に対しては賛否両論となっています。

違法薬物は一度使用すると一生、薬物の快楽などが忘れられず、再び手を出してしまうリスクが非常に高いものとして知られており、昨年も“マーシー”こと田代まさし被告が4度目の逮捕、2018年には三田佳子さんの次男・高橋祐也さんも同じく4度目の薬物事件を起こしています。

そのため、初犯でも執行猶予を付けることなく実刑判決を下すべきとの声がある一方で、刑務所よりも治療施設に入れて薬物依存状態からの脱却、そして社会復帰を目指す方が重要とする声もあります。

沢尻エリカ被告については慶応義塾大学病院で検査を受けた結果、軽い大麻依存状態にあることが分かったと主治医が明かしており、間もなく退院予定とされていますが、今後も定期的に通院して薬物の使用の有無をチェックしていくとしています。

こうした管理体制が整っていることに加えて、本人も違法薬物や悪友との関係を断つとしていることから、執行猶予付き判決は妥当かと思います。

沢尻エリカ被告は今後について女優復帰は考えていないと語っていますが、それでも所属事務所『エイベックス・マネジメント』は引き続きサポートを行っていくとしており、今後また薬物問題を起こさないよう家族等と協力しながら、これからの生活を見守っていってほしいものです。

沢尻エリカ被告の所属事務所『エイベックス・マネジメント』が6日、沢尻被告の直筆謝罪コメントを公式サイト上で公開しました。

沢尻エリカ被告は今回の事件に対して、「私の身勝手な行動により多くの人を裏切り、傷つけてしまい、社会的に測り知れないご迷惑をおかけしてしまったことを心から深くお詫び申し上げます。」と謝罪した上で、「謝って許されることではありませんが、犯した罪の重さを自覚し反省していき、全力で更生に向けて努力することが自分の唯一の償いと考えております。」としています。

また、懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決を真摯に受け止めているとし、「何よりも、他人を思いやるという気持ち、根本の大切なことが私自身には欠落していたのだと痛感させられました。社会人として、一人の女性として、今一度自分自身を見つめ直していきます。」と綴っています。

<↓の画像が、沢尻エリカ被告の直筆謝罪コメント写真>
沢尻エリカの直筆謝罪コメント写真

参照元
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002060000373.html
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002060000442.html
6件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:NDU4NDY5NTg2

    美しく生まれるってことはろくでもない連中に目をつけられるってことなのかも知れないな。

  2. 2
    匿名
    ID:MzQwMDYxMzUy

    沢尻エリカは確実に再犯をする、薬物依存から脱却は簡単ではないと知らないのだろうか? 
    田代まさし同様何度も再犯を犯す

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4NzExMjEz

    イケメン兄はまともでいい人
    エリカさま逮捕でりらさんがそこまで毒親だったの初めて知りました

  4. 4
    匿名
    ID:MjA5NDc4MzE3

    初犯だしこんなもん

  5. 5
    匿名
    ID:NDU4NTM2OTEw

    日本で生きるのなら厳しくしないとね
    海外の方が彼女に合ってるのかも

  6. 6
    匿名
    ID:ODI5MDgzNTc3

    もったいない。それだけ。
    薬やってハイになってる映像見て残念でしかない

コメントを残す