武尊選手が記者会見で無期限休養宣言。うつ病とパニック障害、ケガも初告白。負けたら引退発言も療養後に復帰の意向

スポーツ 事件・事故・トラブル
  • 3

武尊選手

キックボクサーで『K-1』のスーパーフェザー級王者・武尊選手(たける 本名=世川武尊 30歳)が27日に緊急記者会見を行い、「うつ病」と「パニック障害」を数年前から患っていることを初告白し、今後しばらく活動休止することを発表しました。

武尊選手は東京ドームで19日に、『RISE』の2階級制覇王者・那須川天心選手(なすかわ・てんしん 23歳)と対戦し、ストレートの判定負けを喫してから初めて公の場に登場しました。

ベルトを持って会見に登場した武尊選手は、「那須川天心選手と東京ドームで試合をさせてもらい、敗れてしまったんですが、超満員のお客さんの中で最高の相手と最高の試合を実現することできた。ファンのみなさん、関係者のみなさん、天心選手、全ての人たちに感謝したい。」と語りました。

試合後の心境については、「すごく色々な思いがぶつかりあって、毎日気持ちも変わるし、気持ちが落ちることもあった。初めての経験で試合が終わってから1、2時間しか寝れない日々続いた。」「正直、試合に負けた時は悔しさもあり、これで終わりだなという気持ちもあった。だけどやっぱり、心のどこかでやり返したいという気持ちもあった」と告白しています。

その上で今後については、「この10数年プロでやってきて、本当に酷使するやり方をやってきて、公表してないところもケガに悩まされ、それも含めて今回、格闘家として一回歩みをストップさせてもらい、休養させてもらおうかなと思います」「心と体のコンディションを一回正常に戻して、新たなチャレンジができれば。一回、戦いの舞台からは離れようと思います」と、活動を一時休止することを発表しています。

これまで公表してこなかったケガについては、「腰の分離滑り症」「膝の内側側副靱帯」「前十字靱帯靱帯損傷」と明かしています。

また、「数年前からパニック障害とうつ病と診断されていて、その部分が昔からあったので。」と、心の病気もカミングアウトしました。

ケガや病気を患いながらも、引き続きトレーニングは続けていく意向を明かし、「復活する姿を見せることが次の戦いかなと思う」と語っています。

現時点でどれぐらいの期間休養し、いつ復帰するのかは決めていないといい、「いい意味で自分と向き合い、海外で療養しようかなと思います」とも語り、2018年に獲得したK-1のスーパーフェザー級王者のベルトは返上する意向を示しています。

そして、武尊選手のケガや病気、活動休止の発表を受けてネット上では、

  • 満身創痍で戦ってたんだなぁ
  • よく格闘家やってこれたな
  • 休んでまた頑張ればいい。応援してる
  • 休養してる時間なんてあるんか もう30なのに
  • 天心戦はノーカン!鬱でパニック障害で腰も膝も悪かったんだから、もうノーカンでしょうこれは!
  • これじゃメンヘラに勝って喜んでた天心が悪い人みたいじゃん
  • 引退でも続行でもない モヤモヤする
  • まー実質引退やけどそう言えないからて部分もありそう。でも1年ぐらい休んだら気力出るかもしれんしな
  • もう30歳なんだからセカンドキャリアに移行だろ。あんな闘い方じゃ脳へのダメージも溜まってるだろうし
  • 絶対勝てると思ってたんだろうな。負けた後も清々しくないし、なんかブチブチ言ってるし、情けないな
  • うん?引退を考えてるみたいなこと言ってたと思うけど、結構女々しいな
    勝ってたらいいラストとして終わるつもりだったのかね。負けて終わるのはプライドが許さないと
  • 武尊の思考だと引退したかったけど、K-1の格を落としたまま終われないってところかねえ
    引退後はK-1での重役ポジションを狙ってる感じだったからな

などの声が上がっています。

武尊選手の緊急記者会見動画

武尊選手はかねてから「負けたら引退」の覚悟で試合に臨んでいることを明かしており、武尊選手は2012年6月に一度だけ敗戦しているのですが、その時に引退しなかった理由は「周囲やジムから強く引き止められたため」と説明していました。

そんな武尊選手が10年ぶり2度目の敗北を喫し、「負けは死を意味する」とも語っていただけに、このまま引退するのではないかと言われていたほか、総合格闘家への転身説も浮上していました。

ちなみに、武尊選手は現役引退後の活動について昨年、「引退した後はアクション俳優になりたい。昔からブルース・リーやジャッキー・チェンの映画は凄く見ていて、一度『HiGH&LOW THE MOVIE2』という映画でアクションさせてもらったときに、すごく楽しかった」などと、アクション俳優への転身願望を明かしていました。

そんな武尊選手が那須川天心選手との試合に負け、今後を巡って様々な憶測が飛び交う中で、まさかのパニック障害、うつ病の告白、そして無期限活動休止という選択を巡ってネット上では物議を醸しています。

様々な選択肢がある中で、今後どういった選択をするのかはまだ分かりませんが、現時点ではこのまま引退せずに復帰の意向を示しており、これからしばらくゆっくり休んで、ケガや病気の治療を行い、またリングの上で戦う姿を見たいものです。

参照元
  • https://efight.jp/news-20220115_849866
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/fight/k-1/3042098/
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/fight/4267217/
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc5MDE5NDU4

    ガーシーの北海道dvの件かな

  2. 2
    匿名
    ID:MzcyNDA1MjI3

    やっぱり負けた言い訳か

  3. 3
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    やっぱり、言い訳に聞こえちゃうよね。引退するかどうかは自分の判断だけど、休養に入る理由は、消耗したからって言えば十分だったと思う。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!