槇原敬之の元恋人社長・奥村秀一の裁判、2度目の覚せい剤事件も執行猶予付判決。事務所クビから逮捕の経緯、マッキー父親が心境語る

槇原敬之

覚せい剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われていた奥村秀一被告(おくむら・しゅいち 42歳)に、有罪判決が言い渡されたことが明らかになりました。

奥村秀一被告は今年3月までの10年以上にわたり、シンガーソングライター・槇原敬之さんの個人事務所『ワーズアンドミュージック』で代表取締役社長を務めていた人物でした。

槇原敬之の元彼・事務所社長の奥村秀一被告1枚目

槇原敬之の元彼・事務所社長の奥村秀一被告2枚目

5日に開かれた判決公判で奥村秀一被告は、「会社を解雇されて納得いかない気持ちがあった」と覚せい剤に手を出した理由を述べ、これに対して東京地方裁判所側は「悪質と言わざるを得ないが、深く反省している」などとして、懲役2年・執行猶予3年の有罪判決を言い渡しています。

槇原敬之の元彼・事務所社長の奥村秀一被告3枚目

槇原敬之の元彼・事務所社長の奥村秀一被告4枚目

この判決を受けてネット上では、

  • マッキーは大丈夫なの?・・・・と、思わざるを得ない。
  • もうヤクなんてしないなんて、言わないよ、絶対。
  • 再犯なのに執行猶予なの?
  • マッキーの奥さんみたいな人で、よう知らんけど、たまには肌を合わせていたわけでしょ?だったら金ちゃんがやってるかどうか、マッキーだって一度は逮捕された身、絶対にわかるよね?是非マッキーにはこの間の事情を説明してもらいたいし、自身の潔白も証明してもらいたいもんですね。
  • この前の大阪でのライブに槇原パパが来てました。ファンも温かい拍手で迎えてました。マッキーの年齢から考えると恐らく80歳前後 1人息子だし、悲しませることが無いようにして欲しい!マッキーは使用してないと信じたい!信じたいなぁ…

などのコメントが寄せられています。

奥村秀一被告は今年3月、東京都港区内のマンションで覚せい剤を溶かした液体を溶かした水溶液を飲み、覚せい剤を摂取した容疑で逮捕され、5月10日に開かれた初公判では容疑を認め、検察側は冒頭陳述で「2013年ごろには覚せい剤の使用を再開していた」と指摘していました。

実は奥村秀一被告は今から約20年前の1999年8月にも覚せい剤事件で逮捕されており、この時は一緒に暮らしていた槇原敬之さんと共に覚せい剤などの違法薬物を所持、使用したとして、同11月に懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決を受けました。

奥村秀一被告は当時、「(今後、槇原と会うつもりは)ないです」と述べ、一方の槇原敬之さんも「もう(奥村と)連絡を取らない」と、双方ともに恋人との決別を誓っていたものの、2000年には再び槇原さんのマンションで同棲していることを週刊誌にスクープされており、2006年には槇原さんの事務所の代表に就任しました。

その後も公私共に支え合い、良好な関係を続けていた2人は2010年にも『週刊女性』によって、一緒にスーパーで買い物をする姿や愛犬の散歩をする姿が近隣住民らによって頻繁に目撃されていることを伝えています。

また、今回の事件後に『週刊新潮』が報じた記事によると、今年の春先に槇原敬之さんが同居先のマンションを出ていき、それと同時期に奥村秀一被告は代表を解任され、覚せい剤事件で逮捕されたという展開とのことです。

『週刊文春』も同様に槇原敬之さんと奥村秀一被告の関係、今回の事件について伝えており、同誌は槇原さんの父親にも直撃取材を敢行しています。

奥村秀一被告の逮捕を知った槇原敬之さんの父親は、「捕まったと聞いて、もうびっくりして。まさかと。息子が一緒にやってたとかいうんならホンマにかなんけど、本人はしっかりしてくれてますんで。安心しています。」と答えています。

さらに、「(以前の事件を考えたら奥村秀一被告とは)一切関係ないほうがいいし、親としては複雑です。でもコレでハッキリして、本当に良かったと思います。僕はあの19年前から(奥村被告の姿を)一切、見ていないんです。」と語っています。

レコード会社関係者は、2人の関係に昨年異変が起きたことを明かしており、「奥村被告の金遣いの荒さや仕事のルーズさ」に周囲が怪しみ出し、「もしかしたら、また薬物をやっているのではないか」と疑い始め、槇原敬之さんと奥村秀一被告が話し合いの場を持とうとしても、奥村被告が約束の時間に姿を見せなかったそうです。

こうした異常な行動がみられるようになり、同時期には奥村秀一被告と槇原敬之さんの関係も悪化していき、最終的に同棲を解消したそうです。

そして、奥村秀一被告を代表取締役社長から退任させ、新たなスタートをきってから4日後の3月16日に、自宅マンションで覚せい剤を使用した容疑で逮捕となりました。

奥村秀一被告が2度目の覚せい剤事件で逮捕・起訴されたことがメディアによって報じられた際、事務所側は「当社としては全く預かり知らないことです」とコメントし、突然の退社と薬物使用は関係ないと関与をキッパリと否定しています。

しかし、奥村秀一被告は槇原敬之さんのことを公私共に支え続けた最愛のパートナーだった方ですし、過去には2人で一緒に覚せい剤などの違法薬物を使用していたため、少しでもファンを安心させるために自ら覚せい剤の検査を受けて、身の潔白を証明して欲しいと思う部分もあります。

槇原敬之さんは今年3月から全国コンサートツアーをスタートさせており、8月4日まで残り20本のライブを行うので、このツアーの終了後にでもキッチリと説明をして、ファンたちのモヤモヤを取り除いてほしいなと思いますね。

参照元
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05280559/
  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/228976
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjEwMDgyOTM5

    どんな時もどんな時も
    僕が僕らしくあるために

  2. 2
    匿名
    ID:ODI4NTQ5MDQ4

    実刑に処されるべき。甘い判決です。

  3. 3
    匿名
    ID:ODI4NTQ5MDQ4

    この人、もう終わりだね。終生まーく

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について