森星がドリカムライブ出入り禁止処分? 大親友YOSHIの暴走で激怒と週刊女性報道で物議。中村正人はトラブル完全否定。

森星

モデル・タレントの森星さん(もり・ひかり 27歳)が、音楽グループの“ドリカム”こと『DREAMS COME TRUE』のライブでトラブルに巻き込まれ、ライブ出入り禁止になってしまったと週刊誌『週刊女性』が報じ物議を醸しています。

世界的ファッションデザイナー・森英恵さんを祖母に持ち、母親は元モデルのパメラ・アン・ハリスさん、姉はモデル・タレントの森泉さんといった家族を持ち、セレブモデルとして活躍中の森星さんは、かねてからドリカムの大ファンを公言し、2015年にドリカムがアルバムをリリースした際にはCMに出演していました。

<↓の画像が、2015年にCM出演した森星さんの写真>
ドリカム好きの森星

そんな森星さんは、2019年に開催されたドリカムの全国ツアーチケットを、レコード会社の知り合いに頼み込んで手配してもらい、大親友の男性を1人誘ってライブへ行ったといいます。

しかし、そのライブでドリカムの2人を怒らせてしまい、ライブへの出入り禁止になってしまったと関係者とする人物が証言しています。

<↓の画像は、ドリカムの吉田美和さん、中村正人さんの写真>
ドリカム

記事ではイベント運営スタッフが、「ライブ終わりに、その連れの男性と一緒にドリカムへ挨拶に行ったんですが、その男性がドリカムのいる楽屋の前で大声で騒いだり歌いだしたり。あげくに、あろうことか楽屋前の通路で、持ち込んだスケボーを乗り回し始めちゃったんです!」と語っています。

このようなとんでもない行動を取った森星さんの大親友というのは、モデル、俳優、ミュージシャンなどとして活動しているYOSHIさん(16)だそうです。

<↓の画像が、森星さんの大親友・YOSHIさんの写真>
森星の親友YOSHI

YOSHIさんは香港人の父親と日本人の母親を持ち、13歳の頃に訪れた高級ストリートブランド『OFF-WHITE(オフホワイト)』のパーティーで、同ブランドのデザイナーであるヴァージル・アブローさんと出会い、それがきっかけで世界的一流ブランドのファッションイベントに出演するなどしています。

また、2019年には俳優、歌手活動もスタートさせ、昨年9月公開の映画『タロウのバカ』(大森立嗣監督)で主演し、この作品では菅田将暉さん、仲野太賀さん、國村隼さん、豊田エリーさん等と共演しました。

そんなYOSHIさんの傍若無人ぶりは以前から問題視されており、映画の会見では新人ながら共演者や監督に対してもタメ口で、「主演のYOSHIでぇぇす!イエェェェイ!」などと叫び、昨年12月にバラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にゲスト出演した際には、初対面の明石家さんまさんを「さんちゃん」と呼んだり、後ろからカンチョーするなどやりたい放題でした。

<↓の画像は、映画会見時のYOSHIさん(右から2番目)等の写真>
YOSHI・菅田将暉・仲野太賀

こうした言動が視聴者等の間で物議を醸し、「生意気」「礼儀知らず」などと批判の声も噴出する事態となっていましたが、「それでも相手を怒らせないというのが、彼の不思議な魅力なんでしょうけどねぇ(苦笑)」とテレビ局関係者は語っています。

しかし、ドリカムの前での暴走は笑って許されることなく、怒られることになったといい、「アーティストですからライブ終わりでもピリピリしていることがありますからね。たまりかねたスタッフが楽屋から飛び出してきて、カミナリを落としました。そりゃそうですよ、厚意で呼んでもらっておいて楽屋前でスケボーですからね。結局『あんな非常識なヤツを連れてきたのは誰だ!?』と、こっぴどく怒られたのは星ちゃん。彼女は『今後ドリカムのライブには出禁』と言い渡されてしまったそうです。完全に貧乏くじを引かされましたね……」と前出のイベント運営スタッフが語っています。

そして、『週刊女性』の報道に対してネット上では、

  • 行列でも見たがイラつきしか出てこない!
  • クスリでもやってないとその奇行はなかなか無い
  • テレビで見た時すごい調子に乗ってて不快でしかなかった。叱ってくれる大人がいて良かったと思うよ。
  • このヨシ?て子供は多動性障害とかそれ系の精神疾患だと思う。子供なら騒いでもしょうが無いで終わるけど、そのうち逮捕されるよ。。。
  • 貧乏くじを引かされたって、本当に大親友ならそういう奴だって分かってたんじゃないの?
    それで連れて行ったんだから完全に自業自得でしょ。
  • こんな奴の為に、大好きなドリカムのライブに出禁になったのは気の毒な反面、自業自得でもあると思う。友達は選んだ方がいい。
  • 大親友なら何かやらかしそうだとかわかりそうなもの。しかもスケボー持参だもん。森さんが可哀相、じゃないと思う。
  • あの男の子大丈夫なの?本当にどこが良いのか分からないし、何故あの男を連れて行ったのか謎。他に行く相手居なかったのか?
  • 日テレ土曜の世界一受けたい授業で堺校長にもタメ口な感じの彼だよね?アレはいかんわ。
    天性の何かがあるのかもしれんが、少なくとも礼儀というものを事務所の人間が教え込まないと。なんかスノボ国母と同じニオイがする。
  • 常識はずれな奴といると、星ちゃんも常識はずれな奴って思われちゃうから距離を置いたらどう?
    大御所ドリカムさん達を怒らせるって相当ダメな奴だよ

などのコメントが寄せられています。

森星さんとYOSHIさんは昨年のハロウィンで、ガングロギャル&ギャル男の仮装をした格好をそれぞれのインスタグラムに投稿するなどしており、年齢が9歳離れているもののかなり仲が良い様子ですが、もし『週刊女性』の報道内容が事実ならば、今回のトラブルを受けて今後の付き合いを考えた方がいいかもしれないですね。

<↓の画像は、森星さんとYOSHIさんのハロウィン仮装写真>
森星・YOSHIハロウィン仮装写真

ネット上でも指摘されていますが、YOSHIさんと仲良くしていることで森星さんの評判も落としてしまう恐れがあり、距離を取った方が良さそうです。

『週刊女性』によると、森星さんは今回の件でかなりヘコんでいるそうですが、一方のYOSHIさんはというと、20日から配信がスタートする佐野勇斗さん&飯豊まりえさん主演の連続ドラマ『僕だけが17歳の世界で』(AbemaTV)に出演し、自身のインスタグラムには共演者の佐野さん、飯豊さん、浜野謙太さん等と撮影した写真や動画を投稿したり、アメリカ・ニューヨークへ行ったことを報告するなどしており、特にヘコんでいる様子はありません。

<↓の画像は、ドラマ共演の佐野勇斗さん、飯豊まりえさんとYOSHIさんの写真>
YOSHIと佐野勇斗・飯豊まりえ

YOSHIさんは26日に17歳の誕生日を迎え、まだ10代ということで傍若無人ぶりも笑って許されている部分があるのかもしれませんが、今後も誰彼構わず無礼な態度を取り続けるようであれば、仕事を干されることになりそうです。

最後に、ドリカム中村正人さんが13日に公式ブログを更新し、『週刊女性』が報じたようなトラブルは起きていないと報道内容をキッパリ否定しています。

ブログでは、「ライヴ終了後、本人楽屋から遠く離れた関係者控室にご挨拶に行ったのは中村だけで、その時点で記事のようなことはありませんでした。」とし、ドリカムの楽屋前で叫び声を上げたり、通路でスケボーを乗り回すなどのトラブルは無かったといいます。

また、スタッフがYOSHIさんに激怒したり、森星さんにライブへの出入り禁止を言い渡したということも「事実ではありません」としており、『週刊女性』の記事内容は事実に基づくものではないと説明しています。

そのため、実際には特にトラブルなどは無かった可能性が高いですが、YOSHIさんの言動は以前より問題視されており、ネット上でも否定的な声が多く上がっていることから、今後は言動に注意を払うようにした方がいいかもしれないですね。

参照元
  • https://www.jprime.jp/articles/-/17159
  • http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/30832/2
  • https://dreamscometrue.com/masablog/2020/02/13/23213
5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzE0NjYy

    YOSHIってやっぱり素行が悪いんだね
    しゃべくりの態度見たら納得

  2. 2
    匿名
    ID:ODI4NTQzOTAz

    あのガキんちょどーにかして!

  3. 3
    匿名
    ID:MTAzMDk2OTY1

    ひっさびさにムカつく面したガキがでてきたね
    早々に消えてくれ

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4NzExMTg4

    ダンシーシャノン容疑者
    ヨシ
    星は本当に人を見る目がないね

  5. 5
    匿名
    ID:MjAxMjIxNTgy

    こいつ嫌い

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について