板東英二は不動産売却して数億の収入があったことが判明!!謝罪会見は嘘の演技だった!!

事件・事故・トラブル 噂・疑惑

板東英二

昨年12月に個人事務所の過去7年間にわたる7500万円の申告漏れが発覚し、全レギュラーを降板したタレントの板東英二(73)さんが、今月11月10日に所得隠しによる脱税が発覚してから初めて、騒動についての謝罪会見を行いました。

そこで板東さんは、事務所のお金の管理と自身の知識の甘さ、丼勘定をを認め謝罪しましたが、唐突に植毛をしていたことを明かし、この費用が経費として落ちなかったと、苦し紛れの釈明をしました。

そして芸能界復帰をしたいとの意向を示し、仕事を下さいと懇願していました。

板東さんはこの騒動により、かつて出演していたレギュラー番組8本を降板し、これまで経営していた個人事務所「オフィスメイワーク」を閉鎖したことを明かしており、現在は無職の状態。

収入が全くなくなり、困窮している状態かと思いきや、どうやら実情はちがうようで、休業後、一時的にキャッシュがなくなったため坂東さんは所有するビルとマンション5つのうち4つを売却したそうで、3億円近くの収入を得ており、追徴課税の2700万を払ったとはいえ、余裕はある状態だとNEWSポストセブンは報じています。

涙ながらの会見は、結局テレビに復帰するための演技だったのでしょうか。

これにネットでは、

「反省の色がないクズ」

「ハゲで同情買ったくらいで復帰できると思ってるとか甘すぎ」

「行くべきは刑務所」

「顔も見たくないので、もう二度とテレビには出てこないで下さい」

「上岡龍太郎みたいにスパッと辞めるのがかっこいいとつくづく思う。」

などのコメントがありました。

73歳で数億のお金を持っているのにも関わらず、あのような演技の謝罪会見で芸能界復帰を目指すとは、まさに銭ゲバですね。

これまで数度謝罪会見をするチャンスがあったのにも関わらず、野球のシーズン中だったからと言い訳し、申告漏れの具体的な内容、相手方の都合もあるからと植毛にどれほどお金を掛けていたかを明かさないなど、誠意が全く見られない謝罪会見だったので、これで良しとして芸能界に復帰を果たしてもらいたくないですね。

ここまでの恥を晒すぐらいならわざわざ芸能界復帰を目指さずに、他の仕事を始めたらいいのではないでしょうか。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!