木下優樹菜タピオカ店恫喝事件のその後…店長に直接謝罪せずトラブル未解決。反省無しの行動に炎上続く。

木下優樹菜

人気ママタレントの“ユッキーナ”こと木下優樹菜さん(32)が、2歳年上の姉が働いていたタピオカドリンク店『#ALL RIGHT』の女性店長にブチギレ激怒し、ダイレクトメッセージで侮辱や恫喝した問題で、騒動発展後に家族を連れてオーナー夫妻の自宅へ謝罪に訪れ、直接謝罪しようとしていたことを週刊誌『週刊文春』が報じています。

木下優樹菜さんは10月6日に更新したインスタグラムやブログで、姉とタピオカドリンク店の店長が給料の支払いなどをめぐってトラブルになっていることや、自身も店長側の対応に不満を抱いていることなどを明らかにし、もう店には行かなくていいとフォロワーに訴えました。

<↓の画像が、木下優樹菜さんが10月6日に投稿した文章の写真>
木下優樹菜がタピオカ店を批判、営業妨害のインスタグラム投稿画像

その後、オーナー夫妻の関係者とみられるツイッターユーザーが、木下優樹菜さんがタピオカドリンク店の店長に恫喝メッセージを送っていたことを暴露し、実際に送られてきたメッセージを公開したことで大炎上騒動に発展しました。

<↓の画像が、木下優樹菜さんが女性店長に送った恫喝メッセージ写真>
木下優樹菜の恫喝メッセージ画像

そして同9日に木下さんはインスタグラム上で謝罪コメントを発表し、「相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います」などと綴っていました。

<↓の画像が、木下優樹菜さんの謝罪コメント写真>
木下優樹菜の謝罪コメント画像

その後、10月中旬ころにオーナー夫妻の自宅に足を運んでいたことを『週刊文春』が報じており、木下優樹菜さん&藤本敏史さん夫妻の知人は、「まずは本人の許しを得ないと世間に対しても説明ができないので、炎上後に“恫喝メッセージ”を送ったタピオカ店店長の自宅へ向かったようです。優樹菜本人と、夫のフジモンさん、さらに優樹菜さんの母親の3人で訪ねています。いきなり優樹菜が顔を出すと驚かせてしまうかもしれないからと、まずはフジモンさんと優樹菜の母親が2人で店長宅に行きました。優樹菜は店長から面会の許可が出るまでは近くで待機していよう、ということになったようです」と経緯を明かしています。

<↓の画像は、木下優樹菜さんと夫・藤本敏史さんの写真>
木下優樹菜と夫フジモンのツーショット画像

そして、まず木下優樹菜さんの母親と藤本敏史さんがオーナー夫妻の自宅を訪れたところ、店長の夫で店のオーナーが対応したといい、本人に直接謝罪がしたいことや、「近くに優樹菜も来ています」と伝えて欲しいとお願いしたそうです。

しかし、その時に店長が不在だったことから、木下優樹菜さんの母親と藤本敏史さんは木下さんと落ち合って帰宅したといい、「だから、いまだに優樹菜は直接謝罪ができずにいるんです。彼女はすごく反省していて、『弁護士を通してでも謝罪をしたいとオーナー夫妻に訴え続けている』と話していました」と、前出の知人が現在の状況を明かしています。

『週刊文春』は事実確認のため、タピオカ店の店長に話を聞いたところ、「もう、その件はいいんです。私がいない時に謝罪に来られたようなので、話は聞いていません。インターネットでの炎上後、自宅にフジモンさんやお母様がいらしゃった以外には電話や連絡などは一切ありませんよ」と答えています。

また、木下優樹菜さんの所属事務所『プラチナムプロダクション』にも確認したところ、「謝罪に行ったことは事実です」との回答があったとのことです。

なお、木下優樹菜さんは炎上騒動に発展後、タピオカドリンク店で働いていた姉とは連絡を取っていないといいます。

<↓の画像は、トラブル発展前に撮影された店長(左)、木下優樹菜さん、姉(右)のスリーショット写真>
木下優樹菜と姉さやか&タピオカドリンク店の店長

そんな木下優樹菜さんについて業界関係者は、「今回の炎上騒動はかなり痛い。ガラの悪い地金が露呈してしまいましたから。いまだに炎上が鎮火する気配はなく、イベントだけではなく、テレビ番組出演も騒動がおさまるまでは難しいでしょう。人前に出てきていないため、仲のいい仕事関係者らも最近はなにをしているか分からないようです。」と語り、木下さんの知人は現在の状態について、「優樹菜は今までにないほど反省して、落ち込んでいます。家族のこととはいえ、感情的になりすぎたと話していました」としています。

『週刊文春』はこのように現在の状況を報じているのですが、これに対してネット上では、

  • 謝罪は事務所総出で行かないんだw
  • この期に及んでハワイで一般人にケンカ売るような奴が反省してるわけねーだろw
  • そのあと会ってないのは謝罪に行きました。という事実が欲しいだけ?
  • 謝罪したのではなく、謝罪をしに行ったということだけですね。まだ、謝罪はしてません。
    したいなら何回でも1人で行かないと誠意はなくてもね
  • 本当に悪いと思っているならば、すぐに謝罪できたよね。なぜ姉も一緒じゃないかも不思議。
  • 本気で謝罪する気があるなら、大人なんだから丸腰で一人で誠意を持って行きなさいよ。
    いい歳して親まで利用してみっともない。それもできないからこうなる。
    弁護士通してでも謝りたい、って…一般の人はそんな発想にはならないと思う。
  • 木下が好感度No.1ママタレとか、今回の件をどのメディアも報じないとか違和感を感じる。
    形だけの謝罪では手遅れだと思うが?事務所への忖度は業界の闇と感じる問題があるからこれをきっかけにやめてもらいたいと思う。
  • この問題が出た時の本人と事務所の初期対応が全てですね。スルーすれば テレビ新聞マスコミに圧力を掛ければ何とかなるとでも思ったのでしょうか?今となってはもう手遅れ
  • おばたんだのなんだの言ったのは少なからずこの人の本心でしょ。
    謝罪って仕事に影響があるから行ってるようにしか思えません。
    あの件の後も炎上騒ぎにならず仕事への影響もなければ反省だのしてなかったのでは?
  • フジモンと母親に連れられて謝罪とか、お前いくつだよwww
    アラサーの「おばたん」が旦那とママ同伴でごめんなさいするってクソワロ
    こうやって謝罪記事出るのも、反省してますアピールのためで本当に悪いなんて思ってないよ。まだまだ干されろ。店長サイドも粘れよ
  • なるほど。相手が居るのか居ないのか知らないけど、店に行って、謝罪しようとしたんだな。
    まず、アポイント取るって当たり前の事から始めようか。

などのコメントが寄せられています。

謝罪コメントでは謝罪の気持ちや誠意を伝えたいと綴っていたにも関わらず、1度しかオーナー夫妻の元に訪れていないこと、さらにまだ直接謝罪をしていないことが今回明らかとなりました。

また、なぜか騒動には関係が無い母親と藤本敏史さんを連れていき、トラブルから1ヶ月が経った現在も、店長とはまだ一度も顔すら合わせていないようなので、『週刊文春』の報道によって実際にはそこまで反省していないのではとの疑いの目を向けられており、さらなる批判や呆れ声が上がっています。

今回の騒動で、自身だけでなく藤本敏史さんの活動にも悪影響が及んでいるため、今後も芸能活動をしていきたいのであれば、1日も早く直接謝罪して誠意を伝える必要がありますが、この様子だとトラブルが解決したとしても以前のような活動をすることは難しそうです。

しかし、事務所側は木下優樹菜さんの活動を継続させるため、マスコミに報道規制をかけているとも報じられており、7日深夜放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系 木曜24時25分)にも予定通り出演していたのですが、各出演番組のスポンサーなどにもクレームが寄せられるなど、様々な仕事関係者に迷惑を掛けているようなので、やはり一度完全に芸能活動を休止した方がいいのではと思いますね。

参照元
  • https://bunshun.jp/articles/-/15348
7件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    こいつは社会人としても、親としても失格。

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyMjkyNTYx

    周りを味方につけようとしてももう行動が遅すぎる。謝罪するなら早めに行動起こさないと。親としてもなってないわ。ネット上で謝るなら謝罪会見して叩かれたほうがまだマシだったと思いますよ。

  3. 3
    匿名
    ID:MTk3OTg2MzEy

    こんな、下品で醜悪なヤンキー女は、面白くもない旦那とセットで消えればいい。

  4. 4
    匿名
    ID:MjExNjE4ODI3

    木下と中良くしてる、芸能人も、同じ性格に思えてくる、得にふじもんは、同じだから、何考えてるのかわからないね 引退望む!

  5. 5
    匿名
    ID:MjU4MTgyNzI1

    元々性格の悪さと品のなさが滲み出てて嫌いだった。どうして好感度が高いのか不思議でしょうがなかった。やっと化けの皮が剥がれたかって感じ。

  6. 6
    匿名
    ID:MjM1NzQxMjQ4

    こんな親が我が子の同級生保護者にいたら絶対にいや!LINEで『あの子の親とは関わらないようにしようよ』とか陰口言うやんママ友いじめのボスになるだろ!!

  7. 7
    匿名
    ID:MjExMjgyNjE=

    自業自得。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について