朝倉未来が小倉ゆうかと交際継続告白。事務所クビで改名、ラジオ降板騒動の真相は…インスタライブで謝罪も批判続く

小倉ゆうかと朝倉未来選手

芸能事務所『エイジアプロモーション』を退所し、芸名を変えて再出発したモデル・女優の小倉ゆうかさん(旧芸名・本名=小倉優香 22歳)が、現在も総合格闘家・YouTuberの朝倉未来選手(あさくら・みくる 28歳)と交際していることが明らかになりました。

20日発売の週刊誌『フラッシュ』によれば、小倉ゆうかさんの事務所退所と共に、朝倉未来選手との破局がスポーツ紙などに報じられたことを受けて、真相を確かめるべく朝倉選手に直撃取材を敢行したそうです。

ジムから出てきた朝倉未来選手に直撃し、小倉ゆうかさんとの破局について聞いたところ、「いやいや、破局してないですよ」と交際継続を明かし、破局報道はガセネタだったことが判明したとしています。

また、小倉ゆうかさんが事務所を“クビ”になる原因となったラジオ番組降板騒動や、独立後に改名した理由について聞くと、「仕事に関しては知らないんで」と答えたとのことです。

<↓の画像が、『フラッシュ』の直撃取材を受けた朝倉未来選手の写真>
小倉優香の彼氏・朝倉未来選手

そして、小倉ゆうかさんと朝倉未来選手の交際継続が判明しネット上では、

  • 全然応援する気が湧かない。ラジオ騒動からずっと、もし自分がファンだったらかなりショック。
    彼氏も含めて、もっと周りの人のためを考えて発言と行動をしてほしい
  • 仕事はもう無いだろうけど、YouTubeと仮想通貨で“億り人”になった彼氏がいるんなら、当面生活には困らないだろうね
  • このままインスタアイドルになるかYouTubeで活動するかの方がこの人の場合いいかと。
    事務所に所属して芸能界でやってくのは向いてないと思う。
  • グラビアはやらない。事務所はクビ。さあどうやって食べていくのでしょ?
    そもそもグラドルなんて掃いて捨てる程いるから、芸能界に居場所なんてもうないし。
    ただ朝倉と別れてないなら、彼に捨てられないようにサポートに専念した方がいいのでは?もし結婚できたらそれで十分でしょう。
  • お付き合いは、他人がとやかく言う問題では無いからね。この子の芸能活動は、事実上終わってるけどね。

などの声が上がっています。

小倉ゆうかさんの事務所退所と朝倉未来選手の破局情報は、『日刊大衆』の報道後に『スポーツニッポン』(スポニチ)が報じたことで話題になりました。

スポニチが3月に“事情を知る関係者”に取材したところ、「すでに別れています。破局は昨年末から年明けあたりの時期」と明言したと伝えていたのですが、破局報道後に朝倉未来選手は自身のツイッター上で、「最近のネットニュースは閲覧数を伸ばす為の嘘の記事が多いね、、、」と意味深なツイートをしていました。

この投稿によって、小倉ゆうかさんと朝倉未来選手は破局しておらず、交際が続いているのか?とファン等の間で注目を集めていました。

<↓の画像が、朝倉未来選手の意味深ツイート写真>
朝倉未来選手が破局否定ツイート?画像

そして、『フラッシュ』の取材で小倉ゆうかさんと朝倉未来選手の交際継続が判明したわけですが、プライベートは順調な一方で、仕事に関してはかなり厳しい状況にあります。

小倉ゆうかさんは昨年7月に、レギュラーを務めていたラジオ番組『アッパレやってまーす!水曜日』(MBSラジオ 水曜22時)の生放送中に突然、番組からの降板を直訴するという“放送事故”を起こし、これに対してMBS側は激怒、本人の希望通り降板となりました。

小倉優香さんがラジオ番組降板を直訴した場面の音声動画

その後は表舞台から姿を消し、『エイベックス』の関連事務所である『エイジアプロモーション』からも退所、そして4月13日に芸名を改名して再出発することを発表し、その後新たな公式サイトや、中国の動画共有サイト『bilibili(ビリビリ)』に公式チャンネルを開設し、投稿した動画では以前から勉強している中国語を披露しています。

また、15日夜に行ったインスタグラムでのライブ配信では、「ご心配をおかけした皆様、ご迷惑をおかけした皆様、ごめんなさい。ラジオのことに関しては、詳しくお話しすることができません。ご理解ください。自分のしたことはすごく反省してます。強い意志をもっているということは、自分の大好きなところなんですけど、伝え方をもうちょっとこれから、しっかり学んでいきたいと思っています。ファンの方や、お仕事する人の信頼を取り戻せるように頑張りたいです」などと、謝罪や反省の言葉を述べていたのですが、今もなお多くの批判が寄せられています。

今後は日本だけでなく中国など、アジア圏での人気向上を目指した活動を展開していくのか、現時点ではこれからの具体的な活動内容は不明ながら、インスタライブでは改めて、水着グラビアはやらないと明言しており、自ら大きな武器を捨てて、どういった活動で生き残りを図るのか見ものですね。

参照元
  • https://smart-flash.jp/showbiz/139558
  • https://www.cyzo.com/2021/03/post_272707_entry.html
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/04/13/kiji/20210413s00041000475000c.html
  • https://taishu.jp/articles/-/93215
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    なんか人間的にキモい二人だなあ……。

コメントを残す