明石家さんまがフジテレビとタモリ側のトラブルを暴露!!『笑っていいとも!』終了は高額ギャラ原因だった!?

明石家さんま タモリ

来年3月に終了することがようやく決定した『笑っていいとも!』ですが、これまでにも番組打ち切りは何度も報じられてきました。

この舞台裏では番組終了をめぐって、タモリさんの所属事務所である田辺エージェンシーとフジテレビが揉めていたとの噂があり、その原因の一つにタモリさんの高いギャラが番組継続をする上では厳しいものがあったとのこと。

しかしこの問題も、タモリさんの番組出演時間を減らすと言うことで両者は手打ちし、これまでタモリさんは1時間あたり400~500万円のギャラを貰っていたそうですが、200万円まで落とし番組を継続してきたとのこと。

しかし、これもすべて噂レベルの話であまり信憑性のないものだったのですが、明石家さんまさんが自身のラジオ番組『MBSヤングタウン日曜日』で、田辺エージェンシーとフジテレビが数年前から話し合っていたことを暴露しています。

さんまさんは番組で、長年レギュラーを勤めてきた関根勤ら出演者にも終了が知らされなかったことについて「田辺エージェンシーとフジテレビが(情報が漏れないように)ガッと囲んでたんでしょうけどね」と、タモリさんの所属事務所と番組側が配慮していたためとの考えを明かしました。

また、「いいとも!」終了を巡る、タモリさんの事務所とフジテレビの関係についても、「1年2年ぐらい前からずっと話し合ってはってたから『終わるんじゃないか』って予想してて」と話した。

また、未だに「いいとも!」各出演者の事務所に対して「番組をやめる理由」の説明はなされていないことを明かしました。

こうしたことに「そんなんで(田辺エージェンシーとフジテレビが)揉めてたんでしょうね」と自身の見解を語りました。

これにネットでは、

「今さらそんなこと言ってやるなよ」

「さんままでこんなこと言い出すとは…」

「司会がやりたくてしょうがないんだろうね」

「最後の最後にこんなトラブルがあったと知りたくなかったよ…」

「タモリが一番の被害者」

などのコメントがありました。

タモリさんは『笑っていいとも!』だけで年間5億円稼いでいたようで、事務所としては稼ぎ頭の看板番組の終了は避けたかったと思われます。

そして、今回この稼ぎ頭であるタモリさんの看板番組『笑っていいとも!』の打ち切りを田辺エージェンシーが了承したのは、所属タレントである夏目未久さん、堺雅人さん、永作博美さんなどのブレイクが背景にあったとも報じられています。

真相は今後も明かされることはないと思いますが、舞台裏ではこんな事が繰り広げられていたと思うと複雑な気持ちになりますね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTgyMjYxNDI1

    タモリさんはトバッチリじゃないか。
    ギャラが高額なことと、年々予算が厳しくなる番組制作の中で、もっとやりようはあったんじゃないの??
    いくらなんでも出演者に説明なしとか意味がわからない。

    面倒ごとばかり起こしてる自分たちの局で、他の面倒ごとも起こしたくないの?
    芸能人は芸がない人もいると思ってはいたが、局側、番組側も算段が下手くそだな。

    今までも番組終了とかこんな感じだったのかな?
    ガックリ

  2. 2
    さあさん
    ID:MzA3NTEzMDg0

    面白くもないタモリが時給<,,300万だなんて、ありえなーい!

  3. 3
    クロダイルまこ瓶
    ID:ODI4NDY1MzIx

    言っておくがタモリはいいとも開始当時は自らたった3ヶ月で番組を降りると言ってだが、しばらく経って人気がじわじわと上がってきたから続ける意欲も強くなって最終的にはいいともの終了については制作側のフジテレビに任すと言ってたんだから、何もコーナーやギャラを巡ってフジ側と口論を起こしていたとは思えないね!何せ去年辺りからタモリのみの降板を本人は申し出ただけで番組の終了はあくまでもタモリの意向が受け入れられなかったものに因るものだと僕はそう捉える!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について