小澤廉が事務所に反論の前言撤回しツイ消し、取り乱したと謝罪…DV・中絶強要問題は報道通りと認め批判の嵐。画像あり

妊娠中絶強要・DV発覚の小澤廉

漫画・アニメ等の2次元作品を原作・原案とした舞台に数多く出演し、“2.5次元俳優”として高い人気を得ていた小澤廉さん(おざわ・れん 29歳)に、元恋人女性に対するDVや妊娠中絶強要問題が浮上し、これによって芸能事務所『アイズ(ais)』から契約解除されたほか、来年1月に出演予定だった朗読劇『星の王子さま』『夜間飛行』からの降板が発表されました。

そんな小澤廉さんは15日昼に自身のツイッターを更新し、週刊誌『週刊文春』のWeb版『文春オンライン』によってスクープされた元恋人に対する問題行為を謝罪しました。

<↓の画像が、小澤廉さんの謝罪ツイート写真>
小澤廉の謝罪コメント

その一方で、『アイズ』が14日に発表した「本人に事実確認を致しましたところ、記事にありました通りとの確認が取れた」とのコメントに対して、「記事の通りと認めたことはありません」と反論したことで火に油を注ぐ結果となり、ネット上では大炎上状態となっていたのですが、小澤さんは後にこのツイートを削除し、改めてコメントを発表し話題になっています。

<↓の画像は、小澤廉さんが事務所コメントに反論ツイート写真>
小澤廉が事務所コメントに反論ツイート

小澤廉さんは今日投稿した謝罪、反論ツイートを含めて、これまでに投稿した数千件に及ぶツイートを削除し、先程のツイートは取り乱して書いてしまいました。申し訳ございません。今は落ち着きました。事務所の方と話し合い、自分が思っていた事が誤解だとわかりました。お騒がせして本当に申し訳ございませんでした。改めて相手の女性に対して深くお詫び申し上げます。と前言撤回し、改めて謝罪の言葉を綴っています。

<↓の画像が、小澤廉さんが改めて投稿の謝罪ツイート写真>
小澤廉の前言撤回、謝罪ツイート

前言撤回の裏で何があったのかについては、『東京スポーツ』(東スポ)の取材で明らかになっており、元所属事務所『アイズ』によれば、15日に事務所関係者が小澤廉さんと面会し、改めて報道の内容について話し合ったところ、小澤さんは「報道通り」だと認めたとのことです。

事務所関係者は、小澤廉さんの発言が二転三転した理由について、「現在、小澤と一緒にいますが、昨日(14日)の今日で本人が心情的に取り乱していた。」と説明し、「大変お騒がせしました。弊社が発表したように、報道通りということで間違いありません」と話したとしています。

こうした経緯で小澤廉さんは反論ツイートなどを削除、前言撤回したようなのですが、小澤さんの一連の言動に対してネット上では、

  • その程度で取り乱すとはさぞカッとなるタイプなんだろうな。
  • 取り乱したというより、元々そういう人間なんだろう。勘違いに気づかずすぐにキレる、自分の思うようにいかなければ暴力、暴言。
    親は今頃恥ずかしくて外も歩けないだろうよ。可哀想に。
  • カッとなったら取り乱すんですね。そして謝罪するんですね。よく分かりました。文春の記事は正真正銘の事実だと。
  • Twitterも削除してたり、なんかもうグダグダですね…当初の報道以上に自分で傷口を広げている気がする。助言してくれる人はいないのかな。
  • 取り乱したのではなく、本音が出たのだと思う。内心は反省していないのは想定内。
    ホント久々に稀に見るゲスい男が現れてくれましたね。人として男として人格が破綻していると思う。
  • 刑罰はもちろんだが、これは治療を受けなければならないレベル。仮に言われている通りだったとして、刑罰を受けたとしても、適切な治療を受けないとまた繰り返してしまうだけ。
  • DVをやるくらいだから、精神が普通の人ではないし、DVする人は自分が悪くないと思ってるから事務所に反論したんだと思う。
    でも、事務所に損害賠償など色々聞いたら反論出来なくなった気がする。猛反省して欲しい。
  • 精神が病んでるよう見せかけてるんでしょうね。なんでも病気のせいとか、こじ付けのような理由で情状酌量なんてなりませんように。しっかり罪を償ってきてもらいたい。

などと批判が殺到しています。

小澤廉さんには弁護士が付いており、その弁護士も小澤さんの最初のツイートに対して、「事務所が勝手に文春オンラインに対して『記事のとおりと本人の確認がとれた』と発表しており、ありえない。メディアからタレントを守らずに、切り捨てる行為。」と痛烈批判していました。

そうしたことから、『文春オンライン』の報道内容が事実と違うことを証明できるような証拠を用意し、これから事務所側などと争っていくのかと思っていたのですが、まさかの取り乱しというオチで、改めて報道内容が事実と認めるというのは驚きですね。

この言動によってネット上では、すぐにカッとなるタイプなんだろう、相手女性にもそうやって暴力を振るってきたのだろうと推測する声が相次ぎ、さらに印象が悪化しており、自分で自分の首をしめる結果になっています。

小澤廉さんは今後どうしていくつもりなのか現時点では不明ですが、『文春オンライン』の報道を受けて罪を償えといった声も多く、ファン等からも失望の声が多々上がっている状況なので、元恋人の女性に直接謝罪することを最優先として、何とか和解できるように誠意ある対応をしてほしいものですね。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2515233/
  • http://www.shachu.com/e_mouri00/news.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzY4ODA2NzIy

    こいつ人間として最低最悪の屑男だよ…。何が嫌かって一字一句苗字が同じって事…。同じ名字の人間として恥ずかしくて仕方がないわ…。こいつ逆の立場とか考えなかったのかね?自分がやられる側だったらどうなるかとかって…。まぁ。考えていたら、こんなことしでかさないか…。まぁ。取り敢えず、お前はもう、この地球上には要らない人間だからこの世の中の為にも早いこと自殺でもしちゃって下さい。

  2. 2
    匿名
    ID:MTk0Njk1MTMz

    キモッ!やった事にはかわりないだろ?
    言い訳するな!
    顔だけの中身のないグズが!!

  3. 3
    匿名
    ID:NDYwNDcyODE5

    弁護士さんは事務所に謝罪したの?

コメントを残す