南野陽子の夫X氏が再び金銭トラブルで刑事告訴へ。不倫相手が妊娠、部下に暴行事件で書類送検の過去なども…

南野陽子

来年デビュー35周年を迎える女優・歌手の“ナンノ”こと南野陽子さん(みなみの・ようこ 51歳)の夫・X氏(47)が、近く刑事・民事で告訴されることが分かったと、28日発売の週刊誌『週刊文春』がスクープしています。

『週刊文春』によれば、X氏が昨年から経営に携わっていた東京・銀座のクリニックで、約1億8000万円が使途不明となったことで告訴されるといいます。

<↓の画像は、南野陽子さんと夫・X氏の写真>
南野陽子と夫

同クリニックで理事を務めているA氏は『週刊文春』の取材に、「Xは昨年8月の開業時から事務長を務めており、お金の管理は彼に任せていました。すると、開業して約3ヶ月後から医薬品や電子カルテの業者、さらには家賃に年金、社会保険料まで、支払い督促の通知が次々と届くようになった。Xを何度も問い詰めましたが、『払う払う』と言い訳するばかり」と証言しています。

今年1月末からはクリニックにも姿を現さなくなり、音信不通状態になったといい、A氏がX氏の荷物を整理したところ、南野陽子さんの父親宛ての金融会社からの督促状、医療費の支払督促状などが出てきたとのことです。

<↓の画像が、督促状の写真>
督促状

A氏によると、行方が分からなくなった使途不明金は現時点で把握しているだけで1.8億円ほどに上り、こうした被害を受けて警察にも相談し、X氏が関与しているという証拠が整い次第、「X氏を業務上横領で刑事告訴し、民事でも損害賠償請求を起こす予定です」と明かしています。

南野陽子さんは銀座のクリニックを度々訪れ、これまでアンチエイジング治療を受けていたそうで、A氏は「X氏を信用したのは、南野さんの夫であったことも大きかった」と語り、「昨年8月、Xに誘われ、明治座で行われた陽子さんの舞台を家族で観にいきました。楽屋にも通され、ピンクのワンピース姿の陽子さんに挨拶しました。Xは陽子さんを気遣い、『大丈夫?疲れてない?』としきりに声をかけていたので、人を大切にする方なんだなと思ったのです」と振り返っています。

しかし、X氏はこれまでに複数のトラブルを週刊誌などによって報じられており、芸能関係者によると南野陽子さんの仕事にも影響を与えているそうで、「『もっと仕事をしたい』と望んでいる南野は、お笑い芸人らが所属する大手事務所の敏腕マネージャーにマネジメントをしてくれるように声を掛けたそうです。しかし、そのマネージャーは夫の評判を聞きつけ、『スキャンダルが怖いから』と二の足を踏みました」と語っています。

そして、『週刊文春』の取材班は真相を確かめるため南野陽子さんに直撃取材を敢行し、南野さんの父親が医療費を滞納して督促状が届いていないか聞くと、「そんなことはないと思います!え、本当ですか?」と否定し、夫の横領疑惑は把握しているのかどうかについては、「いやあ、ちょっとよく分からないですけども」と答えたとのことです。

X氏にも電話やメール、勤務先の病院を通じて取材を申し込んだそうですが、期限までに回答は得られなかったといい、南野陽子さんの所属事務所『ケイダッシュ』は取材に対して、「南野の旦那様に関することは一切分かりません」という回答だったとしています。

『週刊文春』が公開の動画

この報道に対してネット上では、

  • これ南野陽子のオヤジもやらかしてるって事じゃないのか?あるいは無断名義借りを旦那がしたとか
  • これが本当なら結婚した相手が悪かった
  • 離婚しろよ
  • あんなきれいな人がなんでこんな男と結婚したの
  • アイドル出身はダメ男好きが多いな
  • 男選びのセンスの無さ
  • 南野も男運がないというか、見る目がないというか 本当にイイ男達が散々目の前を通り過ぎていったろうに
  • 昔ファンだったからこういうニュースを聞くとショックだわ
  • 事務所の借金を背負い、旦那の借金を背負い
  • 都倉の事務所に5億背負わされ、返したと思ったら旦那の借金背負うのか 平成の島倉千代子だな
  • なんで別れないんだろうね 一緒にいてもトラブルでてくるだけだろうに
  • こういう外れの夫を選んでしまうのも、性格の悪さが引き寄せてしまう災難なんだろうな、ほんと残念
  • 散々ですね。以前から問題山積みだからもう潮時だと思う。離婚した方が仕事も増えると思うし女優に邁進して欲しいです。夫は安定した人じゃないとダメだよ

などのコメントが寄せられています。

南野陽子さんは2010年9月に友人を交えた焼肉店での食事の席でX氏と出会い、それから焼肉デートを重ねるうちに交際へと発展し、出会いからわずか3ヶ月後の2011年3月3日にスピード結婚しました。

入籍翌日には記者会見を行い、高級ジュエリーブランド「ハリー・ウィンストン」の4.5カラットの婚約指輪(価格は1300万円)を披露し、「運命はあると思う。まじめに生活していたら、運命の神様がご褒美としていい方向に導いてくれる」といい、IT系の会社社長をしているとしていた夫については「誠実で、行動力もある」と語っていました。

<↓の画像が、会見で婚約指輪を披露した南野陽子さんの写真>
南野陽子の結婚指輪

しかし、結婚から間もなくX氏には離婚歴があることや、前妻との間には3人の子供をもうけ、正式に離婚が成立したのは南野さんと入籍する3ヶ月前だったことが報じられました。

他にもX氏はIT系の会社社長ではなく人材派遣会社の代表で、すでに会社の所在地はもぬけの殻状態となっており、南野陽子さんと結婚した時点で会社の実態が無いことや、知人との間で4.8億円もの金銭トラブルを抱えていることが判明しました。

結婚から3年半後の2014年10月には、当時40代半ばの女性が2010年4月にX氏が勝手にクレジットカードを持ち出し、合計約300万円ものお金を使用されたことを『週刊ポスト』に訴え、X氏が南野陽子さんと結婚する1ヶ月前に290万円の借用書にサインさせることが出来たものの、未だに返済がないことを明かしていました。

2ヶ月後の2014年12月には『週刊新潮』が、X氏が経営に携わるクリニックが家賃滞納トラブルを起こしていることを報じ、2015年1月にクリニックの内装工事費700万円の未払いによる裁判、芸能関係者から290万円の借金返済を求められた裁判に敗れていたことが判明しています。

それから半年後の2015年6月に『週刊新潮』は、X氏が3年ほど前から東京・銀座の高級クラブに通い、30代後半の美人ママを口説いて不倫交際していたことや、X氏が「南野とはもうすぐ離婚する。君と再婚したいから、先に子供だけ作らないか」「結婚して良かったことなんてひとつもない。妻とはもうすぐ離婚する。君と再婚したいから、先に子供だけ作らせてほしい」などと口にしていたこと、2014年末には妊娠が発覚していたことを報じました。

『週刊新潮』の直撃取材に対してX氏は、「そのクラブには知り合いに連れられて何回か行っただけ。ママの名前も思い出せない。妊娠なんて、そんなこと知らねえよ!」とまくし立て、一方の南野陽子さんは、「普段の彼の姿を見ている限り、そんなことは信じられません。私たちの自宅には“早く離婚しろ!”と書かれた怪文書も届くので、そうした類の話かと疑ってしまいます。私は結婚してよかったと思っていますし、“お願いだからもう私たちを苦しめないで”という気持ちだけです。ただ、もし、仮にそういう事実があったのなら、彼はきちんと向き合うべきでしょう。真実はいずれ分かると思います」と話したとしています。

さらに、南野陽子さんは結婚会見で披露した婚約指輪について聞かれると、「ポイントがほしくて、私のカードで買いました。彼が金銭的に苦しいこともあったので……」と、自分で購入していたことを告白しています。

それから4ヶ月後の同10月には再び『週刊新潮』が、X氏の子供を妊娠したクラブママが9月中旬に女の子を出産していたこと、X氏が南野陽子さんと一向に離婚しないことから、出産費用の半額の支払いなどを求めて裁判を起こしていることを報じました。

X氏は『週刊新潮』の記事が出た直後の6月23日(南野陽子さんの誕生日)に、X氏との交際を断ち切ってシングルマザーになる決意を固めていたクラブママを食事に連れ出し、復縁を迫っていたことも伝え、同誌の取材に対してX氏は「子供なんて有り得ないし、裁判を起こされたこともありません!」と答えた一方、クラブママは「提訴したのは事実で、訴状に書かれている内容が全てです」と答えています。

この裁判ではX氏が2000万円を支払うという判決が下されましたが、これも滞納していることが2016年10月に報じられています。

2018年1月には『フラッシュ』が、X氏が事務局長として就任した東京・赤坂の医療法人で、口座から2億円近くのお金を引き出し、9000万円以上が使途不明なことが明らかになり、2017年末に業務上横領で告訴状が提出されていたことを報じ、同誌の取材に対してX氏は、「横領しているという事実はないですよ。僕のほうが横領されている。僕のほうから提訴していますから。それ以上は言えません。何もしゃべりません」と回答していました。

<↓の画像は、『フラッシュ』撮影の南野陽子さんの夫・X氏の写真>
南野陽子の夫

それから2ヶ月後の同3月に『フラッシュ』は、X氏が実質的な経営者の銀座のクリニックで暴力行為をしていたと報じ、2016年2月からクリニックで事務作業やX氏の車の運転手を務めていたという30代男性は、入社から1年後の2017年2月ごろから酷い暴力を受けるようになり、給料が3ヶ月近く支払われなかったことから仕事を辞め、病院で診断書を取って警察に被害届を提出したといい、心療内科ではストレス障害、抑うつ状態と診断されたそうです。

しかし、X氏は『フラッシュ』の取材に対して、「Aへの暴力を私が……。それはないと思いますよ。彼を殴ったことは、本当にありません」と否定していたのですが、3月26日に元部下への傷害容疑で書類送検されています。

さらには、『フラッシュ』は4000万円の横領疑惑が新たに浮上していることや、被害者が刑事告訴の準備をしていることも報じていました。

このようにX氏は様々なトラブルを起こしているのですが、南野陽子さんはなぜかX氏とは離婚しようとはせずに一貫してかばい続けています。

その理由としては、43歳にしてやっと結婚することができ、これまで様々なトラブルにも耐えてきたことから、女の意地で離婚をしないのではないかとも言われているのですが、X氏のトラブルが原因で南野陽子さんのイメージ、仕事に悪影響が及んでいるという話が出ており、以前と比べて仕事が減少しているように感じます。

これ以上X氏と一緒にいても苦労するだけなので、今後さらに大きなトラブルに巻き込まれる前に離婚を決意した方がいいのではないかと思いますね。

参照元
  • http://bunshun.jp/articles/-/10873
  • https://smart-flash.jp/showbiz/31623
  • https://smart-flash.jp/showbiz/35568
  • https://smart-flash.jp/showbiz/37900
  • https://smart-flash.jp/showbiz/37673
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjA4MzM2NDA3

    昔のアイドルはみんなダメだね
    結婚してもほぼ離婚してるし未婚でも不倫してるし
    ちゃんとしてるのは百恵ちゃんしか思いつかない

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    百恵は毒親
    あとはみんな離婚かトラブル
    芸能人は儚い

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について