剛力彩芽が暴走の裏に武井咲のデキ婚か。前澤友作社長と復縁も熱愛ネタ封印の理由…破局も即交際再開で仕事に影響か

剛力彩芽

昨年秋に破局した実業家・前澤友作社長(44)と女優・剛力彩芽さん(27)が、今年に入ってから復縁していたことが4月に判明し話題となりました。

しかし、以前とは違ってそれぞれ復縁したことを公表せず、デートをする際にも週刊誌に2ショット写真を撮られないように配慮している様子なのですが、剛力さんが熱愛ネタを完全封印している裏事情などを週刊誌『フライデー』が報じています。

民放局のプロデューサーは、「女優として一本立ちすべく別れを選んだ剛力でしたが、前澤氏とのエピソードありきのイベントやバラエティのオファーばかりが来る現状に焦りを覚えたようです。公に復縁を認めていないのは、女優としてこれ以上、妙な色がつかないようにするためですが、関係者たちは『あまり意味がないのでは……』と首をかしげています」と明かしています。

剛力彩芽さんは前澤友作社長と出会い、交際に発展する前までは“優等生”として有名だったそうなのですが、仕事を二の次にして恋に突っ走った背景には、所属事務所『オスカープロモーション』の同僚・武井咲さん(26)の存在があると民放のドラマ担当スタッフが分析しています。

<↓の画像は、オスカーに所属する同僚の女優・武井咲さんと剛力彩芽さんの写真>
武井咲と剛力彩芽

民放ドラマ担当スタッフによれば、「ネット上では『剛力は事務所のゴリ押しで売れた』と揶揄する声がありますが、彼女が売れたのは人間性の素晴らしさが大きいですよ。一度仕事したスタッフの顔や名前は忘れないですし、どれだけハードスケジュールでも嫌がる素振りを見せず、現場に真摯に向き合ってくれていましたから。業界での評判は非常にいいんです。ところが武井さんの“デキちゃった婚”で空気が変わった。『私も自由に生きる』と考えるようになったといいます」と裏側を明かしています。

武井咲さんは2017年9月に、かねてから交際していた『EXILE』のメインボーカル・TAKAHIROさんとのきちゃった結婚を電撃発表し、2018年3月には第1子となる長女を無事出産しました。

結婚・出産後は仕事をセーブし、一方の剛力彩芽さんはその後も様々なドラマなどに出演していました。

そんな中で2018年2月に、雑誌の企画で前澤友作社長と出会い、お互いに一目惚れして間もなく交際をスタートさせ、同4月に週刊誌に熱愛交際をスクープされたことでそれぞれ交際を宣言、国内外で様々なデートをする姿をSNSで発信したり、週刊誌などに報じられるなどしていました。

<↓の画像は、フランス・パリで撮影の恋人・前澤友作社長と剛力彩芽さんの写真>
前澤友作社長と剛力彩芽

これによって剛力彩芽さんがそれまでに築いてきたイメージが崩壊し、世間からは多くの批判の声が寄せられ、複数のレギュラー番組やCM契約が終了を迎え、テレビ出演は『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系 木曜19時57分)を残すのみとなりました。

そして、剛力彩芽さんは昨年秋に前澤友作社長と別れ、再びいくつかのドラマや映画に出演するようになりましたが、今年に入ってから復縁していたことが『週刊文春』の報道によって判明しました。

しかし、復縁後はそれぞれSNSなどで交際をアピールすることなく、ひっそりと密会を重ねている様子で、フライデーによれば熱愛ネタを封印している理由として、オスカーの台所事情も影響しているとのことです。

オスカーでは昨年からタレントの流出が相次いでおり、剛力彩芽さん、武井咲さんと共に“オスカー三人娘”としてゴリ押しされていた忽那汐里さんが昨年末に独立、その後も草刈民代さん、米倉涼子さん、岡田結実さん等も退所しており、これによって剛力さんの存在感が増しているといいます。

芸能プロダクション幹部はオスカーの内部事情について、「小芝風花(23)が頭角を現していますが、上戸彩(34)も武井も子育て優先で仕事をセーブしている状況。森泉(37)も結婚、出産しており、退社の可能性すらある。そこで知名度もあり、本人のやる気もある剛力がプッシュされているのです。剛力自身も、女優として返り咲く最後のチャンスだと気合が入っています」と明かしています。

ただ、同幹部は「剛力のそんな努力も無駄に終わるかもしれない」とし、「オスカーからはタレントだけではなく、有能なマネージャーたちも退社している。(中略)剛力の女優としての実力はまだまだ。アンチも多い前澤氏との復縁が報じられたことで剛力を敬遠するスポンサーも出てくるでしょう。本人にいくらやる気があっても、再びテレビで大活躍となるかどうか」と語っています。

フライデーはこのように報じているのですが、これに対してネット上では、

  • スポンサーに敬遠されるって致命的。女優でいたいのかもしれないけど、ゴリ押しパワーが使えなくなってくると、需要と供給が合ってないから辛いですね。
  • このままフェードアウトになるんじゃないかな。イメージが一旦ついてしまうとCM起用も難しいだろうし、タレントとして使う先も見つかりにくいかも。
  • 前澤さんと交際する前は世の中から好感度がそこそこ悪くない女優さんだったが、交際してお金に汚い女優さんと見るようになり、印象も悪くなった。
  • オスカーの影響力が落ちてるのに、もともと女優として非力な上に、変な色がついた剛力プッシュで再浮上する気なら、オスカー首脳陣尋常じゃないくらいばかなんだけど
  • 女優として実力をつけなきゃならない時に前澤さんとの話題ばかり。
    周りの女優さんは一歩一歩成長するし、若い才能のある女優さんは出てくるし…相当頑張らないと厳しいだろうなあ。
  • いっそスパッと結婚した方が妙な目で見られずに良いと思うんだがね。
    上戸彩だって結婚してるでしょ。まぁ前澤氏にそういう気持ちがないことには話が前に進まんだろうが。
  • 剛力さんの出ている番組を観覧した事があるけど、大御所やベテラン人気芸人の方達などが、観客にもきちんと挨拶したり、手を振ったりして収録後にスタジオを去る中、剛力さんだけはスタッフや共演者には挨拶をしても、観客には一切目もくれず、ニコリともせずにスタジオを出て行った。めちゃくちゃ感じ悪かった。
  • 最初からプライベートを表に出さずに、付き合ってはいるけど前に出さない、そうしていれば少しは違ったかもね。
    根底にあるのは自己顕示欲の高さ、セレブ気取りの嫌な奴となって今さら隠してもこのイメージは変わらない。

などの声が上がっています。

オスカーには「10代にデビューした場合は25歳まで恋愛禁止」、「20歳以降にデビューした場合はデビューから5年まで恋愛禁止」という暗黙のルールがあるとされ、剛力彩芽さんはそれをキッチリと守った上で、前澤友作社長との交際をスタートさせています。

そこまでは良かったのですが、以前から多くのアンチを抱える前澤友作社長と交際に発展後は、世間から反感を買うようなセレブデートを堂々と披露するなどし、鼻につくような嫌な感じの女優になってしまいました。

それも影響してか仕事が激減し、復縁後も交際をアピールすることなく現在に至るのですが、フライデーによれば剛力彩芽さんは再び「色ボケモード」に戻ってしまったそうで、6月上旬の夕方にはスーパーで買物後、運転手付きの高級送迎車に慣れた様子で乗り込むと、家賃300万円とも言われる前澤友作社長の自宅マンションへと向かったとしています。

また、1日1組み限定の完全会員制・超高級レストラン(1人あたりの予算は6~8万円)にも訪れるなど、前澤友作社長と復縁したことで再びセレブ生活を送っているそうです。

剛力彩芽さんがプライベートでどのような生活を送っていようが自由ですが、前澤友作社長との交際、セレブ生活によってイメージが変わってしまったのは間違いなく、今後も世間から厳しい声が上がり続けるようだと、以前のように幅広く活躍するのはなかなか難しいかもしれないですね…。

参照元
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/119156
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzE0MjI3

    実力ないのに持ち上げ過ぎ

  2. 2
    匿名
    ID:MjAwMzM3MTc2

    全く人気ないのに懲りないね
    経費の無駄

  3. 3
    匿名
    ID:MTg3Nzk5OTE1

    お似合いでしょう?
    結婚できなくても
    彼は無責任な人間じゃないのだから

    私なら子供産むと思う

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について