元巨人2軍トレーナー準強制わいせつ容疑で書類送検、フライデーが事件の詳細報道。画像あり

読売ジャイアンツ

プロ野球『読売ジャイアンツ(巨人)』でトレーナーを務めていた半田剛さん(はんだ・ごう 31歳)が1日までに、準強制わいせつ容疑で書類送検されていたことが明らかになりました。

報道によると、半田剛さんは5月中旬ごろに、東京・渋谷区内にある美容サロンで40代の女性の胸などを触るなどした疑いが持たれているとのことです。

巨人軍の広報部によれば、半田剛さんは業務委託先の会社に所属し、今年6月初めまで2軍トレーナーを務めていたそうです。

半田剛さんが起こした準強制わいせつ事件については、7月13日発売の週刊誌『フライデー』に被害者の女性が涙ながらに告発した記事が掲載されていました。

<↓の画像は、『フライデー』撮影の元巨人2軍トレーナー・半田剛さんの写真>
フライデーに準強制わいせつスキャンダルを報じられた元巨人2軍トレーナー

被害を告発した女性は、東京都内在住の美容サロン経営者・黒木朝子さん(30代・仮名)で、半田剛さんとは今年5月6日に都内のスナックバーで知り合い、その時に半田さんは巨人の大竹寛投手(おおたけ・かん 35歳)と来店しており、その場でLINEを交換したといいます。

『フライデー』によれば、半田剛さんは既婚者とのことですが、この時点ですでに半田さんは女性に対して、「ホテルへ行かない」と誘っていたことも明らかになっています。

<↓の画像は、半田剛さんが女性に渡した名刺の写真>
元巨人2軍トレーナーの名刺

女性は半田剛さんと連絡先を交換後、先にバーを後にしたそうなのですが、間もなく半田剛さんからLINEでメッセージが届いたといい、首にヘルニアを持っていることを伝えたところ、「交通費込み7000円で出張マッサージもやっているよ」と言われ、プロ野球選手たちのトレーナーを務めているという安心感もあり、女性は同8日にマッサージをしてくださいとお願いしたとのことです。

女性はさすがに2人っきりで施術を受けるのは嫌だったため、ナンパされたバーの座敷で1時間のマッサージを受け、さすがプロのトレーナーだけにマッサージが上手く、首の痛みが和らいだため、その後もマッサージを依頼したそうです。

<↓の画像は、被害女性の写真>
巨人2軍トレーナーからの準強制わいせつ被害を告発した女性

しかし、5月14日に受けた3度目のマッサージで事件が起き、その日は自身が経営するサロンでマッサージを受けたところ、半田剛さんが突然女性の胸をわし掴みにしたり、「ムラムラしない?」「身体硬いね。正常〇しなさすぎだよ」などと語りかけ、女性が「やめてよ!」と怒鳴ったところ、半田さんは「今後は変なことはしないから」と謝り、反省している様子を見せたといいます。

女性はエステサロンを出店したいと考えていたことや、半田剛さんが「サロンに巨人の選手を連れて行く」とも話していたことから、胸をわし掴みにした半田さんのことを許してしまい、15日にもマッサージを依頼してしまったとのことです。

そして、15日に再び女性のマッサージをした半田剛さんは施術中に突然「何カップ?」「ホテルに行こう」「チューしたい」などと話し、さらには顔にかけていたタオルを引っ張って胸を触り、無理矢理キスまでしたといい、これに激怒した女性は巨人へ問い合わせの電話を入れたそうです。

すると、電話対応した巨人の法務部スタッフは女性に対して、「必ず責任を持って対応するので警察にはまだ届けないでほしい」と話し、最終的には「半田は(外部から)巨人に派遣されてきている。所属している治療院に問い合わせてほしい」と言われたとのことです。

<↓の画像は、半田剛さんの代理人弁護士が、女性の代理人に送付した回答書の写真>
元巨人2軍トレーナーの代理人弁護士による回答書
(わいせつ行為は『故意ではない』と否定したものの、『慰謝料50万円を支払う』という回答があったとのことです。)

こうした対応を受けて女性は6月26日に警視庁渋谷署へ被害届を提出、受理され、8月1日までに準強制わいせつ容疑で書類送検されたことが今回明らかになりました。

被害女性の告発を受けて、『フライデー』の取材班が半田剛さんに直撃取材を敢行したものの、一切返事をしなかったといい、一方の巨人は取材に対して、「(半田氏は)当球団の委託業務とは関係のない行為でトラブルを起こしたため、当球団の求めで6月に交代しました。当球団は業務委託先の社員の行為について、お答えする立場にありません。なお、当球団が女性の問い合わせに対し、『警察には言わないでほしい』と伝えたことはありません」と回答したとしています。

この報道に対してネット上では、

  • 巨人に良いニュースはないのかね?
  • 巨人のトレーナーなんか誰もができるわけじゃないのに、運とかもあるだろうし、勿体無い。
  • どうなるかわかるくせに、何故触りたがる?
  • もっといいニュースでファンを喜ばせて欲しいものです。窃盗に賭博、わいせつ。最低ですよ
  • 巨人関係の犯罪者は驚かなくなった。
  • 元巨人のトレーナーなら、それを売りにして稼いでケシカランお店で合法的に触ればよかったのにな。
  • 事件は5月だから、事件発覚後に契約解除した。巨人さんもう隠していること有りませんか?
  • 球団は野球やる前に社会人としての教育からやらなきゃいけないな。情けない。子供達のお手本にならなきゃいけないのに、不祥事ばかり起こして巨人が強いチームに戻れない根本的なところじゃないの。

などのコメントが寄せられています。

あくまでも業務委託先の会社に所属する2軍トレーナーではありますが、またしても巨人の関係者がこうした事件を起こし、ニュースで報じられてしまうというのはファンにとっては残念の一言ですね。

先日も、巨人に所属していた柿沢貴裕容疑者がチームメイトの野球道具を計12回にわたって約110点も盗み、それを売りさばいていたという衝撃の事件が明らかとなりました。

さらには、篠原慎平投手が飲食店の個室で全裸状態になり、その姿を同席していた河野元貴捕手が撮影し、自身のインスタグラムに投稿していたことが『フライデー』によって報じられるなど、ファンをガッカリさせるような事件が相次いでいます。

これらの不祥事に加え、元2軍トレーナーの準強制わいせつ行為も報じられたことを受けて、巨人は7月17日に緊急会見を開き、騒動の責任を取る形で老川祥一オーナー(71)の辞任を発表した上で、石井一夫球団社長が謝罪をしていたのですが、巨人は野球賭博問題以降もこうしたトラブルが起きているので、今後また新たにトラブルが起こりそうな気がしてならないですね。

参照元
  • https://friday.kodansha.ne.jp/other/104978
  • https://mainichi.jp/articles/20180717/k00/00e/050/272000c
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExMjI0

    巨人は訴訟女のカモ化

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について