伊藤健太郎が不起訴処分で謝罪コメント。ひき逃げ事件被害者と示談成立か。悪質行為で厳しい処分求める声も…

伊藤健太郎

俳優・伊藤健太郎さん(いとう・けんたろう 23歳)が昨年10月に、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された事件で、東京地方検察庁は伊藤さんを「不起訴処分」とし、これを受けて所属事務所と伊藤さんが謝罪コメントを発表しました。

伊藤健太郎さんは昨年10月28日17時45分ごろに、東京・千駄ヶ谷1丁目の交差点で乗用車を運転し、Uターンしようとした際に対向車線を直進してきた2人乗りのバイクと接触、男女に重軽傷を負わせましたが、救護せずに現場から立ち去ったとして逮捕されました。

伊藤健太郎さんは取り調べに対して容疑を認め、救護せずに現場から離れた理由については、「気が動転していた。パニックになった」などと説明し、逮捕翌日には釈放となりました。

警視庁湾岸警察署から釈放時には、「この度は、自分が起こしてしまった事故のせいで、沢山の方々にご迷惑をおかけしてしまったことを深く反省しております。本当に申し訳ありませんでした。自分のせいで、ケガをしてしまった被害者の方々にも、これから僕自身、一生かけて償っていきたいと思っていますし、これからどのように償っていくべきか、しっかりと向き合って考えていきたいと思っています」と謝罪していました。

伊藤健太郎さん釈放時の動画

この事件で所属事務所『イマージュエンターテインメント』は、伊藤健太郎さんに対して無期限謹慎処分を下しました。

そして、事件から約5ヶ月後の25日付けで東京地検は伊藤健太郎さんを不起訴処分とし、各報道によれば、伊藤さんと被害者の間で示談が成立したことを理由に不起訴となったそうです。

不起訴となったことを受けて伊藤健太郎さんと所属事務所は、事務所の公式サイトや伊藤さんのツイッター、インスタグラム上でコメントを発表しました。

伊藤健太郎さんは、この度は私の自覚の足りなさ、未熟さによって起こした交通事故のために、関係者、ファンの皆様に多大なるご迷惑ご心配をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます。また、事故によってお怪我をされた被害者の方にも改めて心からお詫び申し上げます。と謝罪しています。

<↓の画像が、伊藤健太郎さんの直筆謝罪コメントの写真>
不起訴の伊藤健太郎がひき逃げ事件を謝罪

一方の事務所は、「昨年10月、弊社所属の伊藤健太郎が起こした事故につきまして、所属事務所として被害者のお二方に改めて心よりお詫び申し上げます。弊社としましては、この度の事故を伊藤とともに真摯に受け止め、引き続き被害者のお二方に誠心誠意努めて参る所存です」としています。

<↓の画像は、伊藤健太郎さんの所属事務所のコメント全文の写真>
伊藤健太郎不起訴で事務所が謝罪コメント

伊藤健太郎さんの不起訴処分と謝罪コメントを受けてネット上では、

  • お金を払って示談にして不起訴になったとしても、事故を起こしたという事実は消えないし、俳優として失ったものも戻らない。
  • 示談金をたんまり被害者に渡して罪を免れるようなことをやっていたら、この若い俳優は心底から反省などしないだろ。
  • もしかしたら、示談成立で不起訴じゃなくて、一般的事例より重すぎる刑を課された方が、罪を償ったとして、彼の仕事上はイメージが良かったかも。
  • ひき逃げして重症負わせて不起訴ってどれだけの金が動いたんだか…相手がそれで納得しているならいいけれど、金で黙らされたって事じゃなきゃいいね。
  • 不起訴と聞いてホッとして涙が出てきました。良かったです、本当に。本当に。
    今後も良くも悪くも注目されてしまうかと思いますが踏ん張りどころです。乗り越えて、その先をみせてください!
  • 反省は大事。これからの行動が大事。復帰できるよう寛容な社会が必要です。
    やめないでいてくれて生きててくれてありがとう。一緒に頑張ろうね!!微力ながらずっと側にいるから
  • 健太郎君と事務所からのメッセージを受けて、これからも応援していく気持ちを改めて感じています。待っています!!本当に待っています
  • 健太郎くんのメッセージ読んで、あたしまでウルウルしてる もうちょっとだね。この期間を無駄にしないデカい男になって帰って来てくれるはず。
  • また1人の大人として男として大きく成長した姿で戻ってきて欲しいと思っています!そして願っています…
    健太郎くんの元気な笑い声や姿は元気の源です。先の事になるかも知れませんが静かに待ってます。

などの声が上がっています。

伊藤健太郎さんが起こしたひき逃げ事件に関しては、事故発生から数分後に目撃者に促されて現場へ戻ったこと、信号無視や飲酒、無免許運転などは無かったことから、被害者との示談成立をもって不起訴になったとみられ、これによって前科がつくことは免れました。

2018年9月に、ひき逃げ事件を起こした元モーニング娘。の吉澤ひとみさん(35)は、事故発生後に自ら現場には戻りましたが、信号無視やスピード超過、加えて酒気帯び運転だったことから、被害者との間で示談が成立していたものの、懲役2年・執行猶予5年の有罪判決が下されています。

ただ、伊藤健太郎さんは不起訴処分にはなりましたが、非常に悪質な行為をしたことに変わりはなく、事件後の様々な報道もあって伊藤さんのイメージは著しく悪化しており、もう顔を見たくないとして、芸能界からの引退を望む声も少なくありません。

伊藤健太郎さんはひき逃げ事件によって、複数のドラマや舞台などの仕事を降板、CM契約も打ち切りとなり、これによって生じた損害賠償に関しては事務所が肩代わりしているとみられ、今後芸能活動を再開させて少しずつ返済していくのではないかと思います。

人気商売である芸能人としては致命的な事件を起こしてしまいましたが、今もなお伊藤健太郎さんのことを応援し続け、復帰を待ち望んでいるファンは多くいるので、今後仕事復帰できるように考え方や態度を改め、今自分が出来ることに取り組んでいってもらいたいです。

参照元
  • https://www.fnn.jp/articles/-/160301
  • https://twitter.com/kentaro_account/status/1374918979903389700
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103250000437.html
  • https://wellness-keijibengo.com/hikinige/
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjEyMTEwMzkw

    憧れのキムタクとドラマ初共演のチャンスを逃したね!

  2. 2
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    これ、「有名人の俳優サマ」でなかったら、どうなってたかね。「涙が出たー!」なんて言ってる馬鹿が多いから、必要以上に示談が重視されるのかな。これも一種の上級国民現象だと思うけど、どうなのかね。

コメントを残す