伊勢谷友介の裁判内容、大麻使用開始の年齢や理由語る。入手先の供述は拒否、損害賠償支払いで生活が困窮も…画像あり

伊勢谷友介被告

大麻取締法違反の罪で起訴された俳優・伊勢谷友介被告(いせや・ゆうすけ 44歳)の初公判が1日に東京地方裁判所で開かれ、検察側は懲役1年を求刑しました。

伊勢谷友介被告は今年9月8日に東京都目黒区碑文谷1丁目の自宅マンションで、乾燥大麻約13.17グラムを所持した罪に問われており、初公判には上下黒のスーツにネクタイ姿で出廷し、起訴内容を認めました。

<↓の画像は、初公判に出廷した伊勢谷友介被告の写真>
伊勢谷友介被告が初公判に出廷時のマスク着用の顔写真

検察側が冒頭陳述で「26、27歳のころに大麻を入手し、断続的に使用していた」と指摘し、弁護側は「普通の人がアルコールを飲むように、彼はリラックスのために大麻に手をつけました」と述べました。

被告人質問で伊勢谷友介被告は、大麻に手を出した理由などについて、「オランダ・アムステルダムで初めて大麻を使用した」「リラックスのためでもあり、プレッシャーなく睡眠を取るためだった」「去年の秋ごろから再び使い始め、それ以降、コロナが流行り始めて自宅にいることが多く空いている時間に使用してしまった」「多くの先進国が医療用として認知し始め、人を傷つけるものではないので、認識を甘くさせた」などと説明しました。

弁護側も、伊勢谷友介被告はコロナ禍の自宅待機により大麻の使用頻度が増えていたと述べ、逮捕時に自宅で所持していた大麻は、逮捕2~3日前に知人から購入したモノとし、約20グラムの大麻を約10万円で購入したとのことです。

ただ、伊勢谷友介被告は具体的に誰から大麻を購入したのかは明らかにせず、その理由について検察に問われると、「僕としては(この犯罪が)誰かを傷つける犯罪だとは思っていない。知人を世の中に晒すことが必要だとは思えない」と答えています。

そして、今後の仕事について問われると「見通しは立っていない」とし、大麻事件によって数多くの仕事に影響が及び、多額の損害賠償請求を抱えていることを明らかにしており、「今まで稼いだ大半を提供しなければならなくなった」「迷惑をかけたので当たり前だと思いますが、生活が苦しくなっていくと思っています」「今日まで応援してくださった多くの方々を裏切ることになり、本当に申し訳なく思う。2度と違法なことはしたくない」などと述べています。

そんな伊勢谷友介被告に対して検察側は懲役1年を求刑し、「自己使用としては重量。20代半ばから断続的に薬効を求めており、常習性、依存性は顕著で入手先も秘匿している。再犯の可能性があり、再犯の防止、猛省を促すためにも厳しく」と理由を説明しており、一方の弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審し、判決公判は12月22日に行われることが決まりました。

伊勢谷友介被告の初公判を終えてネット上では、

  • 大麻が好きなら好きで構わないけど、それならそれで大麻OKな国に移住すればいいのに。
  • 入手ルートを明かさない場合、厳罰するようにできないものだろうか。入手ルートを言わない方がおかしい世の中にしてほしい。
  • 仲間をかばってる場合ではない!罪を認めたのなら、警察に協力すべき。拒絶するなら本心から反省してるとは言えませんね
  • コロナが流行り始めたのは今年の2月くらいから。コロナに関係なく始めて、コロナに関係なく使用していたということ。コロナで使用頻度が増えただけ。
  • この人も伊藤健太郎とかもそうだけど、やったことも大問題ながらその後で素行や言動が暴露された方が致命的。
    キレイな役どころがほぼ無理になったし、いつまた何やらかすかわかんないってレッテルもくっついたし、起用側も二の足踏むでしょ。
  • 逮捕歴50以上、ワルを貫きとおし、今もマリファナを常用する、マイクタイソンみたいな人間が世界中から賞賛され、ビッグイベントが用意され、容易に大金を手にすると。その一方で伊勢谷くんみたいな人間がいると。
    同じマリファナ中毒者なのに、住んでいる国が違うだけでこんだけ変わるもんなんだね(アメリカがよくて、日本がダメという意味ではない)
    ルールを破った事には違いないけど、「悪」ではないんだし、才能豊かなんだし、いつか表舞台に復帰してもらいたいね。
  • 罪を認めても入手経路は明かさないというなら潔く刑務所に入って懲役の実刑で罪を償って下さい。執行猶予を見越しての謝罪なんぞ許されんぞ!
  • 正直ね、無理だよ。今後もなーんも変わらないはず。若気の至りでやったことと違うんだから。ハッパもDVも。
    40過ぎてではもう人間が形成されてる。数カ月から数年は自粛はするだろうけど。時間が経てばまた同じ事やるよ。
    それを周囲が止めてあげるか、見てないフリをするかで大きく変わるとは思うが。

などの声が上がっています。

週刊誌『週刊文春』の元記者でジャーナリスト・中村竜太郎さんも、伊勢谷友介被告は無名モデルだった20年前から薬物使用疑惑があったと明かしており、女優・広末涼子さんと交際中にもクラブに出入りし、大麻を使用しているとの情報があったといいます。

そして、今回の初公判で26、27歳の頃から断続的に大麻を使用していたことが明らかにされ、伊勢谷友介被告は今後2度と違法なことはしない、大麻に手を出さないと誓うとしているのですが、どこから入手したのかは最後まで明らかにしなかったことなどから、また数年後に使用を再開しそうな気がしますね。

伊勢谷友介被告の逮捕で発生した損害賠償の総額については、「芸能人史上最高額の5億円超え」になるとも『女性自身』に報じられており、それほどの額を支払う能力があるのか疑問ですが、これから様々な罰を受けることで違法行為を深く反省し、今後2度と同じ過ちを繰り返さないようにしてほしいものです。

参照元
  • https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120100159
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202012010000263.html
  • https://www.oricon.co.jp/news/2178127/
  • https://www.oricon.co.jp/news/2178126/
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1892578/
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4Njg5MTI1

    後悔先に立たずですね
    ダメな事はダメですから

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4ODY5MDYx

    薬漬けの人生において、青少年育成のための学校を立ち上げる?何を育成するつもりだったの?
    背筋も凍る冷酷な演技、実生活もかなりブラック。
    ホンモノの悪…こわい…

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4ODUxMjA0

    カッコつけて
    知人を公表しなかったみたいですけどね、
    自分の周りに
    薬物人間いますよー!って、
    言ってるようなもの。
    性格の悪さが
    顔に出てる。

  4. 4
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    コイツを擁護する奴がいることが、一番恐ろしい。

コメントを残す