伊勢谷友介が大麻事件&DV癖疑惑再燃で終了か…モデル彼女の顔面蹴り報道、重度の薬物依存で異常な行動?

伊勢谷友介容疑者

大麻所持で逮捕された俳優・伊勢谷友介容疑者(44)が深刻な大麻依存状態で、大麻使用を止めるよう懇願してきた交際相手の女性を暴行し、“フルボッコ”にしていたとの話を『東京スポーツ』(東スポ)が報じています。

伊勢谷友介容疑者は20年前から薬物疑惑があったとされ、ジャーナリストで週刊誌『週刊文春』の元記者・中村竜太郎さんは、20年前にかなり確度の高い情報を入手し周辺取材を行ったことを明かしています。

中村竜太郎さんは当時、伊勢谷友介容疑者が出入りしていた東京・西麻布のクラブ界隈を取材し、接触した売人や遊び人らからも「伊勢谷は大麻をやっている」との情報も得たそうで、「私は『芸能界と薬物』についての取材を長く続けてきた記者なので、『〇〇が薬物をやっている』という証言が、ただの噂話に過ぎないのか、それとも確度の高い情報なのかは、経験上だいたいの見当がつきます。その感覚で振り返ってみても、やはり当時の疑惑は限りなくクロだった、と今でも考えています。」と語っています。

<↓の画像左は、1999年撮影の伊勢谷友介容疑者と元彼女・広末涼子さんの2ショット、右は2001年撮影の顔写真>
伊勢谷友介の昔の顔、広末涼子との2ショット写真

そのため、伊勢谷友介容疑者が大麻に手を出したのはここ数年のことではなく、東京藝術大学に通っていた20年以上前から使用していた可能性が高いとみられていますが、今回の逮捕を受けて周囲には大麻などの使用を止める人はいなかったのかという声も上がっています。

東スポによれば、伊勢谷友介容疑者と交際していた女性の中には、大麻を止めるよう説得を試みた人もいたそうで、その女性は当時モデル活動し、芸能事務所にも所属していた方だったといいます。

その女性を知る芸能関係者は、「伊勢谷は仕事先の仲間にも彼女を紹介するほどで、仲の良さは知られていた。感情の起伏があまりに激しく、DVを繰り返す伊勢谷の原因が“薬物使用”と疑って、彼女はやめるように懇願していました」と明かしています。

ところが、伊勢谷友介容疑者は彼女の願いを拒否したうえに、DVがさらに激しくなり、“絶対服従の支配下”に置くようになったほか、殴る際には彼女の顔を執拗に狙うようになったといい、「モデル出身の伊勢谷でなくても、絶対にダメだと分かるはずなんですが、顔を狙うんです。しかも、手じゃなくて足で。何度も顔に蹴りを入れるんです。顔面が陥没骨折したこともあるほど激しかった。しかし、別れそうになると、泣きながら謝罪し、結婚まで匂わせる。ストーカー気質でした」と同関係者が証言しています。

そうしたDV被害を受けた彼女は後遺症から芸能事務所を退所、モデルも引退してしまったそうで、「A子さんが順調に芸能活動をしていたと思っていた親御さんは娘の変わり果てた姿に大激怒。裁判一歩手前までいきましたが、伊勢谷は慰謝料として数百万円を支払って交際関係を清算した」とも関係者は語り、手際の良さから同様の被害を受けた女性は他にも複数いるのではと囁かれていたといいます。

女性の元モデル仲間は伊勢谷友介容疑者について、「DVが、違法薬物によるものなのかは分かりません。ただ、結婚を匂わせながらDVを繰り返すのは最低の行為。ましてや伊勢谷容疑者のことを思って、ドラッグ断ちを懇願した恋人に卑劣な行為で服従させるなんて…許せない」と語っています。

この報道に対してネット上では、

  • クスリ関係無しに最低な男。
  • 大麻やって女殴って…DVの話は過去にもあったが、相当ヤバい奴だったんだな。
    捕まった後にNHKは配信停止で、映画配給先は出演部分をノーカットで封切ると言っていたが、以前から変な噂があった人を起用する制作側にも問題があると思う。
  • もし事実なら、その女性は暴行で伊勢谷を告訴してほしいね。このままだと、「どうせ噂でしょ」「どうせマスコミの作り話でしょ」になる。
    それほどマスコミは信用が無い。私は伊勢谷も信用していませんが。
  • 暴行された女性が示談にしなければ暴行で捕まってたかも知れないのに その後も大麻止めずに他の女性にもDVしてたんだ。
    これが事実なら芸能界復帰なんてありえないよね。窪塚洋介さんは、これでも伊勢谷友介が誰も被害者を作ってないと思うのか?
  • 大麻やったということ以上に、元カノへのDV系の話のが引く。復帰しようにも、そっちのがネック。
    そもそも、芸能界も大麻とDVの噂ある男をよく使えるなと思うけどね。そんな世界だから、また懲りずに起用するんだろうな
  • 色々出てきますね。百歩譲って大麻や薬物の逮捕だけで済めばいいものの、こうやって過去の素行まで掘られてどんどんマイナス要素が積み上げられていく。
    そういう意味でもこういうモノには手を出すべきじゃないですね。
  • 薬物が原因かは分かりませんが、人として大事なものが欠落していることは確かですね。
    勉強が出来て、かっこよくて、背も高くて、、、なのに人に対する優しさとか思いやりとか一番大事なものが無いって、本当に終わっています。

などの声が上がっています。

伊勢谷友介容疑者のDV癖、ストーカー行為については2013年に『週刊文春』が報じており、記事では元恋人(2013年当時はタレントして活動)の関係者がどのようなDV被害を受けていたのかを明かしており、様子がおかしくなったのは交際から数ヶ月が経った頃で、顔を殴るなどの暴行被害を受けたとのことでした。

また、サバイバルゲームが趣味の伊勢谷友介容疑者はモデルガンを愛用し、逃げ惑う彼女を的に見立てて弾を撃ちまくっていたといいます。

さらに、約1年交際した別のモデルも日常的に暴力を受け、それを知った彼女の親が激怒して慰謝料を請求、伊勢谷友介容疑者は慰謝料を支払ったそうです。

その後、女性は芸能界を引退して留学名目で海外へ渡ると、伊勢谷友介容疑者は後を追い、ヨリを戻したいと迫ったそうです。

『週刊文春』の取材班は当時、真相を確かめるために女性が所属していた事務所関係者に対して、伊勢谷友介容疑者のDVや慰謝料の受け渡しについて事実関係の確認をしたところ、「お問い合わせの件は、事実です。ただ一言だけ、“酷いヤツ”だったと。こちらから言えるのは、それだけです…」と回答したとしています。

一方の伊勢谷友介容疑者は「私は、存じ上げない人とは話をしません」として取材を拒否し、伊勢谷容疑者が代表を務めていた『株式会社リバースプロジェクト』へ質問状などを送付するも完全スルーという対応でした。

約10年前には3~4年交際していたモデルに対して、大麻を使用するように“洗脳”していたとも『週刊文春』は伝えています。

この他にも『フライデー』は、伊勢谷友介容疑者が関係のあったグラビアアイドルへの暴力、首を絞めて失神させたこともあったと報じており、そのグラドルは後に芸能界を引退し、海外移住したと伝えています。

また、『女性セブン』は結婚も囁かれていたモデル・森星さんと昨年秋ごろに破局を迎えていたことを伝え、記事では森星さんの知人が、「最後は伊勢谷さんの気性の荒さなどに森さんが耐えきれず、逃げるように彼のもとから去っていった」と語っています。

伊勢谷友介容疑者にはこうした裏の顔があったとの報道が相次いでおり、大麻所持以外にも過去のDV疑惑が再燃していることによってイメージが著しく悪化している様子です。

かつて交際が報じられた広末涼子さん、吉川ひなのさん、木村佳乃さん、麻生久美子さん、SHELLYさん、長澤まさみさん、比留川游さん等も暴行を受けていたのではないか、大麻使用に気付いていたのではないかと疑いの目を向けられています。

伊勢谷友介容疑者のDV癖に関してはどこまで事実なのかは不明ながら、本人や周辺関係者が報道内容を完全否定していないことや、被害を受けた女性サイドの関係者がDVは事実だと語っているため、限りなくクロに近いグレーといったところでしょうか。

大麻使用とDVの関連性は不明で、大麻は使用後に多幸感や食欲増進などの症状が現れますが、気性が荒くなるといったことはないようなので、女性への暴行に関しては大麻使用とは関係なく、単にDV癖があるだけの可能性も高いです。

伊勢谷友介容疑者は大麻所持と過去のDV疑惑の再燃によって大きなダメージを受けており、大麻取締法違反の罪で懲役1年前後、執行猶予3年程度の量刑で済んだとしても、俳優として復活するのはなかなか難しくなるかもしれないですね。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2177607/
  • https://bunshun.jp/articles/-/40171
  • https://bunshun.jp/articles/-/40148
  • https://bunshun.jp/articles/-/40155
  • https://bunshun.jp/articles/-/40149
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4Njg5MzI3

    折角いいことしてても、これが本当なら帳消しですね
    残念です…

  2. 2
    匿名
    ID:MTc5MDE4NTAx

    今までお付き合いしていた彼女達も
    知ってたでしょうね

    何年も付き合ってたなら

    どうしても疑ってしまう

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について