京都ハンナリーズ・坂東拓を窃盗容疑で逮捕、常習犯の可能性。買春騒動に続くバスケ選手の不祥事に呆れ声

プロバスケ選手・坂東拓

プロバスケットボールチーム『京都ハンナリーズ』に所属する坂東拓容疑者(ばんどう・たく 26歳)が8月31日までに、知人女性の財布から現金を盗んだとして、窃盗容疑で現行犯逮捕されていたことが明らかになりました。

坂東拓容疑者の逮捕容疑は、8月30日21時38分頃に京都市伏見区内の喫茶店で、一緒にいた知人の会社員女性(24)がトイレで席を立った隙を見計らい、財布の中から現金5000円を盗んだ疑いが持たれています。

京都府警伏見署によれば、坂東拓容疑者の周辺では、同様の置き引き被害の相談が寄せられていたといいます。

そのため警察は坂東拓容疑者をマークし、捜査をしていたそうで、30日に署員が犯行現場を目撃したことで現行犯逮捕に至ったといい、取り調べに対して坂東容疑者は「間違いない」と容疑を認めているとのことです。

<↓の画像は、『京都ハンナリーズ』の坂東拓容疑者の写真>
京都ハンナリーズの坂東拓選手プロフィール

そして、この事件を受けて『京都ハンナリーズ』は8月31日に、公式サイト上で高田典彦代表取締役社長のコメントを発表し、「本件に関し、日ごろから京都ハンナリーズにご声援を頂いているファンの皆様、ご支援いただいているスポンサー、地元自治体の皆様、またB.LEAGUEならびにバスケットボール協会をはじめとする多くの関係者の皆様に対して、多大なるご迷惑をおかけし、お騒がせいたしましたことを深くお詫び申し上げます。バスケットボール界全体が、信頼回復に動く中での今回の件について、社会的な責任を重く受け止めると共に、皆様方の信頼を著しく失墜させてしまったことを陳謝いたします。」と謝罪しています。

また、坂東拓容疑者の処分などについては、厳正に対処していくとしとしています。

<↓の画像が、『京都ハンナリーズ』高田典彦社長の謝罪コメント全文の写真>
坂東拓を窃盗容疑で逮捕、京都ハンナリーズ社長の謝罪コメント全文

この報道を受けてネット上では、

  • プロバスケ選手のイメージガタ落ちだな
  • 五千円?プロの給料がよほど安いのか?病気なのか?信じられない!
  • プロバスケ選手の相次ぐ不祥事。。。全員が白い目で見られても仕方がないかもね。
  • 確かアジア大会で買春した1人もこのチームだったよな
  • 買春の永吉も京都だったよな。。その事件の後に何してんだよ。これはチームごと白い目で見られても仕方ないわ
  • やっとB1に来たと思ったら…よっぽどお金に困ってたのかな?こんな事なら三井住友銀行辞めない方が良かったね。
  • この前の不祥事、今回も数千円でバスケのイメージがガタ落ち、この選手は追放でいい。
  • あんなことがあったあとで、バスケ界全体気を引き締めていかないとってなってるときに、何してるの?これ以上失望させないで。。。
  • もう呆れるばかりです。あんな問題が起こったばかりで必要以上にバスケ選手の資質が問われようとしている時に、しかも処分を受けた4選手の1人に同じ京都ハンナリーズの選手が名を連ねていたのです。にもかかわらず今回は紛れもない犯罪行為を犯してしまったのですから、自覚の無さもそうなのですがそれ以上に指導法に問題があったと言われても仕方ありません。チームの監督不行届は間違いなく責められるべきものであり、迅速な対応をみせるためにも即刻謝罪会見を開くべきだと思います。

などのコメントが寄せられています。

窃盗容疑で逮捕された坂東拓容疑者は、小学生の時に全国ミニバスケットボール大会で準優勝、中学時代には全国中学校バスケットボール大会でベスト16進出、1試合に53得点を記録して得点王に輝き、高校時代には第41回全国高校バスケットボール選抜優勝大会で優勝するなど、学生時代から頭角を現し、U-15日本代表、U-18日本代表にも選出されています。

筑波大学に進学後は、2年生でレギュラー入りし、インカレで3年連続ベスト5入り、4年生の時には優勝を果たし、2013年にはユニバーシアード日本代表に選出されており、大学卒業後は三井住友銀行に就職、社会人リーグでバスケを続け、昨年7月に『京都ハンナリーズ』へ移籍しました。

<↓の画像は、大学生時代の坂東拓容疑者の写真>
筑波大学時代の坂東拓選手

『京都ハンナリーズ』にはシーズン途中での加入となりましたが、32試合に出場(先発出場は25試合)し、278得点(1試合平均8.7得点)を記録しており、2017-2018年シーズンも40試合以上に出場していました。

このようにバスケでは輝かしい成績を残していたものの、知人女性の財布から現金を盗んだことで逮捕され、それも同様の被害に遭っている方が他にもいるようで、常習犯の可能性もあることから、現時点での報道を見る限りでは、解雇が妥当なのではないかと思いますね…。

『京都ハンナリーズ』では先日、インドネシア・ジャカルタで開催中のアジア大会の代表メンバーに選出された永吉佑也選手(27)が、現地女性にお金を払って性的な行為をするという買春が発覚し、これによって今後1年間の公式試合への出場権剥奪処分を受け、さらにチームからは社会奉仕活動への無期限従事、出場停止期間中の減俸(B1リーグ最低年俸の300万円を日割りした金額)という処分を発表しました。

こうした問題が発生している中で、坂東拓容疑者は窃盗事件を起こしてしまっており、お金に困っていたのか、もともと手癖が悪かったのかは定かではありませんが、残念の一言ですね。

『Bリーグ』は2016年に開幕し、正にこれからといった時に不祥事が相次ぎ、プロバスケ全体のイメージがかなり悪化してしまっているのですが、果たして今後も選手たちによるトラブルは続くのでしょうか…。

参照元
  • https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180831000016
  • https://www.sankei.com/west/news/180831/wst1808310014-n1.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について