ワンピース89巻で作者・尾田栄一郎が問題発言し炎上、横井庄一をネタにイジり批判殺到…単行本の表紙カバーコメントが物議

ワンピース(ONE PIECE)

人気漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の作者・尾田栄一郎さん(おだ・えいいちろう 43歳)が、4日発売の最新コミックス『ワンピース 第89巻』の表紙カバーで問題発言をしているとして批判が殺到し、一部で炎上状態になっています。

コミックスの表紙カバーには、作者の肖像画などと共にちょっとしたコメントが書かれているというのが定番となっていますが、『ワンピース 第89巻』の肖像部分には、無精ヒゲ姿の男性が敬礼している画と共に、食事の際のある出来事を紹介しています。

その内容に対して批判が殺到する事態となっているのですが、尾田栄一郎さんは表紙カバーで、「みんなでごはん食べる時、最後に1つ大皿にぽつんと残ってる唐揚げとかあるよね。あいつに名前を付ける事にしました。横井軍曹と。『横井軍曹残ってるよ!誰か戦争終わらせて!』的な。分からないちびっ子は調べてね。」と記しています。

<↓の画像が、『ワンピース 第89巻』表紙カバー掲載の肖像とコメントの写真>
尾田栄一郎の見開き表紙カバーの炎上コメント

このように尾田栄一郎さんがネタにしている「横井軍曹」というのは、1997年に亡くなった元陸軍軍曹・横井庄一さん(享年82)のことを言っているとみられ、横井さんは第二次世界大戦(太平洋戦争)の終結から約28年後の1972年1月に、派遣先のグアム島で発見された残留日本兵であり、それまで30年近くにわたってジャングルに潜伏していました。

<↓の画像が、28年ぶりに帰還した当時の横井庄一さんの写真>
横井庄一

横井庄一さんは命を捨てるつもりでグアム島へと向かい、「生きて本土へは戻らぬ決意」を持っていたことから、帰国後の会見では「恥ずかしながら生きながらえておりましたけど。」と発言し、その後この発言から「恥ずかしながら帰って参りました」という言葉が流行語となりました。

尾田栄一郎さんはそんな横井庄一さんをネタにしたようで、みんなが気を遣って手を付けずに大皿にポツンと残された唐揚げ(食べ物)を「横井軍曹」と称し、誰かが早く食べて片すという意味で、「横井軍曹残ってるよ!誰か戦争終わらせて!」などと使うという使用例まで述べているのですが、これが『ワンピース』の読者の間で物議を醸す事態になっており、アマゾンのレビューを見てみると、

  • 失望 故人をいじって笑いに取ることは実に不愉快
  • いい大人がこんな事を書いてて、恥ずかしくないのか?
  • なんて言うか悲しくなった もう買わないと言うか読まない ジャンプも買うのやめる
  • 横井さんを馬鹿にしたような見開きは頂けないよ。大人として恥ずかしくないのかね?お金が腐るほど有り余って少しマヒしてきたのかな?架空の世界を描く前に、少し日本の歴史勉強した方が良い。
  • これは笑えないですね…悲しくなります。今までさんざん仲間や正義、弱者に対する優しさといった事をテーマに扱ってきた作品のはずなのに、なんでこんなコメントが出てくるんでしょうか。これまでの作品全てが陳腐なものに見えてしまいます。
  • 戦争で、終戦後28年もの間一人で戦い続けた人に対するコメントじゃない。28年もの間、孤独と死への恐怖に耐え戦い続けた人に対して、“ぽつんと残ってる からあげ”と同じに例えるってどういうこと?ワンピース凄い好きだったのに一気に読む気無くなった
  • ワンピースというマンガは、戦争が終わったことを知らず28年間もジャングルで過ごした人をばかにするようなマンガだっただろうか。お国のためにと教育を受け、青春の大部分を戦争に費やしてしまった人を、お皿の上の残った唐揚げとは…。この作者コメントを読んで横井さんを知らない大勢の子供達が『横井軍曹ww横井軍曹っw』と大笑いするようになるのが、作者の希望なのでしょうか。回収とまでは言いません。ただ第2版からはこの作者コメントを変更してほしい。ワンピースはこれから何十年と発行されるマンガだろうからこそ、この89巻の作者コメントに関しては早急に対応していただきたいと思います。

などといった批判コメントが殺到しており、レビュー欄は炎上状態となっています。

また、ネット上でも尾田栄一郎さんのコメントコメントが物議を醸しており、批判的な声が圧倒的多数となっているのですが、コメントに綴った内容だけでなく、肖像画は横井庄一さんではなく、同じく残留日本兵の小野田寛郎さん(享年91)なのではないかと指摘する声が上がっており、それによってさらにバッシングを浴びる事態となっています。

<↓の画像が、終戦から29年後の1974年にフィリピン・ルバング島から帰還した小野田寛郎さんの写真>
小野田寛郎

<↓の画像は、尾田栄一郎さんが描いた肖像画>
尾田栄一郎の肖像画

尾田栄一郎さんなりのブラックジョークで、分かる人には分かるネタとしてちょっとした気持ちで書いたのだろうと思いますが、身内でネタにする程度ならば別に問題は無いものの、何万部と売れるような人気コミックの表紙カバーで、容易に特定できる故人をネタにするのはアウトでしょうね…。

アマゾンのコメント欄で指摘している方もいますが、第2版からはコメントを差し替えるなどの対応を取った方が良いとみられ、作品にも悪影響を与えかねないことから、早急に対処してほしいなと思います。

参照元
  • https://www.amazon.co.jp/ONE-PIECE-89-ジャンプコミックス-栄一郎/product-reviews/4088814967/ref=cm_cr_dp_d_show_all_btm
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について