ファーストサマーウイカがファンと裁判沙汰も勝訴、主演ドラマへの影響回避? 名誉毀損訴訟でイメージ悪化も…

事件・事故・トラブル
  • 2

ファーストサマーウイカ

2日スタートのドラマ『私のエレガンス』(BSテレ東 土曜21時)で連ドラ初主演し、主題歌も担当しているマルチタレント・ファーストサマーウイカさん(本名=堂島初夏 31歳)が、ファンの女性・A子さんから名誉毀損で訴えられていた民事裁判で、東京地方裁判所が請求を棄却する判決を言い渡し、ウイカさんが勝訴となりました。

ファーストサマーウイカさんと女性ファンがトラブルとなり、裁判に発展していることは昨年2月に週刊誌『フラッシュ』がスクープしました。

トラブルの経緯については、ファーストサマーウイカさんのファンだった女性・A子さんになりすましたツイッターアカウントが2019年に作成されて以降、そのアカウントがウイカさんを誹謗中傷する投稿を連発していたといいます。

それを発見したファーストサマーウイカさんは、A子さん本人が誹謗中傷をしていると判断し、自身のインスタグラム上で、誹謗中傷やファンに嫌がらせをする女性がいる」「お顔も身元も証拠すべておさえまして、それなりの対応させて頂いておりますといった警告文を投稿しました。

<↓の画像が、ファーストサマーウイカさんのインスタグラム・ストーリーズ投稿の写真>
ファーストサマーウイカがファンを誹謗中傷するインスタストーリー写真

また、ライブイベント終了後の撮影会でファーストサマーウイカさんが、列に並んでいたA子さんに向かって大声でツイッターアカウント名を叫んだり、写真撮影をする際にはA子さんを威嚇するように中指を立てるポーズをしたといいます。

<↓の画像が、写真撮影会でのファーストサマーウイカさんとA子さんの写真>
中指立てたファーストサマーウイカと裁判起こしたファンの2ショット写真

A子さんはその後、ファーストサマーウイカさんが当時所属していたアイドルグループ『BILLIE IDLE®(ビリーアイドル)』の運営に無実を訴えるも聞き入れてもらえず、最終的にはイベントへの出入り禁止が言い渡されたそうです。

運営の対応やファーストサマーウイカさんの言動に大きなショックを受けたA子さんは、精神的苦痛を受けたとして、慰謝料200万円の支払いを求めて民事訴訟を起こし、フラッシュの取材に対してウイカさんを提訴した理由については、「私は犯人扱いされ、SNSで誤解を広められました。それは、『もうあの人(ウイカ)のことは忘れて、気にせず生きていこう』と思える限度を超える出来事でした。だから、訴訟を起こしたんです。本心で言えば、ウイカさんにきちんと謝罪してほしい。そして、私が濡れ衣を着せられた事件の真犯人は誰なのか、真相を知りたいと思っています」と語っていました。

この報道から1年以上が経ち、東京地方裁判所はA子さんの請求を棄却する判決を下し、請求を棄却した理由については、1つ目の争点となっていたライブへの出禁対応について、これは運営サイドが行ったものであり、ファーストサマーウイカさんを相手取った請求には「理由が無い」としています。

2つ目の争点のインスタグラムへの警告文に関しては、ファン等の間ではA子さんに向けた文章だと噂になっていたものの、「明示的にも黙示的にもA子さんが誹謗中傷を行っているとの事実を摘示したものではない」とし、SNS投稿もA子さんの名誉を毀損するものではないとの判断から、「いずれも理由がない」として請求を棄却しています。

この判決に対して『東京スポーツ』(東スポ)の記事では芸能プロダクション関係者が、「ドラマが始まったばかり。裁判の結果次第で、視聴率に影響が出る可能性もあり、制作側はけっこうヒヤヒヤしていた」と語っています。

ファーストサマーウイカさん主演ドラマ『私のエレガンス』予告映像

テレビ局関係者も、「歯に衣着せぬ物言いで知られるキャラクターなので、敗訴なら、もしかしたらキャラ変しなければならなかったかも。せっかく築き上げたキャラを失うことは免れた」と、裁判で勝訴したことにより致命的なダメージは避けられたとしています。

そして、この判決などに対してネット上で

  • 有名人はファンネル飛ばして、間違ってたらファンネルのせいにすればいいんだから、無敵だよな
  • また出てきてたのは裁判終わったからなのか。笑いわかってます系女性タレントいらない
  • 訴えた人もタレント側じゃなくて、なりすました奴を訴えれば勝てたかもしれないのにな
  • 芸能人や有名人のファンネルを悪用した一般人へのネットリンチを無罪とか、日本の法律は狂っている
  • 片方の主張が週刊誌に掲載されていたけど、やはり事実とは異なる一方的なものだったんだな。情報の精査は慎重にしないと。
  • なんで訴えようと思ったのか疑問が尽きないレベルの無理筋の提訴やな
  • 裁判に勝ったところで落ちたもんは戻らないよ。もう賞味期限切れもあるが。
  • ウイカの席にはもうヒコロヒーが座ってる
  • この女性は問題行動を本当にしていないのならば、出禁にした事務局を訴えるべきだね。
    まあ事務局側も証拠をもって判断しているんだろうし、複数人の証人を集めることもできるんだろうけどね。
    それに成り済ましで名誉を傷つけられたのならば、成り済ましをやった人を調べて訴えるべきだろ。まあ、それが本当に成りすましならばだけどね。

などの声が上がっています。

ファーストサマーウイカさんを訴えたA子さんを巡っては、裁判に発展する前からファン等の間で様々な情報が飛び交っていました。

A子さん本人はファーストサマーウイカさんを誹謗中傷しておらず、自身のなりすましがやったものと主張していた一方、SNS投稿に対して他のファンからはA子さんの自作自演、A子さんには虚言癖があるとの指摘もありました。

実際のところはどうなのかは不明ながら、ファーストサマーウイカさんがライブでツイッターのアカウント名を叫んだり、インスタグラムのストーリーズで女性ファンに警告を行うも、個人名を書いて非難していたわけではなかったため、A子さんの請求を棄却というのは妥当な判決なのかもしれません。

そして、ファーストサマーウイカさんが勝訴したことにより、これまで築き上げたキャラの喪失は免れたと東スポは伝えていますが、ファンとの裁判トラブルが表沙汰になったことで大なり小なりダメージを受け、好感度に多少影響が及んでいるとの報道もあり、実際に以前と比べてメディア露出が減少しているようにも感じます。

ただ、テレビ番組への出演数減少は裁判による影響なのかは不明ながら、歯に衣着せぬ物言いを武器にしている女性タレントは他にも複数おり、かつての勢いを取り戻すのは容易ではないかもしれないですね。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4120961/
  • https://www.bengo4.com/c_18/n_14350/
  • https://www.bengo4.com/c_18/n_14348/
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    試合に勝っても勝負に負ける。プチ木下優樹菜のイメージは拭えない。

  2. 2
    匿名
    ID:MzQwMDYxMzU1

    裁判に勝っても鼻につく女に成り下がったウイカ
    次の文春の「女が嫌いな女」や週刊女性の「嫌いな女芸能人」等のアンケート企画にもランクインする

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!