ピエール瀧にコカイン売買仲介役・田坂真樹の初公判内容。妻が証拠隠滅依頼?しグル疑惑、怪しい行動が明らかに…

ピエール瀧

18日に懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決が下された電気グルーヴ・ピエール瀧さん(本名=瀧正則 52歳)に対して、コカイン約6グラムを譲渡したとして逮捕された元通訳業で、無職・田坂真樹被告(たさか・まき 48歳)の初公判が25日に行われ、検察側は懲役2年6ヶ月、追徴金14万円余りを求刑して即日結審し、28日に判決公判が行われることが決まりました。

<↓の画像が、田坂真樹被告の写真>
田坂真樹被告の初公判画像1枚目

起訴状によれば、田坂真樹被告は今年3月11日夜、横浜市内の自宅近くにあるコンビニ駐車場で、コカイン約6グラムを15万円で譲渡したとされており、田坂被告は起訴内容を認めています。

田坂真樹被告の初公判画像2枚目

田坂真樹被告とピエール瀧さんは、1993年や1998年ごろからクラブで知り合い、交友関係がスタートしたといい、お互いに結婚して子供が出来る14~15年前までは週2、3回飲んだり、旅行したりするほど親密な関係だったそうです。

田坂真樹被告の初公判画像3枚目

お互いに子供が誕生してからは月1回程度の連絡となったものの、7~8年前からピエール瀧さんに「外国人から荷物を受け取って欲しい」と頼まれ、薬物を受けるようになり、それから売人が3人ぐらい代わったとも述べています。

こうして外国人の売人を紹介され、コカインの代理購入をするようになった田坂真樹被告は、売人から「東京に行くけど、いりますか」などとコカイン入荷の連絡を受けると、ピエール瀧さんにそれを伝えて売買をしていたそうで、2011~2012年ごろからは数十回にわたって薬物の受け渡しを行っていたとしています。

田坂真樹被告の初公判画像5枚目

ピエール瀧さんが逮捕される6日前の3月6日も、売人から連絡を受けたことから通信アプリ『LINE』を使ってやり取りしており、田坂真樹被告が「今度飲み会があって店を探しているんだけど、来る?」とメッセージを送ると、ピエール瀧さんは「行く、行く。でも月曜じゃダメ?」と返信していました。

2人は隠語を使ったやり取りをしており、「飲み会」というのはコカインを指し、「コカインが手に入ったから買わないか」と誘う内容となっています。

田坂真樹被告の初公判画像4枚目

こうしたやり取りのあと、ピエール瀧さんは前払いでコカインの代金を田坂真樹被告の専用口座へ振り込み、3月11日にコンビニ駐車場で譲渡しました。

コカインの価格相場は10グラム15万円程度といい、今年1月には21万5000円、2月と3月にそれぞれ15万円が入金されているのが確認されています。

田坂真樹被告は売人から指定された金額をピエール瀧さんに伝え、そのお金をそのまま売人に支払っており、仲介手数料として報酬は得ていなかったといい、長年にわたって薬物売買の仲介役を務めた理由については、「瀧さんのような有名人と仲が良いことに優越感があった。ライブのチケットなどもとってもらいたかった。ミーハーな部分があったと思う。一緒に遊んでいた当時よりも有名になって、誰もが知っている芸能人の頼み事を聞いてあげていると思っていた」などと述べています。

田坂真樹被告の初公判画像6枚目

さらに、田坂真樹被告の初公判ではピエール瀧さんの妻とのやり取りも明らかにされており、妻も証拠隠滅を依頼するなどグルだった疑惑が浮上しています。

検察が田坂真樹被告や夫に行った事情聴取などから、ピエール瀧さんが逮捕翌日の3月13日に、ピエール瀧さんの妻から呼び出されたことが明らかになっており、電話で呼び出された場所は自宅ではなく、ピエール瀧さんが薬物を使用していたマンションだったそうです。

田坂真樹被告はピエール瀧さんの妻から「捨てなきゃいけないものがある」と言われ、白いコンビニ袋に入った“何か”を捨てるよう頼まれたといい、田坂被告は夫ともに車でマンションへ行き、その袋を持ち帰って捨てたとのことです。

検察側は被告人質問で何度も「コカインではないのか?」と質問しましたが、「中身は見ていませんでしたが、薬物かもしれないと思いました。(ピエール瀧さんが逮捕されて)怖かったです。これからどうなってしまうのかと思いました」などと答えていました。

そんな田坂真樹被告に対して検察側は「2011年から譲渡を繰り返し、常習的で悪質。再犯の可能性もある」と指摘し、懲役2年6ヶ月を求刑、一方の弁護側は「瀧被告に利用されたに過ぎない」として執行猶予付き判決を求めており、田坂被告本人も最終弁論で、涙ながらに「もう二度と、このような犯罪行為に関わりません」と述べていたものの、周囲に迷惑ががかりそうなことについては言葉を濁していました。

田坂真樹被告の初公判画像7枚目

なお、ピエール瀧さんは田坂真樹被告の連絡先を消去したことを明かし、「今後連絡を取ろうとは思わない」と関係断絶を誓っています。

そして、田坂真樹被告の初公判などに対してネット上では、

  • なんか手際いいな、妻はやってないのか?
  • それが事実なら、ピエールの嫁も尿検査をすれば良いのでは?
  • あらぁ~やっぱりねぇ。年数考えてら、知ってるよね。こりゃ、再犯大やな
  • これは…奥さんも手を染めてそうな…だとしたらまたやらかしそう…
  • これは夫婦でラリラリ逮捕も有り得る?お子さんにも伝播しそうですね。
  • 知らないってのは無理があるんだよね、多分。勘付かない妻が居たら逆に不思議かもしれない。
  • 嫁が知らなかったは無理あるでしょ。話し方や表情でも気付くだろうし。
    娘さんいるんだから、嫁さんもやってたっていうのだけはやめてあげてほしい。
  • 自分が直接取引すると目立つから間に入れたって事でしょう。
    嫁も認識してあるいは夫婦共に使用したのか?本当に執行猶予が必要だったのか疑問。
  • 嫁も証拠隠滅に積極的に加担していたが、アホ裁判所は瀧に執行猶予をつけて、年末ライブで復帰のお膳立てをした。

などのコメントが寄せられています。

ピエール瀧さんは2005年に奥さんとできちゃった結婚し、同4月に長女(14)が誕生しているのですが、ピエール瀧さんは20代のころから薬物使用していたことを認めており、15年以上そばにいたわけですから、奥さんも違法薬物の使用をうすうす気付いていたとしても不思議ではありません。

もし、長年にわたって見て見ぬふりをしていたのであれば問題ですし、奥さんも使用したことがあったとすればさらに大きな問題ですが、田坂真樹被告がピエール瀧さんのマンションから一体何を捨てたのか、違法薬物関連のものだったのかは明らかになっていません。

そのため、ピエール瀧さんの妻もグルだった、証拠隠滅の依頼をしたとは言い切れないですが、ピエール瀧さんの逮捕後に怪しい動きがあったのは間違いなく、果たして今後も薬物依存の治療を受け、薬物からの脱却を図れるのかちょっと心配になりますね…。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1447023/
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1446993/
  • https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/25/0012458576.shtml
  • https://smart-flash.jp/showbiz/73359
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について