ノンスタイル石田明が妻と別居し離婚危機? 意味深ブログの真相が物議、イクメンで評価上昇も批判殺到で炎上…

ノンスタイル石田明

“イクメン”ぶりで好感度が上昇しているお笑いコンビ『NON STYLE(ノンスタイル)』のボケ担当・石田明さん(40)がブログで、妻・あゆみさんとの別居・離婚を想像させるような意味深な文章を綴っていたことで物議を醸しており、ネット上では炎上状態になっています。

ノンスタイル石田明さんは2012年に、行きつけの居酒屋店員だった12歳年下の一般女性・あゆみさんとの交際をスタートさせ、同年10月に結婚、結婚から約5年後の2017年8月に双子の長女と次女が誕生、今年2月には第3子となる三女が無事誕生したことをブログで発表しました。

そのブログでは頻繁に家族とのプライベートでの様子、イクメンぶりを披露しており、これによってノンスタイル石田明さんは芸人としてだけでなく、家族思いの良い父親としても評価がうなぎのぼり状態となり、昨年10月には『イクメン オブ ザ イヤー2019』の「知育メン部門」を受賞するなどしています。

<↓の画像は、ノンスタイル石田明さんファミリーの写真>
ノンスタイル石田明と妻や子供たちの写真

そんなノンスタイル石田明さんが5月31日にブログへ投稿した記事は、【寂しい朝】とのタイトルで、「あまりの静けさに目が覚めた。」と書き出し、朝起きると妻や子供の姿はなく、「誰もいない。そうだ。みんないないんだ。寂しい。ただただ寂しい。」と意味深に綴っていました。

<↓の画像は、ノンスタイル石田明さんの5月31日投稿のブログ記事冒頭の写真>
ノンスタイル石田明がブログで離婚匂わせ?意味深内容の記事写真
5月31投稿のブログ記事ページはこちら

続いて6月1日に投稿した記事は【協議の結果、別々の道を】という離婚を想像させるタイトルで、「協議の結果、僕たち夫婦は別々の道を歩むことになりました。」と書き出し、結婚式で撮影した2ショット写真を掲載するとともに、「なにかトラブルがあった訳でもなく、とても円満です。僕たち夫婦らしく話し合い、ヘラヘラと話しあいこういう結論に至りました。」として、妻・あゆみさんがアメブロでブログをスタートさせたことを発表しました。

ちなみに、昨年ごろから様々な芸能人の妻や夫がアメブロでブログを開設しており、はんにゃ・川島章良さんの妻・川島菜月さん、エハラマサヒロさんの妻・江原千鶴さん、ウーマンラッシュアワー・中川パラダイスさんの妻・中川和代さん、デンジャラス・ノッチさんの妻・佐藤友美さん、トレンディエンジェル・斎藤司さんの妻・しゃんさん、パンサー・尾形貴弘さんの妻・尾形あいさん、キンタロー。さんの夫、小林麻耶さんの夫・あきら。さん、上原さくらさんの夫などがブログをスタートさせています。

ノンスタイル石田明さんは続けて、「ん?離婚や思いました?書き方が悪い?結婚した時の写真とか使いやがって?顔を隠すスタンプもハートから星にまでしやがって?昨日のブログもわざわざ意味深にしやがって?すんません!すべて確信犯です!!少しでも嫁さんのブログに興味持ってもらえたらなーと釣ってしまいました。すんません!!」と釈明しています。

<↓の画像は、ノンスタイル石田明さんの6月1日投稿のブログ記事冒頭の写真>
ノンスタイル石田明の意味深ブログ、離婚想起の内容で炎上投稿
6月1日投稿のブログ記事ページはこちら

しかし、離婚などを思わせる意味深な記事を投稿したことでネット上では物議を醸しており、

  • 正直腹が立つ
  • こういうのは嫌い
  • 心配を煽るのは味方を減らす
  • 人を騙すような書き方は面白くもないし不愉快
  • こうゆうことすると好感度下がるよね。ノンスタイルのまともな方という立ち位置も危うくなったね。残念。
  • もう少し賢い人だと思ってたけど、誰かにのせられた?面白くもないし、ブログのスタートにしてもケチがついた感じ。
  • このやり方嫌ですね。ビックリさせたい為だけに、これは不愉快でしかないです。
    普通に見たら、離婚!!って思いますよね。少なくとも離婚してる方からしたら、ムカつきますよね。
    仲がいいならこんな事しないままのが好感まだありますよ。
  • 石田さんにしてはすべっちゃいましたね。面白くないよ。ゆずも似たようなすべり方を前にしていたけど。
  • 人を引き付けるためのタイトルはわかる。ただ、不安をあおるタイトルで、実際ちがうよ~~ん。的な書き方は、どうなのか。
    しかも「離婚」「解散」なんて重要なことならなおさら。期待を持たせるタイトルで、その期待を超えるような内容ならみんな幸せなのに。
  • 思わせぶりのタイトルは読者を引かせるということぐらい、プロの芸人さんならわかると思ってたのですが…
    ましてや石田さん、毎年『M-1グランプリ』の批評をする人がね。ちょっと引きました
  • こうゆう書き方すれば見てもらえると思ったんでしょ。。最低ですね。なんか悲しくなりました。
    ファンでしたが、やはり人は中身が1番だと思う。もう見ません。すみません
  • エイプリルフールとかでもあるけど、ネガティブな事を匂わせて、ウソでしたとかをやる人
    本人達は面白いと思ってるんだろうけど、それに加えて相手の反応を楽しみたい、自分の事をどう思っているのか確かめたいとか思ってるんだろうけど、こっち側としたらただ萎える
    心配させて気を惹く感じ、芸能人が一番やっちゃいけない事だと個人的には思ってます。ちょっとこれは、嫌な気分になりますね

などと批判の声が噴出しており、炎上状態になっています。

ノンスタイル石田明さんのように、ファンを心配させるような意味深なことを綴っておきながら、実際は何かの宣伝だったというオチはよく目にしますが、こうした行為は反感を買いやすく度々炎上しているだけに、イメージが良く好感度が高い石田さんはやるべきではなかったと思います。

昨年7月には、TBSの安住紳一郎アナウンサーがレギュラー番組『ぴったんこカン・カン』で、「大切なお知らせ」をすると新聞のテレビ欄などで予告し、ついに結婚?フリー転身?などと様々な憶測が飛び交ったものの、番組ラストに発表されたのは「TBSの東京五輪番組で総合司会を務める」というものだったため、視聴者等からは批判の声が噴出し炎上状態になっていました。

また、2018年にはフォークデュオ『ゆず』が公式サイトなどで、「今後の活動について重要なお知らせがあります」と予告した上で、AbemaTVにて緊急特番を生放送し、これに対してファン等の間では解散?といった憶測が飛び交いましたが、発表された内容は弾き語りドームツアーの開催でした。

これに対して安堵の声が上がった一方で怒りの声も多く、ゆずのイメージが一気に悪化する事態になっていました。

こうした行為によって、これまで築き上げてきた良いイメージなどは一瞬で崩壊し、好感度が急落するリスクもあることから、下手に不安を煽る行為はしない方が賢明で、ノンスタイル石田明さんも今後は注意した方がいいかもしれないですね。

参照元
  • https://ameblo.jp/nonstyleishida/entry-12601017913.html
  • https://ameblo.jp/nonstyleishida/entry-12600769570.html
  • https://www.news-postseven.com/archives/20191213_1508460.html
  • https://ie-men.jp/babykids/ikuji/1023
  • https://tablo.jp/archives/14191/4
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4ODY5MDYx

    嫌いになった

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyMzQ5OTQy

    これはムカつく
    調子に乗ってるわ

  3. 3
    匿名
    ID:MzY4MDc3MTEz

    こんな事で騒ぐほどの事ではない。狭量すぎる。芸能人と己を混同し過ぎてなんでもかんでも自分の物差しだけで他人を攻撃しすぎ。

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4NjgwNzc3

    叩く必要あった?お笑いなんだから、笑わせたかっただけじゃ?コロナだし

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について