デニス・テン選手が急死。強盗に刺殺されフィギュアスケート仲間に衝撃。浅田真央、高橋大輔、織田信成らが死を悼む

デニス・テン選手

朝鮮系カザフスタン人(高麗人)でフィギュアスケート男子のデニス・テン選手(25)が19日、生まれ故郷であるカザフスタンの都市・アルマトイで強盗に襲われ、刺殺されたことが明らかとなり、フィギュアスケート仲間やファンらに大きな衝撃を与えています。

地元メディアの報道などによると、事件の発生時刻は現地時間19日15時ごろ(日本時間18時)で、デニス・テン選手は自身の車からサイドミラーを盗もうとした男2人組と口論になり、次第に口論の激しさが増すと、男が所持するナイフでテン選手の右大腿部(太もも)などを刺したといいます。

現場を通り掛かった人が直ちに救急車を呼び、アルマトイ中央病院の救急センターに運び込まれたのですが、デニス・テン選手はすでに3リットルもの出血をしており、緊急手術を受けたものの助からず、搬送から約3時間後に死亡が確認されたとのことです。

地元警察は現在、犯人の行方を追っているそうですが、すでに容疑者を特定しているという報道も出ています。

<↓の画像は、デニス・テン選手の車の写真>
強盗がミラーを盗んだデニス・テンの愛車(全体)

強盗がミラーを盗んだデニス・テンの愛車(後ろ)

強盗がミラーを盗んだデニス・テンの愛車(ミラーアップと血痕?)

強盗がサイドミラー・鏡面部分を盗んだデニス・テンの愛車

デニス・テン選手は5歳の頃からスケートを始め、2009年の世界ジュニア選手権で4位、2011年のアジア冬季競技大会で1位、2013年の世界選手権で3位、2014年のソチ五輪は3位、2015年の四大陸選手権で1位、世界選手権では3位といった好成績を残しており、フィギュアスケートではカザフスタンの選手として初のメダル獲得という快挙を成し遂げ、今年の平昌五輪にも出場し、今シーズンは、ロシア・モスクワで11月に開催のロシア杯にエントリーしていました。

<↓の画像は、ソチ五輪でメダルを獲得したデニス・テン選手らの写真>
ソチ五輪男子フィギュアスケートメダリストのパトリック・チャン、羽生結弦、デニス・テン
(左からパトリック・チャン選手、羽生結弦選手、デニス・テン選手)

そんなデニス・テン選手は日本のアイスショーなどにも出演し、今年6月にはカザフスタンで恒例となっているアイスショー『デニス・テン&フレンズショー』を開催し、日本からはプロフィギュアスケーターの織田信成さんが参加しており、2014年には高橋大輔選手、浅田真央さんが参加するなどしていました。

このように日本の選手等とも交流があった選手だけに、今回の事件は非常に大きな衝撃を与えており、6月開催のアイスショーに出演し、デニス・テン選手の誕生日を祝福した織田信成さんは自身のツイッターを更新し、「デニスのアイスショー本当に素晴らしかった。デニスもすごく満足してて喜んで、またこのメンバーでしようね!って話してたのに…本当に本当に信じられへんし悲しいし悔しい。。心よりご冥福をお祈り致します」とツイートしています。

<↓の画像は、織田信成さんの投稿写真>
織田信成がデニス・テン選手の訃報を受け追悼

また、デニス・テン選手と同じくタチアナ・タラソワコーチから指導を受けていた浅田真央さんはインスタグラムを更新し、「なぜ、どうして、信じられません、信じたくありません。大切な仲間の命が奪われたなんて、辛いです、悲しいです。日本のショーに来てくれたり、カザフスタンのショーに呼んでくれたり、カナダやロシアで一緒に練習やテニスやバーベキューをしたりしました。とても優しくて、面白くて、いつも一生懸命な人でした。心よりご冥福をお祈り致します。」と綴り、テン選手とのツーショット写真を公開しています。

<↓の画像が、浅田真央さんの投稿写真>
デニス・テン選手の訃報受け浅田舞がインスタグラムで追悼

小塚崇彦さんもインスタグラムを更新し、「この前LINEしたばっかじゃん…ショー呼んでくれて…ブレード届くの楽しみにしてるって…デニス嘘だろ?? ちょっと気持ちの整理がつかない。。」と悲痛な思いを綴り、デニス・テン選手とのライン上でのやり取りを公開しています。

<↓の画像は、小塚崇彦さんの投稿写真>
小塚崇彦がデニス・テン選手の訃報を受けインスタグラムで追悼

高橋大輔さんもインスタグラムで、「デニス…本当言葉が見つからない。誰にでも優しかった人がどうして。まだまだこれからだったのに。信じられない。」と綴り、突然の訃報を受け止めきれていない様子です。

ちなみに、高橋大輔選手が7月1日に現役復帰を発表した際に、デニス・テン選手は自身のインスタグラムを更新し、高橋選手との写真や動画を公開し、「Welcome back, DT!」と綴っていました。

<↓の画像は、高橋大輔選手の投稿写真>
高橋大輔がデニス・テン選手の訃報を受けインスタグラムで追悼

村上佳菜子さんはツイッターを更新し、「デニス…やだやだ!信じられない!嘘って言って…!!お願いだから、大事な仲間を奪わないで!!!!!!!デニス戻ってきて…っ!」「 miss you Denis. 時間が経つほど悔しさと悲しさがループしてしまう…SNSを見ていて本当に沢山の方に愛されている方だと改めて思いました。華麗で逞しく繊細で美しい滑りはファンの方や私達スケーターの心にずっと大切に残り続けます。ご冥福をお祈り致します。」とツイートしています。

<↓の画像は、村上佳菜子さんの投稿写真>
村上佳菜子、デニス・テン選手の訃報を受けツイート1枚目

村上佳菜子、デニス・テン選手の訃報を受けツイート2枚目

鈴木明子さんもツイッター上で、「信じたくない。悲しい。悔しい。デニス…ご冥福をお祈りいたします。」と綴っています。

<↓の画像は、鈴木明子さんの投稿写真>
鈴木明子がデニス・テン選手の訃報を受け追悼

荒川静香さんもツイッターを更新し、「何かの間違いではないか…信じられない信じたくない突然の訃報に心が痛みます…思い浮かんでくるのは彼の明るく優しい笑顔ばかりで…いつもいつの間にか写真を撮ってくれていて送ってくれて…本当に信じられない…悲しい…心よりご冥福をお祈り致します」と綴っています。

<↓の画像は、荒川静香さんの投稿写真>
荒川静香がデニス・テン選手の訃報を受け追悼

村主章枝さんも、「素晴らしいスケーター、デニスを失ったなんて、信じられない。@Tenis_Den トロントで一緒に練習をし、時にはスケートのことを語り、楽しい時間を氷の上で過ごし、沢山のことを学ばせてもらいました。御冥福をお祈りいたします」と綴っています。

<↓の画像は、村主章枝さんの投稿写真>
村主章枝がデニス・テン選手の訃報を受け追悼

ジュニア時代からのライバルだった無良崇人さんは、「突然すぎる訃報に。。本当になんと言って良いかわからない。。悲しすぎる。。デニスはジュニア時代から一緒に試合をしてましたし、シニアに上がってからもずっと声かけてくれたり。。本当に心優しい紳士でした。心から御冥福をお祈りします。。」と悲痛な思いを綴っています。

<↓の画像は、無良崇人さんの投稿写真>
無良崇人がデニス・テン選手の訃報を受け追悼

安藤美姫さんもツイッターを更新し、「信じられない…信じたくない… 辛い…」「気持ちの整理ができない…できるわけない…受け入れられない… 何ができるわけでもない…想う事しかできないんだ…」と、大きなショックを受けていることを明かしています。

<↓の画像は、安藤美姫さんの投稿写真>
安藤美姫がデニス・テン選手の訃報を受けツイッターで追悼1枚目

安藤美姫がデニス・テン選手の訃報を受けツイッターで追悼2枚目

この他にも世界各国の選手たちがデニス・テン選手の突然の死を悼んでおり、ネット上でもデニス・テン選手の刺殺事件に対して、

  • カザフの英雄が刺殺とは衝撃的すぎる。これだけの活躍をし映像もたくさん残っているし、知人では無いのに非常に悲しい
  • まだまだこれからの可能性があったろうに……残念極まりねぇな。25になったばっかじゃんよ。足をやられて血が止まらずにって、それ…相当キツかったろうな。犯人はホント許せねぇな。同じ目に遭わせないと気が済まねぇもんがあるよ。
  • 物は取られても買えるんだよ?命は取られたら戻ってこないんだよ?抵抗しないで欲しかった…。
  • 心臓を一突きではないから、しばらくは意識があっただろう。脚に激痛を感じた時、おそらく真っ先にスケートに影響がでてしまう。治すのに時間がかかってしまうって思っただろう。まさか死に至るなんて。すぐに犯人を捕まえて欲しい!
  • あまりにショックで…信じられない。なぜ素晴らしい選手が殺人なんかで死ななければならないのか?店を出るのがもう少し遅かったら、ミラー盗まれた後で被害届けだけで済んだかも知れない。美しい滑りとかわいい端正な顔立ちでこれからも楽しみにしていたスケーターでした。25歳という若さで才能あるのにもったいないです。

などのコメントが寄せられています。

デニス・テン選手は刺される前日の18日までインスタグラムを更新しており、まさかこのような事件に巻き込まれるなんてことは思いもせず、もしも強盗犯と遭遇していなかったら、もう少し傷が浅く出血も多くなければ助かっていた可能性はあったことから、悔しく残念な気持ちでいっぱいになります。

デニス・テン選手は今年2月開催の平昌五輪では、ケガの影響もあってショートプログラム27位という結果に終わってしまい、フリーに進むことはできなかったのですが、その後もアイスショーなどを開催し、今シーズンもすでにグランプリシリーズの第5戦・ロシア杯にエントリーしており、恐らく今シーズンは平昌五輪の雪辱を晴らそうと考えていたのではないかと思います。

しかし、25歳の誕生日を迎えてからわずか1ヶ月に刺され、そのまま息を引き取るという最悪の事件が発生してしまい、他の選手らも動揺を隠せない様子なので今後の影響も心配になりますね…。

こんな事件が起こるとは誰も予想せず、本人もまさかこうした事件に巻き込まれ、命を落とすことになるとは思いもしなかったでしょうし、悔しい気持ちでいっぱいかと思うのですが、これからゆっくりと休んでほしいと思います。

デニス・テン選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4OTEwNTQy

    スケート仲間が一斉に悲しんでいます。同国籍のトゥルシンバエワも、きっと憔悴してるに違いありません。デニスの穴を埋められる選手は幾らでもいるでしょう。
    それでも、新たなシーズンを楽しみにしたいです(;´д⊂)

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について