ジャスティン・ビーバーの世界ツアー中止理由は? 来日公演もキャンセル確定? 中国は素行不良問題視し公演禁止に

ジャスティン・ビーバー

日本でも高い人気を誇り、現在は『ソフトバンク』のCMに出演しているカナダ出身の歌手・ジャスティン・ビーバーさん(23)が24日、今後開催予定の日本公演を含めた全ての公演を突如中止すると発表し、現在大きな騒動に発展しています。

ジャスティン・ビーバーさんは2015年11月にアルバム『Purpose』をリリースし、昨年3月から世界ツアー『Purpose World Tour』をスタートさせており、7月29日からは北米ツアー(全9公演)、9月からは昨年8月以来2度目の日本公演を含むアジアツアー(全5公演)を開催する予定でした。

9月23・24日には東京・味の素スタジアムにて、2日間合計で10万人を動員予定という来日公演史上、最大規模という野外スタジアム公演の開催を予定し、予定枚数のチケットはすでに売り切れ、7月3日から追加席の販売が行われていました。

そうした中で、ジャスティン・ビーバーさんの公式サイトが24日に更新され、残りの全公演が「不測の事態」を理由にキャンセルすることを突如発表しました。

サイト上の声明では、「ジャスティンはファンを愛し、ファンたちをがっかりさせることを残念に思っています。またこれまで18か月間におよぶツアーでの素晴らしい経験をファンに感謝し、6大陸にわたる150回の公演をツアーメンバーやスタッフと共にできたことを誇りに思っています。しかし、慎重な検討を重ねた結果、彼は今後の日程でパフォーマンスしないことを決断しました。チケットの料金は購入された場所で返金されます。」と説明しています。

<↓の画像が、公式サイト掲載のツアー中止発表>
ジャスティン・ビーバーの世界ツアー中止発表

そして、ジャスティン・ビーバーさんはアメリカの芸能サイト『TMZ.com』の直撃取材を受け、ツアーを中止して大丈夫なのか聞かれると「ああ、すべて大丈夫だ」と答え、もうツアーは十分ということか?という質問には、「2年やったんだ」「休んで、リラックスする。サイクリングでもするよ」と笑顔で回答しています。

また、ファンに対しては「愛してるよ。君らは最高だ。ガッカリしたり裏切られたと感じた人がいたら謝る。そんなつもりはないんだ。いい一日を」というメッセージを送っていました。

同サイトはさらに、ツアー関係者の話として「ジャスティンはもう、ツアーに飽きてしまった」と伝えています。

なお、今回の不測の事態を受けて、日本公演の招聘元である『ウドー音楽事務所』は、「現在詳細を確認中です。状況がわかり次第ウドーホームページ等で発表します。ご心配お掛け致しまして誠に申し訳ございません。」というコメントを発表しています。

<↓の画像は、ウドー音楽事務所のツイッター上でのコメント>
ジャスティン・ビーバーの世界ツアー中止発表、ウドー音楽事務所のコメント

これに対してネット上では、

  • 楽しみにしてたファンの気持ちは?お金も人気もある人は何やっても許されるのね、、、
  • 毎回同じようなセットリストで何回もライブをするのは飽きもあるでしょう。でもファンにとってはその中の1回がどれだけ貴重な体験になることか。プロならその辺はどうにか上手くやって欲しいですよね。
  • そりゃ18か月もツアーやれば飽きるわ
  • 無名時代はyoutubeに動画あげて聴いて聴いてしてたのにこの変貌ぶり。返金して済んだと思ってるだろうけど・・信用は取り返せないかもね。飽きたって調子乗りすぎでしょ。
  • ソフトバンクのCMも飽きたからもう止めて
  • こんなガキに振り回されてる大人は、情けないよね。今回のことで、CMに使っていた企業のイメージ悪くなるね!
  • “飽きた”が本当なら、エンターテイナーとしては終わりだよね

などのコメントが寄せられています。

ツアー中止を発表する前には、素行の悪さを問題視した中国当局が忠告での公演を禁止していることが判明しており、その理由については「ジャスティン・ビーバーは才能あるシンガーですが、物議を醸す外国の若いシンガーでもあります。中国市場の秩序を維持し、国内公演の環境を浄化するためには、素行の悪いエンターテイナーを受け入れることは不適切と判断しています」と説明しています。

しかし、「ジャスティン・ビーバーが大人として成長して自身の言動を引き続き改善し、民衆に愛されるシンガーになることを願っています」としており、言動が改善されれば中国公演が許可される可能性があるようです。

中国側は詳しい理由については明らかにしていないのですが、2014年に来日公演を行ったジャスティン・ビーバーさんが靖国神社を参拝したことや、2013年のツアーで中国を訪問した際に、ステージや街中で上半身裸になったり、万里の長城をボディガード2人に担がれて登るという行為で物議を醸していました。

<↓の画像は、万里の長城で撮影されたジャスティン・ビーバーさんの写真>
万里の長城で撮影されたジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバーさんはこの他にも様々なトラブルを起こし、2014年には飲酒運転、公務執行妨害、違法薬物の所持などでも逮捕されており、問題児としても有名だったのですが、ここ最近はそこまで大きな騒動は起こしていませんでした。

そうした中で突然の世界ツアー中止発表があり、その理由については、ただ単にツアーに飽きてしまったからだという話も出ており、これがもし本当だとすると今後多くのファンが離れていく可能性もありそうですね…。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について