ザブングルも謹慎処分。闇営業参加とギャラ受け取り認め活動休止。ナベプロが謝罪コメント発表。

ザブングル

大規模振り込め詐欺グループのパーティーに闇営業で参加し、ギャラを受け取っていたお笑いコンビ『ザブングル』の加藤歩さん(かとう・あゆむ 44歳)、松尾陽介さん(まつお・ようすけ 42歳)に謹慎処分が下されました。

24日には、同じくカラテカ・入江慎也さんに声を掛けられて振り込め詐欺グループのパーティーに出席、ギャラを受け取っていた『吉本興業』のお笑い芸人11人に謹慎処分が下されています。

ザブングルの所属事務所『ワタナベエンターテインメント』(通称:ナベプロ)は今回初めて、ザブングルの2人も2014年12月に行われたパーティーに出席していたこと、ギャラを受け取っていたことを認めた上で、当面の間、謹慎処分とすると発表しました。

<↓の画像が、2014年12月に闇営業でネタを披露したザブングルの写真>
闇営業参加のザブングル

闇営業問題は週刊誌『フライデー』や『フラッシュ』などに報じられているのですが、ナベプロがザブングルの2人にヒアリングをした結果、闇営業参加しギャラを受け取っていたことが判明したといい、「報道されているような金額ではありませんが、帰り際にご連絡頂いた先輩芸人より、直接金銭を受領したということも認められました。その会合が反社会的勢力の主催であったことの認識は当人たちには無かったとはいえ、コンプライアンス違反と社内にて重く受け止め、今回の処分に至った次第です」と謹慎処分を下した経緯を説明しています。

<↓の画像は、親しい関係にあったカラテカ入江慎也さん、ザブングル松尾陽介さんの写真>
カラテカ入江慎也とザブングル松尾陽介

続けて、「日頃から所属タレント及び、社員に対して、コンプライアンスの遵守を徹底してまいりましたが、このような処分に至り、それが不十分であったと責任を重く受け止めております。」とし、「この度は、関係各位、応援してくださっている皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。2度とこのような事態が起こらないよう、改めて、所属タレント、全社員にコンプライアンスの遵守、意識向上をより一層徹底させて参ります」と謝罪しています。

また、ザブングルの2人も謝罪コメントを発表しており、以下が全文となります。

【ザブングルの謝罪コメント】
この度は、いつもお世話になっております関係者の皆様、応援してくださっている皆様にご迷惑をおかけし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

お世話になっている他事務所の先輩の急なお誘いとはいえ、事務所に相談・報告することなく参加してしまった自身の確認不足、認識の甘さにより、このようなことになり本当に申し訳ございませんでした。

相手先が反社会勢力の団体と知らずとはいえ、そのような場に不用意に参加してしまいましたこと、深く反省しております。

二度とこのようなことのないようにいたします

この発表を受けてネット上では、

  • 世に出てないだけで、まだまだ芸能界叩けばいっぱいホコリは出る。
    申告しなくっていい金銭おこずかい稼ぎにちょうどいいんでしょうな。
  • これだけの芸人たちが誘われたからとか、無償でとかありえんでしょ?
    吉本興業も承知の上だったはず。芸能=興行=893は昔から繋がっていますからね。テレビ局も擁護するとボロがでますよ。
  • 芸能人の興業は昔からヤクザが絡んでいます。今に始まった事ではない。表向きには普通の会社だが、そういう会社はいくつかある。
    芸能人を処罰しても地方の興業会社、イベント会社もプロダクションは調べて手を切る事が出来るのでしょうか?そこはどうなの?と言いたい。
  • 謹慎でいいのか?脱税などの疑いも残ったままだ。入江氏の羽振りなどの報道からも他に闇営業があるのでは?
    他の芸人もしているのでは?という疑念も残ったまま。税務署調査を受け入れきちんと調査結果を発表し信用を取り戻すべき
  • 宮迫らは今相当、顔が青ざめてるでしょうね。真実が明らかになるのも時間の問題かと…。
    いままでの芸能生活の晴れ舞台、お疲れ様でした。
  • 良し悪しは別として、これが真相な気がする。先輩達から連絡を受けて断れなかったんだろうなあ。だからこそ先輩芸人達の罪は重い。
    宮迫達先輩は復帰出来るように言っているが、売れていない芸人達は復帰の道は無いのでは。
    断る勇気というが、難しいかも、声のかからなかった芸人さん、運が良かっただけかも

などのコメントが寄せられています。

これまでは各メディアもナベプロに忖度?し、ザブングルの名前だけは一切触れずに闇営業問題を報じていたのですが、ネット上に流出の動画や『フライデー』掲載の写真などから早々にザブングルも参加していたことがバレていました。

そのため、最初の報道が出た時点で謹慎処分を下すなど、早い対応を取るべきだったのではと思いますが、吉本興業の芸人たちがギャラを受け取っていないと主張をしていたことから、双方の間で話し合いを重ねた上で同じタイミングでの謹慎発表となったのでしょうかね。

ザブングルはしばらく低迷していたものの、ここ最近はザブングル加藤歩さんが『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系 土曜23時10分)では、道連れ芸と呼ばれる芸風で脚光を浴び、少しずつ仕事も増えている様子だったので、5年前の闇営業が仇となって仕事が無くなってしまったのは、自業自得ではあるものの本当に残念な話です。

ザブングルは今後いつ謹慎が解かれるのかは不明ですが、目先の金欲しさに反社会的勢力のパーティーに参加したことを深く反省してもらいたいですし、ナベプロは吉本興業と同様に売れてない芸人も数多く所属している業界大手の事務所なので、今回の騒動をきっかけに芸人らタレントの管理、教育に力を入れて、今後また同様のトラブルが発生しないようにしてもらいたいですね。

参照元
  • https://hochi.news/articles/20190624-OHT1T50165.html
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjExMDc4MDk5

    向上会の魔王、呆気なく敗北

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    入江はヤクの売人が本業との噂が出始めた
    入江は地球上に必要ない

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について