オリエンタルラジオが吉本興業退所し独立、理由と今後の活動は…藤森慎吾が中田敦彦に追随、王様のブランチも降板へ?

オリエンタルラジオの中田敦彦&藤森慎吾

2003年結成のお笑いコンビ『オリエンタルラジオ』(略称:オリラジ)が、年内をもって『吉本興業』を退所、独立することが28日に発表されました。

吉本興業の発表によると、オリエンタルラジオの中田敦彦さんと藤森慎吾さんは12月31日付でマネージメントが契約終了することが決まったとしています。

契約終了の経緯、理由については、当社と中田、藤森は、マネジメントの方針について話合いを続けてまいりましたが、自ら確立した方針にて活動していきたいという2人の意向を最大限尊重し、この度、合意によりマネジメント契約を終了することとなりました。と説明しています。

最後に、2人は当社の所属から離れますが、当社としましては、2人の新しい環境での活躍を応援してまいる所存です。ファンの皆様、関係各位におかれましては、引き続きオリエンタルラジオへのご支援を賜りますようお願い申し上げます。と綴っています。

ニュースサイト『NEWSポストセブン』が関係者に取材したところ、オリエンタルラジオの2人は今後、事務所に所属せずフリーで活動していくといい、動画配信やオンラインでの活動をメインにしていくとみられているそうです。

記事ではテレビ局関係者が、「中田さんは2019年4月にYouTubeチャンネルを開設した頃に、コンビで出ていたテレビのレギュラーを降板し、活動の中心をYouTubeやオンラインサロンに変えていきました。2020年10月にNHKのレギュラーラジオ番組も藤森さんを残して降板し、テレビやラジオなどへのレギュラー出演はゼロに。2021年3月からは家族とシンガポールへ移住することも決まっていますし、事務所には頼らないという姿勢も様々な場で発信していたので、契約終了は不思議ではありません。ただ、藤森さんも一緒に事務所を退社するのには驚きましたね。」と語っています。

また、各スポーツ紙の報道によれば、“あっちゃん”こと中田敦彦さんと吉本興業は1年以上前から今後について話し合い、契約内容の変更などについて交渉を重ねるもまとまらず、中田さんが当初から希望していた退社を受け入れたそうです。

それを受けて藤森慎吾さんも「新しい自分を試したい」として、吉本興業側からの強い慰留を振り切って独立を決意したとのことです。

吉本興業では、極楽とんぼ・加藤浩次さん、ピン芸人・友近さん、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんがエージェント契約を結び、吉本興業と業務提携に近い契約内容に変更していますが、オリエンタルラジオの2人は完全独立を選んだといいます。

なお、今後もコンビ活動はもちろんのこと、音楽ユニット『RADIO FISH』などの活動も継続するとのことです。

そして、オリエンタルラジオの独立発表に対してネット上では、

  • 一緒に退社するほど仲が良いとは思っていなかったから、藤森も退社するのは意外
  • 中田はそれでいいだろうけど、藤森君は残ってタレント活動をした方が良かったのでは?もうコンビとしては無理そうだもんね。
  • 藤森はマネジャーのとびちゃんとのドライブ動画が人気で100万再生越えてたけど、退社しちゃったらもうこのシリーズはなくなっちゃうね。藤森の退社はびっくり。
  • 藤森のとばっちり受けました感が半端ないけど大丈夫なのかね。コンビの仕事なんてほとんどなかったから残ればよかったのに
  • 藤森は不本意ではないのかな?中田は暴走しているから勝手にやめれば良いと思うけれど、付いていくのかしらね。
  • 『王様のブランチ』はどうなるの?渡部の降板が発表されて、藤森がほぼメインの司会みたいな役割だったのに…
  • 中田はともかく、藤森もってのが意外。2人とも同じ事務所に所属するのか?
    交友関係も広く、上下関係もしっかりある藤森が吉本を離れるとは思わなかった。この2人の関係性ってすごいよね。

などの声が上がっています。

中田敦彦さんは藤森慎吾さんと話し合った上で、テレビの仕事を離れてYouTubeでの活動に本腰を入れ、今年10月にコンビで出演していたラジオを降板したのも、来年3月中旬までに家族を連れてシンガポールに移住するためだと明かしていました。

中田敦彦さんがシンガポール移住を語っている動画

中田敦彦さんのYouTubeチャンネル『中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY』は、現時点でチャンネル登録者数が333万人を突破し、芸能人のYouTubeチャンネルの中では米津玄師さん、ONE OK ROCKに次いで3位にランクインするほどの人気チャンネルで、雨上がり決死隊・宮迫博之さんとのトーク・バラエティ番組『Win Win Wiiin』を11月からスタートさせ、さらに大きな注目を集めています。

中田敦彦さんのYouTube動画

一方の藤森慎吾さんも今年2月から『藤森慎吾のYouTubeチャンネル』への動画投稿をスタートさせ、チャンネル登録者数が現時点で約50万人となっており、様々なゲストを呼んでドライブしながらトークする企画などが人気で、100万回以上再生されている動画が20本以上あります。

ただ、藤森慎吾さんの場合は現在もピンで『王様のブランチ』(TBS系)、『日曜ゴルフっしょ!』(テレビ東京系)などにレギュラー出演しているだけに、吉本興業を辞めたことに対して少々驚きましたね。

藤森慎吾さんは先日投稿した動画の中で、YouTubeの収益の取り分について、吉本興業は一切関与していないにも関わらず2割取られていることについて言及していたほか、YouTubeでは「藤森サウナビレッジ」を地元・長野に作る計画を始動させるなどしています。

26日には、今年ジャニーズ事務所から独立した元NEWS・手越祐也さんとのドライブ・トーク動画をアップしており、YouTubeでの活動を通して様々な人たちと接し、感化されたのか否かは不明ながら、周囲に流されることなく吉本興業に残っていた方が良かったのではないかとも思います。

藤森慎吾さんのYouTube動画

ネット上でも藤森慎吾さんは残った方がいいなどの声が多く上がっていますが、年内をもって独立することがもう決定してしまったので、それぞれ来年からYouTubeなどで新たにどのような活動をスタートさせるのか、引き続き動向を見守っていきたいですね。

参照元
  • https://www.yoshimoto.co.jp/corp/news/media/media201228.html
  • https://www.news-postseven.com/archives/20201228_1624717.html
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/28/kiji/20201228s00041000319000c.html
  • https://www.daily.co.jp/gossip/2020/12/28/0013971418.shtml
  • https://japan.techinsight.jp/excerpt?id=730180
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjExNTg0Mzkx

    地上波テレビが嫌われていく・・・。

コメントを残す