オフィス北野新社長はつまみ枝豆、新専務はダンカンで森昌行社長は追い出す? ビートたけしも恨み節、計画通りの展開か…

つまみ枝豆

ビートたけしさんが独立するというハプニングが発生した芸能事務所『オフィス北野』の社長が今後交代し、たけし軍団のつまみ枝豆さん(本名=青木隆彦 59歳)が新社長に就任することが明らかになりました。

つまみ枝豆さんらたけし軍団メンバーやビートたけしさんは、5月29日に開催のゴルフイベント『第19回 叙々苑カップ 芸能人ゴルフチャンピオン決定戦』に参加し、17日に行われたイベントでビートたけしさんが新社長にはつまみ枝豆さん、新専務にはダンカンさんを据えるように伝えたことを明らかにしており、「事務的に何の問題もなければ、誰が社長をやっても問題ない。早く株主総会をやれと言っている」と語っています。

このイベントではさらに、事務所の現社長である森昌行社長について、「本当のことを言ったらみんなひっくり返っちゃうよ。(森社長が)かわいそうだから止めている」と意味深に語っており、まだ明らかにされていない情報があることを匂わせ、その後も森社長とのこれまでの関係についても、「そういえば、バカヤロー(森社長)が『2人3脚でやってきて』って言っていたけど、オレが1人で脚本もやってきたに決まってるだろ」と語るなどしていました。

<↓の画像は、ビートたけしさんと森昌行社長のツーショット写真>
ビートたけし&森昌行社長

そして、29日のゴルフイベント中に受けた取材でつまみ枝豆さんが、『オフィス北野』の新社長就任に関する質問に対して、「まだ今の社長(森昌行社長)が残っているので、その後なんですけど、半ば強制というか、いちばん暇なヤツがやれってことで僕になりました」と、新社長に任命されていることを認めています。

また、事務所のトップに君臨していたビートたけしさんが独立して抜けた中で、事務所をどう立て直していくのか、これからの経営方針については、「大黒柱(たけし)がいなくなって、会社の収入的にも大変なことは大変。残っているのはジジイ連中ばっかりなので、若くてめぼしい子に入ってほしい、若い子を育てたい。一発屋でも良いからめぼしい子がいたら事務所に入っていただきたい。来る者拒まず!(会社が)タレント業で食べていけるのが一番いいのですが、何でもやろうと思う。要請があれば、遠洋漁業でも行こうと思っているぐらいなんですから」「マネジャーも少ないし、プレーイングマネジャーでやっていかないと」などと語っています。

<↓の画像は、今後新社長に就任予定のつまみ枝豆さんの写真>
つまみ枝豆と江口ともみ
(右は妻でオフィス北野所属のタレント・江口ともみさん)

また、たけし軍団で番頭的なポジションのガダルカナル・タカさんは、「たけしさんのアドバイスがあったので、枝豆が社長で専務はダンカンに。事務所が小さくなったので、こじんまりとやっていけたら。自分は必死に働きますし、後ろからのサポートは可能だと思います」と語っています。

これから経営陣が大きく変わる『オフィス北野』について大きくビートたけしさんは、「(枝豆は)一銭も残ってないって愚痴をこぼしてるけど、どういう会社にするのか楽しみ。破産するのも楽しみだけど」「(成人式当日に事業停止した)『はれのひ』と組んで『晴れ舞台』ってのをやれって言ってるんですけど」と冗談を連発していました。

<↓の画像が、新社長のつまみ枝豆さん、新専務のダンカンさんの写真>
つまみ枝豆・ダンカン

なお、森昌行社長は『スポーツ報知』の取材に対して、「たけしさんと軍団との構想段階のお話。まだ何も決まっていませんので」とコメントしており、社長交代についてはまだ確定事項では無いとしています。

このような発表を新たに行なった『オフィス北野』に対してネット上では、

  • 当分はタレント自ら営業して仕事取りに行かないとダメだろうね
  • つまみ枝豆氏が新しい社長になって、オフィス北野の業績がV字回復すれば、やっぱり前任の社長が悪かったってことになるだろうけどね。果たしてどうなるか、様子を見てみよう。
  • 奥さんの江口ともみさんに任せた方がよさそう
  • 見た目やり手そうな江口さんが社長になった方が、来る者も未来に希望が持てそう。
  • 森社長にはすこし同情する点がある。私が社長の立場なら、軍団を売り出すことにモチベーションを見出せないと思う。むしろそれは彼らを拾ったたけしさんの仕事だったのでは。何にしても社長が変わるなら、森さんも気が楽かもね。
  • まぁ駄目だろ、芸人なのに芸がないのばかりだもん。フリートークも駄目だし、でも結局たけしが拾ってくれるんだから良いよな
  • 新人発掘もいいけど、軍団自体キャリアは長いけど実績があるとは言えない。新人だと思って、勢力的に腰を低く頑張ってほしい。気を使われてしまったら、オイシイ所を持ってかれちゃうだけ。自ら、あらゆる熱湯に突撃して行く様な現役の軍団なら全然心配ないんだけど…

などのコメントが寄せられています。

『オフィス北野』はもともとビートたけしさんとたけし軍団のメンバーたちのマネジメントを目的に設立し、当時たけしさんが信頼を寄せていたテレビプロデューサーの森昌行社長は当初「取締役制作部長」というポジションでしたが1992年に社長に就任しました。

その後は、映画監督としても活躍するビートたけしさんのプロデューサーも務めるなどしており、たけしさんの右腕的な存在だと見られたのですが、まさかのお金などを巡るトラブルが勃発し、今年ついにたけしさんが事務所から独立してしまう形となり、そこからたけし軍団VS森昌行社長のバトルが表沙汰となりました。

お家騒動は1週間ほどで沈静化し、両者は和解して新体制構築に向けた話し合いを始めることを発表し、一連の騒動で完全に信頼を失ってしまった森昌行社長を切る?というのも分かるのですが、果たして素人のつまみ枝豆さんが社長、ダンカンは専務となり、会社を立て直すことはできるのでしょうかね…。

『オフィス北野』に所属していたマキタスポーツさん、サンキュータツオさん、プチ鹿島さん、元大関・把瑠都さんなど、比較的知名度が高いタレントがお家騒動後に相次いで離れている中、これからどこまで回復させていくのか注目したいところです。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について