アクタージュ連載打ち切り。作者・マツキタツヤ逮捕で明日発売のジャンプで終了。強制わいせつ事件起こし終結

マツキタツヤの漫画・アクタージュ

『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気漫画『アクタージュ act-age』が、明日(11日)発売の『週刊少年ジャンプ36・37合併号』をもって打ち切られ、連載終了となることが発表されました。

これは『週刊少年ジャンプ』の編集部が10日に公式サイト上で発表したもので、『アクタージュ act-age』の原作者で、シナリオライター・マツキタツヤ容疑者(本名=松木達哉 29歳)が8日に、強制わいせつ容疑で逮捕されたことを受けて連載終了が決定したと説明しています。

『週刊少年ジャンプ』の編集部は公式サイト上で、「この事態を非常に重く受けとめて、事実確認のうえ、作画担当の宇佐崎しろ先生と話し合いを持ちました。その結果、『アクタージュ act-age』の連載をこのまま継続することはできないと判断いたしました。8月11日(火)発売の『週刊少年ジャンプ36・37 合併号』の掲載をもって、連載終了といたします。と連載終了を発表しています。

<↓の画像は、『週刊少年ジャンプ』で連載の漫画『アクタージュ act-age』の写真>
週刊少年ジャンプで連載の漫画・アクタージュ

編集部としては残念ではあるとしながら、「事件の内容と、『週刊少年ジャンプ』の社会的責任の大きさを深刻に受け止め、このような決断に至りました。」と説明し、謝罪の言葉を綴っています。

今後については、「編集部はもとより、宇佐崎先生は断腸の思いをなさっていますが、先生をサポートし、また作品を作っていけるよう励んでまいります。なお、コミックス等の関連刊行物やイベント等各種企画につきましては、関係各所とも協議のうえ、決まり次第お知らせいたします。」としています。

<↓の画像が、『週刊少年ジャンプ』編集部のコメント写真>
アクタージュ打ち切り発表

そして、『アクタージュ act-age』の連載打ち切り発表を受けてネット上では、

  • 作画担当の先生が不憫でならない
  • 舞台もお蔵入りなのかなぁ、愚かすぎる
  • 原作者交代して続けたらいいのに~
  • 終了…orz 仕方がない事ことだし、予想はしていたけどショックだわ…
  • うーん、タケシみたいにほとぼり冷めたら復活させるのかな?
  • 犯罪の内容もよろしくない。しまぶーの援助交際は両方悪いからまだ復帰できたし、たけしの続きも描けた。
    今回は明確に被害者がいる犯罪なので続きが描かれる可能性はとても低いと思う
  • コミックス全巻揃えてたのに、原作のバ カヤロー!宇佐崎先生には真面目で優秀な原作者を付けてあげて欲しい
  • 鬼滅の刃が終わった後のジャンプを支える屋台骨だったのになんてもったいない!
    自分がした事で周りに計り知れないダメージを与えた事を深く反省してもらいたい。
  • 当然の結果だが、作画担当の方はやりきれないよね。もう少ししたら舞台とかアニメとかで、もっと売れてただろうに。
  • 青少年保護条例違反とかじゃなくて、女子中学生への強制わいせつだからな。
    悪質度は島袋や和月より高い。しかも漫画の主人公が女子高生。嫌悪感持たれるよなぁ。
    連載継続を望むファンに応えて、例えば原作者を切り離して連載継続することもできたんだろうけど、やはり社会的な支持は得られない、との判断だったんだろうな。

などの声が上がっています。

警視庁中野警察署の発表によれば、マツキタツヤ容疑者は6月18日夜に、塾から徒歩で帰宅途中の女子中学生に背後から自転車で近づき、追い抜きざまに無理やり胸を触った疑いが持たれており、それから約1時間後にも2kmほど離れた場所でも、別の女子中学生が同様の被害に遭っていたことが判明しています。

<↓の画像は、マツキタツヤ容疑者の逮捕報道写真>
アクタージュ作者の逮捕報道
アクタージュ作者・マツキタツヤ容疑者が強制わいせつ事件で捕まる

マツキタツヤ容疑者は取り調べに対して、「おおむね間違いありません」などと容疑を認めており、非常に悪質な事件ということで『アクタージュ act-age』の連載打ち切り、コミックスの絶版は避けられないだろうとみられていました。

そして、『週刊少年ジャンプ』の編集部が連載打ち切りを正式発表したわけですが、現時点では2022年に上演予定の舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』は、中止とするのかどうかは決定しておらず、事実関係を確認中としています。

ただ、マツキタツヤ容疑者は未成年者を性の対象としていた様子ですし、マツキ容疑者が暮らす東京都中野区では同様の事件が複数発生しており、余罪もありそうなだけに舞台も中止とするのが妥当かもしれないですね。

今回の事件では女子中学生だけでなく、作品に関わった多くの関係者も大きな被害を受けていますが、特に『アクタージュ act-age』で作画担当していた漫画家・宇佐崎しろさんは大きなショックを受けているとみられ、現時点ではマツキタツヤ容疑者の逮捕を受けてコメント発表はしていないものの、『週刊少年ジャンプ』編集部の連載打ち切りコメントをツイッター上でリツイートしています。

宇佐崎しろさんが描く絵が好きというファンも多いことから、今後また別の作品に携わる形になったらと思いますね。

参照元
  • https://www.shonenjump.com/j/2020/08/10/200810_oshirase001.html
  • https://bunshun.jp/articles/-/39644
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    余罪がある時点でさよなら

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について