ゆきぽよが仕事激減の危機、親密関係X氏が衝撃暴露も? 反社会的勢力と繋がり、詐欺事件で顔と名前報道の過去?

ゆきぽよ

タレント・モデルの“ゆきぽよ”こと木村有希さん(きむら・ゆき 24歳)が週刊誌『週刊文春』によって、反社会的勢力の男性との親密関係を報じられてから間もなく1ヶ月が経ちますが、報道以降ツイッター、インスタグラム、YouTubeチャンネルの更新がストップしています。

ゆきぽよさんは『週刊文春』の取材を受けて男性との関係について弁明したほか、SNSなどで謝罪コメントも発表、さらに準レギュラーの『サンデー・ジャポン』(TBS系)では涙ながらに釈明し、「大好きな仕事だから…もう1回、みんなの信用を取り戻せるように頑張りたいです」との思いも明かしていました。

しかし、報道後に放送された出演番組では、ゆきぽよさんの出演シーンが明らかに少ないなど、現在も騒動の尾を引きずっている様子なのですが、その原因を『フライデー』のWeb版『フライデーデジタル』が報じています。

記事ではテレビ局関係者が、「今月は収録済みの番組や、前からオファーが決まっていた番組などに数本出演しますが、今後はオファーが少なくなる可能性もあるでしょう。やはり、今回逮捕された相手の素性が悪すぎたことが影響すると思われます。相手の男Xは詐欺グループの指示役でもありました。過去に逮捕された時には顔も名前も出て、送検される映像が夕方のニュースで流れています。反社会的勢力であることを知ったうえで関わりをもっていた疑いがあるのであれば、これは言い逃れのしようがない」と語っています。

また、ゆきぽよさん自身が過去に「今まで付き合った彼氏の5人中4人が逮捕されちゃった。そのうちの2人が詐欺師だった。オレオレ系の…」と告白していたことや、『サンジャポ』で釈明した際に、「(Xとは)仲の良い友達で、向こうから好意を持たれていた」「しつこくつきまとわれ切りづらかった」などと、言い訳したことも良い影響をもたらさなかったといいます。

芸能リポーターは、「やはり、苦しい言い訳に聞こえてしまったのは否定できません。Xは昨年9月に1年6ヶ月の実刑判決を受けていますが、今後、週刊誌の記者やジャーナリストなどがXに接近すれば、ゆきぽよさんとの関係を詳らかに話すことも考えられます。そうなれば、何か彼女に不利益になるようなことが新たに出てくるかもしれない」と語り、ゆきぽよさんは大きな“爆弾”を抱えている状態だとしています。

これに対してネット上では、

  • 彼氏が反社ではテレビ局は使わない。振り込め詐欺や自宅で彼氏がコカイン使って泡吹いて倒れた。スポンサーからもクレーム入る。もう引退しかない。
  • 仕方ないよ。悪い男と付き合っていた事を売りにしているんだもん。本人の見た目イメージも正直良くないから、どうしてテレビに出られるのかも分からなかったし。
  • 島田紳助は暴力団関係者との付き合いが発覚し、お笑い界では大物と言われてたが引退した。
    ゆきぽよの場合は、自由に自宅に出入りする事ができる親密な友人なのだから、普通にテレビに出れる事の方がおかしい
  • ポジティブに考えたら環境を変える良いタイミングなんじゃない。悪しき交友関係をバッサリ断捨離する。世の中友達だからで通る話と通らない話があるから。
    それを変えれないのであれば、その環境が飯のネタになっていたように思われる可能性もあるからね。
  • 正直もう需要は見込めないと思う。薬物使用者と知らなかったとは思えないし、それどころか悪い男と付き合うのをネタにしていることが裏目にでた。
    線引きを通り越して、反社会的勢力と関係があると思われても仕方がない。
  • ゆきぽよ…このまま芸能界を引退した方が良い。本人の意図関係無く、世間から完全に反社芸能人としてのレッテルを貼られた。
    テレビ番組などに出れば非常に不快に思う視聴者がごまんと増えたであろう。番組にしてもスポンサーにしてもクレームだけで企業イメージが悪くなるだけで何も良い事は無いであろう。”ゆきぽよ”が出れば一応、クレームをつけるつもりでいる。
  • 芸能界に残りたいが為に苦しい言い訳に終始したのが白々しい印象を与え、余計にダメージを被り自らドツボに嵌まって駄目押しをした。
    事務所がいくら手回ししても今までの様に仕事は出来ず、自然とフェードアウトして行ってしまうのでは。
  • ゆきぽよちゃんは、明るくて好印象でしたが、詐欺グループで逮捕歴のある男性が彼だということに引きました。特に詐欺行為は許せないので、それを知っていて付き合う人の気持が理解出来ません。
    詐欺に遭った人のその後が報道されることは少ないですが、老後のお金だったり必要な時のための備えを奪われるのですから、精神的にもダメージが大きいです。
    それがキッカケで、どんどん状況が悪化していく可能性があり立ち直れない人、最悪は自殺する人も出てきます。そんな人と付き合う人には、今後テレビには出演して欲しくないです。

などの声が上がっています。

『週刊文春』の報道によれば、ゆきぽよさんの自宅に出入りしていた4歳年上の男性X氏は2018年6月に、当時72歳の女性のキャッシュカードを騙し取った疑いで逮捕されたといい、X氏は詐欺グループの指示役で、警察の取り調べに対しては「元組員」と名乗っていたとしています。

それから1年後の2019年5月には、ゆきぽよさんの自宅で麻薬「コカイン」を使用し逮捕され、昨年9月に懲役1年6ヶ月の実刑判決が下されました。

ゆきぽよさんは反社会的勢力のX氏が詐欺事件で逮捕後も、親密関係を続けていた理由について、事件当時はアメリカで仕事をしていたことから、逮捕容疑などの詳細を把握していなかったと弁明しています。

『フライデーデジタル』によれば、X氏の事件はテレビ番組でも取り上げられていたそうですが、その頃にテレビでも報じられた振り込め詐欺事件を調べてみると、X氏の事件と合致する報道が確かにありました。

X氏と同一人物かは不明ながら、2018年6月下旬に自称・元暴力団組員の男性(当時25歳)らが、2017年12月に東京都内の72歳女性に対して、資産運用会社の社員を装い「会社が大変なことになっていて、至急現金が必要」とウソの電話をかけ、キャッシュカードを1枚騙し取った疑いで逮捕されており、女性の口座からは300万円が引き出されていたとのことでした。

自称・元暴力団組員の男性はいわゆる“半グレ”で、この詐欺事件から1ヶ月後には、特殊詐欺で騙し取った金を巡って仲間とトラブルになり、現金受け取り役の24歳男性を連れ去って暴行を加え、5日間にわたり監禁した疑いでも逮捕されています。

この人物がゆきぽよさんと親密関係にあったX氏とは言い切れないのですが、ゆきぽよさんが反社会的勢力と繋がっていたのは事実で、『フライデーデジタル』が報じている通り、ゆきぽよさんに関係を切られたことを逆恨みしたX氏ら悪友たちが今後、ゆきぽよさんのイメージがさらに悪化するような情報を流す可能性もあると思います。

そして、ゆきぽよさんは芸能界で替えが利くポジションだったこともあり、このままイメージが回復することなく、フェードアウトしていくことも考えられますが、これからどうやって信用回復を目指すのか、これからの活動も見守っていきたいですね。

参照元
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/162897
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2021/02051101/
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    詐欺はアウト。反社とつきあうのもアウト。世の中を改善するためには当然なこと。

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4ODUxMTk3

    タピオカオバサンと
    ウイカと3人で
    ヒソヒソ飲んだら?20時まで。
    柄の悪さ競い合って下さーい

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4ODY5MDYx

    そういう人たちとの関係がゆきぽよの私生活なのだから、弁解しても無かったことにはならない。
    仕事が無くなっても仕方ない。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について