いしだ壱成が飛び降り自殺示唆で物議。躁うつ病で精神不安定状態、俳優業で再起誓うも…

事件・事故・トラブル

いしだ壱成

俳優業での再起を誓い、ここ最近メディア露出が増えている俳優・いしだ壱成さん(本名=星川一星 47歳)が、自身のツイッター上で自殺をほのめかすなど、現在も精神状態が不安定なことが伺える投稿をしていたことで物議を醸しています。

いしだ壱成さんは19日に不穏な投稿を連投し、「警告:ガチ恋勢の皆様へ 本当にぼくを攻撃するのをやめて下さい!お願いします!」「メンタル崩壊一歩前です!」「ふざけるな!」「なんで仕事をさせてくれない!」「いい加減にしろ!」「ラストチャンスなんだよ!」「死ぬぞまぢで!」「いいのか!」「それで良いんだな!」「死に場所をみつけるカネもねえんだよ!」「素人は黙ってろ!!!!!!!!!!!!!」「簡単だよ死ぬのは」「思いついたぜ、あのビルから飛んでやるわ」「みたところ40階だて」「木っ端微塵になるのは間違いナイス」「じゃーそんなわけで」「さよなら!!!!!!F〇〇K OFF!!!!」などとツイートし、高層ビルからの飛び降り自殺を示唆しました。

しかし、その後これらのツイートを削除し、何事も無かったかのようにツイッターの更新を続けているのですが、いしだ壱成さんは『東京スポーツ』(東スポ)のインタビュー取材に応じ、なぜ自殺をほのめかすツイートをしたのか、その経緯や理由を告白しています。

<↓の画像は、東スポの取材に応じたいしだ壱成さんの写真>
現在のいしだ壱成

いしだ壱成さんによれば、2日前の17日にライブ配信アプリ『ふわっち』での配信中にトラブルが発生したそうです。

『ふわっち』はいしだ壱成さんのファンクラブも兼ねていて、ファンとは『LINE』を交換するなどし、20~30人ほどが集まるコミュニティになっているそうなのですが、配信中に女性スタッフの姿が窓に反射して映り込み、それに対してファンから猛バッシングを受けたとのことです。

いしだ壱成さんは「女性はスケジュール管理などマネジャー的存在」「(男女の関係は)一切していません。誓います」と語り、その女性は元々ファンの1人だったそうで、このトラブルが原因で女性は精神的ショックを受け、寝込んでいると説明しています。

そして、飛び降り自殺をほのめかした一連のツイートについては、「疲れ果てましたよ…」「死のうと思いましたよ、もう。こんなに理不尽なら全て終わらせてやろうと…」と明かしています。

ファンから猛バッシングを浴び、LINE電話などで仕事も邪魔されて精神的に追い込まれたことで、一度は本気で死のうと思ったそうですが、元妻で女優・飯村貴子さんとの間にもうけた娘の顔を思い出し、思い止まったとのことです。

東スポの取材にいしだ壱成さんは、「これがラストチャンスなんです…。離婚する当日に妻が泣いて僕に訴えたんです。『もう一度舞台に立ってお願い、いっ君。娘にも見せてあげたい』って」と語っています。

ファンに対しては、「どうして仕事を邪魔するんですか。どうしてイジメるんですか。守ってるつもりかもしれませんが、違うんです、攻撃してるんです。お願いだから仕事に集中させてほしい」と訴えています。

このように語ったいしだ壱成さんは「双極性障害(躁うつ病)」を患い、現在も治療を続けていることを明かしていますが、4年前の2018年5月にもツイッター上で暴走し、大炎上騒動を巻き起こしていました。

いしだ壱成さんは当時、19歳だった飯村貴子さんとの結婚発表を巡って物議を醸しており、ツイッター上で一般ユーザーと口論する中で、頭髪を揶揄されたことにブチギレ激怒し、「いい加減にしろや若造が」「クソガキが。覚悟あんの?俺もうオマエ不適切極まりないから通報しといたわ今。覚悟しとけや。死ぬよ?」などとツイートしていました。

その後、いしだ壱成さんのツイッターアカウントごと削除され、当時の所属事務所が誹謗中傷に対して、法的措置を辞さない構えを示したことで騒動は沈静化していったものの、いしださんはその後も、ライブ配信中に突然ブチギレ激怒することもあったりと、精神不安定な状態が続いていました。

そして、俳優としての再起を誓って仕事が増え始めた現在も、ツイッター上で自殺をほのめかすというのは心配ですね。

いしだ壱成さんは20日放送の情報バラエティ番組『ポップUP!』にVTR出演した際、現在は再起に向けて多忙な日々を送り、睡眠を1時間半ほどしかとらずに奮闘していることを明かし、「この1週間で受けた仕事だけで、ドラマ1本、映画が2本、舞台が3本。2月までは俳優としてはスケジュールが埋まりました」などと語っていました

また、現在の心境は「調子に乗るな」「上手くいっている時こそ気を付けようと」などと語っていたものの、早速のトラブルで自殺までほのめかし、本格的に芸能活動を再開させて大丈夫なのかと心配ですが、愛する子供のためにも少しずつ精神状態を安定させ、俳優として再起してほしいものです。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4202615/
10件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAwMToyNj

    配信で収入を得たいんだろうけど、役者業に集中したいなら配信から距離を置くべきじゃないかな。
    逆効果になってる。

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjo3ZT

    木村ひさしがいなくなれば被害者はでなくなる

  3. 3
    匿名
    ID:MjQwZjo0NT

    ちゃんと お薬飲んで
    落ち着いて欲しい。
    俳優 楽しみにしてますよ!

  4. 4
    匿名
    ID:MzcyNDA1MjI3

    注目されたい病ですかね。黙ってろよ

  5. 5
    匿名
    ID:MjQwYTo2Yj

    ファンいたのか。

  6. 6
    匿名
    ID:ODI4NTI0OTE1

    華原朋美と共に病院に入院して治そう

  7. 7
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    躁鬱病なら絶対にやめたほうがいい。自分も躁鬱患者だから解るが、この病気は、躁のときはハイになったのを元気が回復したかのように錯覚して力を使いすぎ、反動で鬱がドンと押し潰すようにくる。

    躁の症状がゆるいタイプの躁鬱になると、周りも判断できないことが多い。無理矢理に時間を拘束される役者業は特にキツいだろう。どうしても続けなければいけないのなら、SNSのコメント欄は閉鎖し、症状を理解してくれる関係者を頼るべきだと思う。

  8. 8
    匿名
    ID:MjAwMToyNj

    90年代の栄光はどこへ行った…
    いい俳優だったのに…

  9. 9
    匿名
    ID:NDU5OTg2Njc5

    お前らが悪い
    謝罪しろ

  10. 10
    匿名
    ID:MjQwMDoyND

    ふわっちとか
    こいつと同じかまってとか
    死ぬ死ぬ言って結局生きてるハゲ髙田がやってる出会系じゃん

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!