W不倫疑惑浮上の江角マキコが芸能界引退の真相は…投資詐欺事件で有罪判決の男と怪しい関係、夫・平野眞と離婚否定も…

江角マキコ

ドラマ『ショムニ』シリーズ(フジテレビ系)などで知られる女優・江角マキコさん(50)が23日、代理人弁護士を通じて芸能界を引退することを電撃発表し波紋を呼んでいます。

江角さんは24日発売の週刊誌『女性自身』によって、W不倫疑惑、夫でフジテレビのゼネラルディレクター・平野眞さん(51)との別居、離婚などを報じられることを受けてコメントを発表したかたちとなっており、平野さんとの別居は認めているものの、不倫や離婚については完全否定し、その上で「芸能活動を引退させていただく所存であることは事実です。」とコメントしていました。

『女性自身』の記事によると、江角さんとのW不倫を疑われている中年男性Aは、昨年8月に巨額投資詐欺事件で逮捕され、金融商品取引法違反の罪で有罪判決を受けた人物だといいます。

この詐欺事件は昨年9月に『週刊新潮』などが報じており、江角さん、GACKTさん、布袋寅泰さんの3人もこの詐欺事件の被害者として名前が取り沙汰されていると伝え、取材に対して江角さんの代理人弁護士は「親しい知人の誘いで出資したことは間違いありません」と認めていました。

投資詐欺事件で逮捕されたのは、投資コンサルタント会社『クエストキャピタルマネージメント』の社長・松井直幸さん、同社が経営していた投資ファンド『AR2有限責任事業組合』の組員ら4人。
詐欺と金融商品取引法違反の容疑で逮捕されています。

投資ファンド『AR2』は、2009年9月~2015年2月までの間に、実態のない先物取引の投資話を持ちかけ、63人から113億円以上を集めたとされていました。

ネット上では、江角さんの不倫相手Aは松井さんだとされているものの、名前については明らかにされていないため不明です。

<↓の画像が、投資詐欺事件で逮捕された松井直幸さんの写真>
クエストキャピタルマネージメント・松井直幸

『女性自身』によると、江角さんと男性は4年ほど前に知り合ったそうで、「億単位の出資をした」とも指摘されているとのこと。

そのため、江角さんはその返金を求めて、Aと直接交渉をしていたという可能性もあるのですが、江角さんはAの自宅マンションで話し合いを行い、6時間以上もこもっていたのを確認、証拠写真も撮影しています。

平野さんとは2015年1月から別居生活をスタートさせたそうなのですが、その直前には江角さん家族とAの家族が一緒にスキー旅行へ行き、その時に平野さんが不倫の疑いを問い詰め、喧嘩に発展して別居となったようです。

<↓の画像は、夫の平野眞さんの写真>
平野眞

平野さん本人は同誌の直撃取材に対して、「じつは、2年前から別居しています。“相手の男”のことも知っていますよ。ただ、子供のことがあるので……」と別居中であることを認めています。

そして、江角さん本人にAとの不倫関係について確認するため、19日に質問状を送ったところ20日夕方、江角さん側から編集部に23日に発表された内容のFAXが届いたといいます。

そして、これに対して芸能リポーター・井上公造さんは24日、情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)でFAXの内容にいくつか違和感があることを指摘。

まず1つ目に、詐欺事件の加害者である男性の自宅で交渉をしていたということに対して、「金銭トラブルの加害者側と被害者、それも有名女優が、相手の自宅に話し合いに行くのは、かなり希有なケース」「普通は代理人を立ててやるだろうし、ある程度はご主人に任せるのでは」とコメント。

2つ目に、『女性自身』の報道によれば、平野さんは長女(11)と長男(7)と会えていないそうで、「離婚はないと断言されていて、仕事などの便宜のため(の別居)なのに、子供達と会ってないのはあれ?と思う」と疑問視。

芸能界引退の理由を子どもたちのためとしていることは「それしか考えられない」と断言し、「今も休業的な感じで、あえて辞めると言わなくてもいいのに、辞めると宣言されるのは、それなりの理由があると思う」と推測していました。

江角さんは昨年3月にレギュラー番組を卒業して以降、表舞台から姿を消しており、芸能活動をしていない状態にあったこと、落書き騒動後も仕事を続けていたにも関わらず、不倫疑惑の浮上で突然引退を発表したことからネット上でも疑いの目を向けられており、不倫以上にマズイことがあるのではないかといった憶測が飛び交っています。

また、以前番組で江角さんと共演したがある漫画家・倉田真由美さん(45)は、24日放送の『白熱ライブ ビビット』(TBS系)にて、江角さんの性格について「『ダメでしょ!』ってなったら絶対ダメという立ち位置でお話しされる印象。絶対的な正義という立場で話すキャラクターでもいらしたから、こういうスキャンダルとかがあると、立ち位置を変えていくのが難しいというのはあるかも」と推察していました。

江角さんは2014年に『週刊文春』によって、元プロ野球選手で野球解説者・タレントの長嶋一茂さんの自宅に、「バカ息子」などと落書きするよう当時の男性マネージャーに指示していたことなどを報じられ、江角さん本人はこの事件への関与を否定した上で謝罪しましたが、この一連の騒動は子供2人にも悪影響が及ぶことになりました。

そのため、子供のことを考えて芸能界を引退し一般人となり、色々と追及されることから逃れようとしたとも考えられるのですが、報道内容が間違っているのであれば引退発表をするより先に、不倫していないことを証明した方が良いかと思いますし、記事が出ると知ってから間もなく引退を発表したのでは様々な憶測を呼ぶことになるため、今回の対応には疑問を抱きますし怪しさを感じます。

今後他の週刊誌も後追いし、真相が明らかになるのかどうかは不明ですが、引き続き注目したいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について