西村まさ彦と妻の離婚裏側でトラブル。乳ガン闘病中に離婚宣告か。別居から別れの経緯を知人が告発し賛否両論。

西村まさ彦

7月6・13日の21時から、2週連続で放送される大ヒットドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)など、様々な作品に出演している俳優・西村まさ彦さん(本名・旧芸名=西村雅彦 59歳)が、25年前に結婚した元劇団員の妻と離婚したことが23日に報じられました。

所属事務所側はメディアの取材に対して、「調停を経て円満に話し合い成立したと聞いています」とコメントし、離婚調停の末、円満に離婚が成立したと強調していたのですが、この熟年離婚の裏側でトラブルが起きていたと30日発売の週刊誌『女性自身』が報じています。

西村まさ彦さんは20代の時に当時劇団員だった妻と出会い、1995年に結婚、その後長男が誕生したそうですが、価値観の違いなどから10年ぐらい前より別居生活が始まり、長男が社会人になったことで離婚を決意し、今年6月に入って離婚調停が成立したとされています。

しかし、元妻・A子さんの古くからの知人が『女性自身』の取材に応じ、「“円満離婚”とも報じられていますが、実情はまったく異なります。夫妻を知る関係者たちは、記事に驚いていますよ」と語っています。

西村まさ彦さんは結婚から5年後の2000年に、約1年前にタクシーとの接触事故を起こして現場から立ち去っていたことや、事故当時は助手席に女優・戸田恵子さんが乗っていたとの疑惑を報じられています。

さらに、1999年には別の愛人女性を事務所社長兼マネージャーに就任させたとの報道や、2000年にはその愛人と噂の女性が失踪したとの報道もありました。

その当時から西村まさ彦さんとA子さんの別居も取り沙汰されており、西村さんは週刊誌の取材に対して当時、「(郊外にある自宅とは別に都内に)マンションを借りているんです。女房子供のことは大切に思っているし、9時~17時の仕事だったら毎日帰りますよ。でもそんな仕事じゃないですからね」などと答えていました。

一方のA子さんは2001年に週刊誌の取材に対して、「(夫があまり帰宅しないのは)仕事がありますから、それも仕方がないことだと思っています。いろいろな女性と噂も立てられたこともありましたが、私は夫を信じていますから……」と答えています。

前出の知人は、西村まさ彦さんの不倫疑惑報道を目の当たりにしたA子さんの心境について、「もちろんA子さんも夫のスキャンダル発覚には悩んでいました。しかし彼女は俳優としての西村氏のことは尊敬していたでしょうし、敬虔(けいけん)なクリスチャンでもあったため、“離婚”という選択肢はなかったのです」と語っています。

同知人はさらに、夫婦は10年前からずっと別居していたわけではなかったと証言し、「別居10年と書かれていた記事も読みました。しかし事実は異なります。たとえば2014年に西村氏は、“家族で暮らすために”と、事務所名義で世田谷区内に新築マンションを購入しています。A子さんも『これで夫婦もやり直せるかも』と思っていたようです。」と明かしています。

しかし、西村まさ彦さんはマンションを購入後に別の部屋を借り、家を出ていってしまったといい、「さらに2017年ごろからは、『(世田谷区の)マンションから出ていけ』と言うようになったり、弁護士を立てて強硬に離婚を迫るようになったのです……」と離婚話が出た経緯を説明しています。

このように西村まさ彦さんは離婚を強く望んでいた一方、キリスト教徒で信心深いA子さんは離婚に応じる気がなかったといい、すぐに離婚成立とはなからなかったそうです。

そうした中で、1年ほど前にA子さんの乳ガンが判明したといい、「手術を受けなければいけない状態にあることがわかり、A子さんは夫からの離婚宣告に抵抗する気力を喪失してしまいました。ついには彼女も調停に応じることになりましたが、西村氏が非情にもA子さんが闘病中で気弱になっていることを利用した形です。A子さんが手術を経て、ようやく退院することができたのは6月24日、離婚報道翌日です。(中略)A子さんは病室で離婚報道を知ったとき、どんな思いを抱いたことでしょうか…」と、知人は証言しています。

こうした証言を受けて、女性自身は西村まさ彦さんに取材を申し込んだところ、本人に代わり女性マネージャーが質問に答え、離婚に至った理由、経緯については、「西村は不器用で、コミュニケーションが苦手な面があります。特に芝居の仕事を抱えている時は、周囲とほとんど口をきかなくなることもあるのです。そんな彼が60歳を迎える前に、俳優という仕事をより充実させるために、自分らしく生きるために離婚という人生の決断を下したのです。」と説明しています。

A子さんが乳ガン闘病中に離婚成立となったことについて、治療が落ち着いてから離婚届を提出という選択肢は無かった?との問いには、「病気のことは聞いていました。だから医師の診断書を提出するように、こちらの弁護士が先方に要請したこともありましたが、診断書を見せてもらうことはできませんでした。A子さんも調停の場には出席していましたし、もし闘病中だから離婚の時期を延ばしたいというのであれば、A子さん本人がそう主張すべきだったと思います」と答えています。

夫婦が別居に至ったそもそもの原因は、西村まさ彦さんの女性関係だったという報道については、「近年で私が知る限りでは、西村にそういった女性関係はなかったと思います。別居や離婚は夫婦の問題ですから、傍から見ているだけでは分からない事情などもあったのではないでしょうか」と語っています。

そして、この報道を受けてネット上では、

  • 10年も別居してれば乳がん云々は関係無いだろ
  • 離婚協議中に乳ガンになっただけだろ。乳ガンになって捨てたって誘導でもしたいのか、このアホな知人は
  • 2人の間のことなんて他人にはわからないと思うよ。それに片方の知人なら公平な判断なんてできないし
  • 悪役専門の俳優さんは裏の顔は良い人が多いと聞いてたけど、今泉君は例外だったか
  • 離婚すれば外野が騒ぐのはわかってたんだから、10年も別居してたのであれば、闘病後に離婚するなり公表する優しさはあってもよかった気はするね。
  • 他人がとやかく言うことではないな。夫婦のことは夫婦のみぞ知る。真実は2人しか知らない。
    それでも西村は、離婚しても慰謝料や治療費などしっかり支払って、奥様が安心して生活ができるようにしてほしい。
  • 俳優ってこういう人多いのなんだろうね…というか男性全般でこういう人は多いってことなのかな。
    いろんな人と遊びたいなら志村さんのように結婚しなきゃいいのに。
  • クリスチャンだから離婚したくても離婚の選択肢がないって、地雷踏んだようなものだよね。
    一致すりゃいいかもしれないけど、考え方の違いと義務化されたルールがあると夫婦として生きづらそう。
  • 奥さんの言い分が大分アレやん。20年くらいだらだらと決着つけずに来たっていうのは、ある意味では別れたい方は20年我慢したワケだし

などの声が上がっています。

西村まさ彦さんは過去に複数の女性との不倫交際疑惑が浮上しており、週刊誌の報道を受けてA子さんも色々と辛い思いをしてきたと思います。

しかし、知人の証言を見ても夫婦関係はかなり前から破綻していたようで、2014年に家族と暮らすためと言ってマンションを購入したといいますが、西村まさ彦さんは別の部屋を新たに借り、家を出ていったとしており、西村さんは前からA子さんとの離婚を考えていた可能性は高そうです。

A子さんの乳ガン闘病と離婚が重なってしまったことについても、A子さん側から特に離婚の時期を延ばしてほしいとの要望もなかったようで、A子さんもこのタイミングでの離婚は受け入れていたのではないでしょうかね。

そもそも、離婚成立後に当事者ではない知人が、夫婦の離婚やA子さんの病気についてあれこれ語ること事態が疑問で、結局のところ夫婦のことは2人にしか分からないことが多々あるため、本当にA子さんのことを思うのであれば、とりあえず今は黙っておくのが一番なのではとも思います。

A子さんは乳ガンも患い、西村まさ彦さんとは離婚と、不運が重なったようですが、西村さんはすでに前を向いて新たな活動を展開しており、A子さんも少しずつ前に進んでいってほしいです。

参照元
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1872598/
  • https://www.sanspo.com/geino/news/20200624/div20062405010001-n1.html
  • https://www.oricon.co.jp/news/2165206/
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzAyMDk2OTA1

    夫婦なんて駄目になれば何をしても駄目だし、子供も成人したとあるわけだから夫婦の問題でしょ。外野が色々言う必要無いし、芸能ネタとしても低レベル

  2. 2
    匿名
    ID:MzAyMDk2OTA1

    この知人は何なの?知人でも他人の家庭のことは話すべきではない。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について