立川志らくが妻・酒井莉加と弟子の不倫交際を容認か。俳優と浮気で激怒の過去も? 衝撃ラブレターの内容も週刊文春が公開…

立川志らく

落語家・立川志らくさん(本名=新間一弘 56歳)の妻で、元アイドル・女優の酒井莉加さん(さかい・りか 38歳)の不倫スキャンダルがスクープされてから1週間が経ち、12日発売の週刊誌『週刊文春』が続報記事を出したことによって、再びネット上では物議を醸しています。

週刊文春は先週号で、酒井莉加さんが立川志らくさんの弟子・立川うおるたーさん(27)と約3年にわたって不倫交際していることをスクープし、その証拠として2人が密会を重ね、車中でキスなどの行為をしている写真も公開しました。

<↓の画像が、酒井莉加さんと立川うおるたーさんの不倫現場写真>
立川志らくの妻・酒井莉加と不倫相手の弟子・立川うおるたーのキス&ハグ現場写真

さらに、4年前には別の弟子と酒井莉加さんが不倫交際し、それを知った立川志らくさんが弟子を破門にしたことなども伝えていましたが、この報道に対して立川志らくさんは司会を務める情報番組『グッとラック!』(TBS系)にて、「私は妻のことを信じております。まぁ、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚することも“1億%”ございません」と宣言しました。

また、離婚しない理由は「家族だから」とした上で、「この程度のことで絆が切れるということはない。あとは、私のかけがえのない妻を世間の目から守る。命がけで守る。それだけでございます」などと、夫婦の強い絆を明かしていました。

<↓の画像は、酒井莉加さんと立川志らくさんの写真>
立川志らくと妻・酒井莉加

しかし、週刊文春の続報記事では破綻している夫婦関係の実態や、裏側で起きた様々なトラブルについて伝えています。

まず、酒井莉加さんは過去に舞台で共演した俳優と不倫関係にあったそうで、その俳優の友人は、「志らくさんが主宰する劇団の舞台でも、酒井さんは共演者の男性と不倫していました。志らくさんはその関係を知り、激怒したそうです」と証言し、その俳優は周囲に「もちろん俺が悪い。でも、志らくさんの奥さんからの誘いだから、無下に断れなかった」と告白していたといいます。

酒井莉加さんと俳優が関係を持った経緯については、2014年5月に上演された『演劇らくご 芝浜』の本番前日、通し稽古が終わった後に酒井さんの方から俳優を飲みに誘い、居酒屋からカラオケに行って店を出たところ、酒井さんが「ホテル行こう」と誘い、俳優は一度断ったものの、すでに終電がなかったことで一夜を共にしたそうです。

さらに2週間後にも、酒井莉加さんは俳優を飲みに誘い、これはマズイと思った俳優は他の人達にも声をかけて複数人で居酒屋へ行ったものの、最終的には2人っきりとなり、再びホテルに誘われ、俳優が断ったところ酒井さんは路上で激怒して俳優に罵声を浴びせた上に、「志らくに全部言うからな!」と捨てゼリフを吐いてタクシーに乗り込んだそうです。

それから数日後に、俳優のもとに立川志らくさんから電話があり、「俺が命をかけてやっている本番中、お前は何をしてくれたんだ!」「お前がうちの妻を誘ったんだろ!」などとブチギレ激怒され、その後ろでは酒井莉加さんが「志らくに謝れ」「嘘つくな」などと怒鳴る声が響いていたとしています。

別の舞台で酒井莉加さんと共演した俳優によると、酒井さんが共演者に接近するのは“恒例行事”だったといい、2010年に上演された舞台でも俳優との関係が噂されていたほか、酒井さんは他の男性とも浮気していることを匂わせながら、「志らくも知っていて、理解している」と公言していたそうです。

立川志らくさんは酒井莉加さんの不倫を容認する一方で、相手男性に対しては厳しい対応をしていたといい、2016年10月に志らく一門を破門にされた元弟子Aさんは最大の被害者だったとのことです。

酒井莉加さんはAさんのことを相当気に入っていたのか、Aさんが破門にされた後も復縁を求め、ラブレターや洋服をプレゼントするなどしていたといい、その証拠とする手紙の写真を週刊文春は公開しています。

<↓の画像が、酒井莉加さんが不倫相手の元弟子Aに送った手紙の写真>
立川志らくの妻・酒井莉加が元不倫相手の弟子に送った手紙

酒井莉加さんはAさんの実家にしつこく電話をしたり、手紙を送るなどしていたといい、Aさんは逃げるように友人宅を転々とし、破門前から精神的に不安定な状態となり、大声で突然叫ぶこともあったと知人が明かしています。

それでも酒井莉加さんは2016年12月に、「A(弟子の本名)は私がこっちで暮した方が幸せだと言う考えかもしれないけど、私はA(弟子の本名)と一緒にいたいです。私も苦しいです。ケイタイ解約するなんて思ってもなかった。年末までにキチンと話そう。東京ムリならそっちに行くので、電話下さい。たん生日は一緒にいたいです」と綴っていました。

立川志らくの妻・酒井莉加が元不倫相手の弟子に送ったラブレター

こうした関係を知った立川志らくさんは、弁護士に頼んでAさんが酒井莉加さんに近付かないよう約束させたそうです。

他にも、酒井莉加さんはAさんにのめり込むあまり、嫉妬心から女性の弟子Bさんに嫌がらせをすることもあったといい、「Bは弟弟子だったAと女将さんの関係を知らず、前座だったAに仕事を懇切丁寧に教えてあげていました。それを見た女将さんは、BがAに気があると勘違いしてしまったのです」と前出の知人は語り、それ以降は酒井さんがBにダメ出しや叱責を行い、執拗な電話やLINEに耐えられなくなったことで、2016年6月にBさんは自ら辞めたいと申し出て廃業したとのことです。

現在の不倫相手として報じられた立川うおるたーさんも、酒井莉加さんとの関係に悩んで一門から抜けたいと告げたところ、それを聞いた酒井さんにブチギレ激怒し、家から出ていったうおるたーさんを車で追い掛け回したと一門関係者が証言しています。

このように好き放題やっていたという酒井莉加さんのことを立川志らくさんは見て見ぬ振りし、これまで複数人に弟子や共演俳優らと親密な関係になっていたと週刊文春は報じています。

さらに、新型コロナウイルス感染拡大で紙製品が不足するとのデマが流れる中で、酒井莉加さんは弟子1人を連れて近所のドラッグストアへ行き、2人でティッシュペーパー3セットずつ購入、居合わせた客によれば、店にトイレットペーパーが無かったことにイラ立っている様子で、「なんで!?なんで!?」と叫んでいたと明かしています。

2人はその後コンビニでトイレットペーパーを購入していたとのことです。

それから数日後に放送された『グッとラック!』では、立川志らくさんがトイレットペーパーなどを買い漁る人たちについて言及し、「ドラッグストアでトイレットペーパーが無いってだけで暴言を吐いたり、蹴っ飛ばしたり。そんな爺さん婆さんは昔を思い出して、新聞紙でケツ拭けって言いたくなるね。2袋買っちゃうとか、自分さえよければいいっていう人が本当に多い」と斬り捨てていたとしています。

週刊文春はこのように酒井莉加さんの不倫、立川志らくさんがそれを容認してきたことを伝えているのですが、これに対してネット上では、

  • 志らく妻は志らくに全く未練はないと言う気がする。おそらくまた不倫するだろうから志らくは別れた方がいいと思う。
  • この嫁さん矢口やベッキー以上に異常な気がする。やってる事ストーカーじみてるし。自分の旦那の一門の弟子に手を出す感覚も凄いし
  • この嫁は身ひとつで出ていきたいんだろうな。志らくはもちろん、子供への未練もなさそう
  • 「たん生日」と、「誕」をいい大人が漢字で書けない事からも、志らくさんの妻は、ちょっとアレだと思います。
    手の掛かる配偶者なのですね。志らくさんにとっては、もう1人の大きな子どもなのでしょう。
    子どもは、やんちゃしても可愛いものなんでしょうね。私には理解出来ないけど。
  • 志らくはこの妻のどこがいいんだ?まさか酔ってたからって本気で思ってないよね?!
    どう考えても妻は志らくより弟子に心いってるだろ。てかこの妻は多分一生次から次へと男変えると思う。飽きっぽいというかいつもドキドキしてたいんだと思った。
    そして字が汚い!字も中学生みたい。全てが自分中心の子供のまま。
  • 志らくの奥さんは、ファンキーじゃなくて、基本的な事を普通に学んでいない方ですね。
    昭恵さんも令嬢だからじゃなくて、学ぶ事のない非常識な方だと思います。
    それなりの立場の方は、いくら愛妻でも真実から目を背けてはいけませんよ。度が過ぎていますよ。
  • これはもうアウトでしよう?この奥さんもう志らくさんに何の愛情も無いですよ。
    志らくさん、立場も名誉もプライドもあると思いますが、今別れとかないとこの先もっと深い傷を負うことになりますよ。
    奇麗事では済まされ無い。早く目を覚まして下さい。

などのコメントが寄せられています。

立川志らくさんが惚れ込んで酒井莉加さんと再婚したことや、溺愛している娘の小弓ちゃん(さゆみ 7歳)、雪奈ちゃん(ゆきな 3歳)の今後なども考えて、志らくさんは酒井さんの不倫に目をつぶっているのかもしれませんが、それにしても好き放題やらせすぎですね。

週刊文春の報道内容がどこまで事実なのかは不明ですが、元弟子Aさんに送った手紙を見る限り、立川志らくさんへの愛情は無いようですし、Aさんの消息が不明になると今度は立川うおるたーさんに手を出すといった行動から、今後また同じようなことをする可能性が高いと思います。

そのため、ネット上では離婚した方がいいのではとの声が多く上がっており、このままだと立川志らくさんのイメージも悪くなってしまうので、今後どうするか夫婦でよく話し合って、また同じような問題を起こさないよう誓わせるか、さらに大きなトラブルが起こる前に離婚を考えた方がいいような気がしますね。

参照元
  • 週刊文春 2020年3月19日号
  • https://bunshun.jp/articles/-/36560
5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExMTQ1

    シラクはntrマニア

  2. 2
    匿名
    ID:MTY5NDU5MjYx

    志らくはクソ嫁信じてる→クソ嫁好き放題→上手くいかなかったら志らくに嘘のチクリで志らくというポケット怪獣投入→言い寄られた力無き若手の道を閉ざす。
    志らくは綺麗事言ってるだけで、クソ嫁の被害者責めて立派な加害者だな。

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4NzE0NzE2

    志らくはニュース番組のMCだから何が何でも穏便に済ませたくて必死だな。

  4. 4
    匿名
    ID:MzcyMzU3ODQx

    惨めだわ、本当に惨めだわ、オレなら引き篭もるね。

  5. 5
    匿名
    ID:MTc4ODY5MDYx

    志らくさん、普段の発言が威勢いいから、弱いところを見せられないんでしょうね。痛い…

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について