熊田曜子が元カレとも警察沙汰、浮気疑惑でトラブルに。週刊文春に義母が心境告白、衝撃の言動も…

熊田曜子

グラビアタレント・熊田曜子さん(39)と会社経営者の夫・A氏(38)が、それぞれメディアを使って暴露合戦を繰り広げ、正に泥沼の争いに発展していますが、17日発売の週刊誌『週刊文春』はまた新たに熊田さんの衝撃的な言動や、元カレとも警察沙汰のトラブルになっていたことを明らかにし、ネット上で物議を醸しています。

『週刊文春』は夫・A氏の母親で、子供たちの面倒を見ていた熊田曜子さんの義母に取材を行い、一連の騒動に対して憔悴(しょうすい)した様子で、「孫の気持ちが一番心配です。毎日、一緒に勉強していましたから。私にとっても楽しい、楽しい時間でした。曜子さんも『有難うございます!』と言ってくれていたのに。息子がDVなんていうのも信じられず、悪い夢を見ているようです」と答えたといいます。

A氏の代理人弁護士によれば、熊田曜子さんは5月18日未明に、自宅でA氏から暴行を受けたと警察に通報し被害届を提出後も、これまでと変わらず長女を義父母宅に預けていたことを明かしています。

熊田曜子さんは3人の子供を出産後も仕事を続けているため、現在小学3年生の長女は放課後、自宅近所に住むA氏の両親宅に預け、次女と三女は夕方まで幼稚園に預けていたそうです。

義母は教員免許を持っているため、長女と次女に勉強を教えたり、バイオリンなどの習い事等にも連れていき、孫3人に夕食を食べさせることも多かったそうで、子供たちを迎えに来た熊田さんが、一緒にお風呂へ入ってから帰宅することもよくあったといいます。

事件3日前にも、義父母宅で熊田曜子さんの誕生日パーティーを開き、義母が手料理を振る舞っていたとのことです。

しかし、熊田曜子さんは18日にA氏が逮捕された事実を義父母に伝えることなく、弁護士からの連絡で初めて事件を知った義母は、娘に長女の面倒を見てもらい、夫婦揃ってA氏の自宅へ向かったそうです。

すると、玄関口に出てきた熊田曜子さんは義父母に向かって、「警察呼びますよ! 帰ってください」と言い放ち、義父母に弁護士を通じてのやり取りしか出来ないことを伝え、ドアを閉めたといいます。

その日の夕方になって熊田曜子さんの兄が義父母宅を訪れ、長女を連れて帰っていったそうで、翌日の19日にも長女は学校が終わると義父母宅に寄り、いつものようにおやつを食べていたそうなのですが、熊田さんからLINEで家に帰ってくるようにとの連絡が入ったことで長女は帰宅し、この日を最後に子供たちも義父母の家に行かなくなったとのことです。

その後の長女の様子について熊田曜子さんのママ友は、「小学校でも娘さんは元気がなく、『パパに会いたい』と友達に言っているそうです。最近は熊田さんが子供と一緒にいるところをよく見かけますが、3人の育児をしながらタレント活動を続けるのは大変なのでは」と語っています。

『週刊文春』はさらに、熊田曜子さんがA氏と結婚する前に交際していた元カレ・B氏にも取材を行い、熊田さんの素顔を明らかにしています。

B氏によれば、熊田曜子さんとは元々仕事だけの付き合いだったそうですが、ある時に食事して遅くなった時に「家に来れば?」と誘われ、熊田さんが母親と2人暮らしをしていると知っていたため、何もないだろうと思ってマンションへ行ったところベッドに誘われ、そのまま男女の関係となり、2010年5月ごろから交際をスタートさせたそうです。

B氏は、熊田曜子さんと母親の親子関係について、「寝室の隣のリビングにお母さんがいるのに、平気でしようと誘ってくる。彼女はメールでも『曜子、歩くかエ〇〇しか運動しないからね』と悪びれもせずに打ち明けていました」と明かしています。

ちなみに、熊田曜子さん自身も過去に出演した番組内で、「お母さんから『結婚してから失敗しないよう、若いうちはいっぱいエ〇〇をしなさい』ってアドバイスされているんです」と赤裸々告白していました。

B氏と熊田曜子さんの交際は2011年2月まで10ヶ月ほど続いたそうですが、熊田さんの浮気疑惑によって破局を迎えたといい、「彼女の携帯を見た時に、有名企業の社長や、民放のディレクターらとの親密なやり取りがありました。それを追及すると、『んなわけないじゃん』と。何度か話し合っていましたが、最後は私もかなり厳しく問い詰めた。すると彼女は家を飛び出して、近くの目黒警察署に駆け込んだのです。そこで警察からもう近づかないようにと警告を受けました。今回の夫の件も、僕と同じだなと……」と、B氏が過去の苦い記憶を明かしています。

こうして熊田曜子さんとB氏は破局し、それからわずか1ヶ月後の2011年3月10日に、熊田さんは友人の紹介でA氏と出会い、すぐに意気投合して同4月から結婚を前提とした真剣交際をスタートさせ、同9月に『フライデー』によって交際を報じられました。

そして、交際から1年後の2012年4月にできちゃった結婚し、同12月に長女、2015年10月に次女、2018年6月に三女が誕生しましたが、結婚から9年で離婚騒動が勃発することになりました。

『週刊文春』は元カレB氏らの証言を受けて、熊田曜子さん側に事実確認を行ったところ代理人弁護士から回答があり、B氏とのトラブルについては、目黒警察へ被害相談した事実はございます。熊田に対しストーカー行為を行っていたため、当該ストーカー行為について被害相談を行ったもので、ご質問にあるように交際相手に浮気を疑われた等を理由とするものではございません。なお、今から約5、6年前に、B氏から熊田の夫であるA氏に対し、Facebookのメッセンジャーでコンタクトがあったことから、その際には高輪警察署に相談し、高輪警察署からB氏に対し、熊田への接近を禁止する措置をとってもらったとのことですと説明しています。

また、A氏の暴行事件後も長女を義父母宅に預けていたことについては、預けたとの事実はありません。長女は学校から帰宅する途中にある夫の両親宅に寄るのが習慣になっており、熊田の兄が迎えに行ったところ、長女を2時間程度帰してもらえないという出来事がありましたとしています。

熊田曜子さんと義父母のやり取りについては、『警察を呼びますよ、帰ってください』と言ったことは事実ではありません。熊田の自宅を訪れた際、被害届を取り下げるように言われ、A氏の母が熊田の肩を強く揺さぶるということがありました。その際のやり取りについては録音データが残っていますと語り、熊田さんが義父母とのやり取りも録音していたことを明かしています。

『週刊文春』はこのように、熊田曜子さんのこれまでの言動、元カレとの警察沙汰のトラブルなどについて報じているのですが、この報道を受けてネット上では、

  • 要するに熊田は男と切れるのに警察を使うということやな
  • 双方が出された話を否定するほど、相手方が更に出してくる、もう、負の無限ループ。熊田さんは真っ当な芸能活動無理だろうなぁ…
    ここまでイメージ地に落ちたら、有吉でもロンブー淳でも助けられんぞ。
  • 完全に男をなめている。暴露された友達との電話でも、旦那さんをバカにした感じで高笑いしてたし。
    多分男なんて自分の思い通りに動かせる生き物だと思っているし、実際そうだったんじゃないかな。
  • つきまとうにも理由があって、キチンと話が出来ず本当のトコロを答えたくないから警察を使ってる印象ですね。
    相当タチが悪い気もするし、このまま旦那さんも暴力の前歴から接近禁止命令出して逃げるつもりなんだろうな。
  • 色々出てくるなぁ~テレビで報道しないから余計にネットで大きくなる始末。事務所の圧力かなぁ?水泳選手みたいだ。テレビを封じ込んでも、もう無理でしょ。
    独身ならまだしも、3人の母親が使用済みおもちゃを持ち帰ってきては、もう需要はありません。
    父親を前科者にしてまで芸能界に残ろうとするやり方は子供にとって最悪。もう引退して下さい。
  • イメージが崩壊していくな。警察に行くのは常套手段だったのか。
    バラエティによく出ていた頃、有吉なんかが随分とイジっていたのは、そういう本性を知っていたからか。
    子供達の為にも夫に親権渡した方が良いかもしれないね。その方がまた色々な恋が出来るよ。
  • 女から母親になれない典型ですね。子供可愛いアピールとかも他の異性への私を見て的な。
    まぁ早い話しがイケメンかお金持ちか権力者が好きで揃ってれば尚更ってな感じなんでしょうね。
  • 金と権力ありそうな男を物色し、自分からグイグイいって捕まえては、もっとイイのが出てきたらDVやらストーカーやらをでっち上げ、警察を介入させておさらばするという手口を繰り返してきたんだろうか
    次のターゲットへの飽くなき執着は凄まじいが、手口がバレた今後は通用しないだろう

などの声が上がっています。

今回新たに登場した元カレB氏は、熊田曜子さんとは仕事の付き合いがあったと明かしており、芸能関係の仕事をしている方なのでしょうかね。

また、B氏と交際中にも浮気疑惑が浮上し、それを問い詰められると警察に駆け込んで破局を迎えたそうですが、これまでそうして何人もの男性をポイ捨てしてきたのでしょうか。

B氏曰く、熊田曜子さんは某テレビ局のディレクター等と親密なやり取りをしていたそうで、熊田さんはかつて、ナインティナイン・岡村隆史さんとの自宅密会を週刊誌に報じられているほか、2007年には元お笑いタレント・島田紳助さんとの不倫交際疑惑を『週刊文春』に報じられ、大きな話題になりました。

そして、いま熊田曜子さんは情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)のプロデューサーとの親密関係が疑われていますが、熊田さんは人気タレントや力を持つスタッフに近づき、これまで仕事を獲得してきたのではないかという疑いの目も向けられています。

ちなみに、熊田曜子さんは9日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際に、「やっぱりテレビは唯一無二なんですよ。ほか、いろんなものが出てきても特別なんです、テレビって。出続けることがバラドルにとって大事なんです。女優さんとかって作品が残るじゃないですか。バラドルってテレビつけていないとダメなんですよね。だからこそ出続けたい。しがみつきたい。毎回毎回オーディションだと思っています。今、私が一番気になるのはスタッフさんの評価です。『熊田曜子を呼んで良かったね』って次の会議に言われるかどうか。あとはMCの人に『熊田がいたら安心』みたいな感じで思ってもらえるのが嬉しいですね」などと、テレビ番組への出演に対して並々ならぬ思いを明かしていました。

そうして子供を出産後も仕事を続け、義父母宅に長女らを預けて色々と面倒を見てもらっていたにも関わらず、インスタグラムでは不満をぶち撒けたり、A氏に不倫を疑われて警察沙汰のトラブルに発展後は態度を一変させ、一方的に情報を発信してA氏を悪者にしようとしていたわけで、A氏の証言などが全て事実とは言えないものの、この騒動によって熊田曜子さんのイメージがガラリと変わってしまったのは間違いありません。

ネット上では、今後も芸能活動を続けるのは難しいのではないか、引退して欲しいといった声もありますが、熊田曜子さんサイドはこれからどのように不倫疑惑を払拭し、イメージ回復を図っていくのか見ものですね。

参照元
  • https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1253
  • https://bunshun.jp/articles/-/46211
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2021/06161057/
  • https://npn.co.jp/article/detail/200000093
  • https://www.narinari.com/Nd/20210665775.html
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4ODUxMjI2

    まれに見る性格の悪さだけかと思ってたけど 男にもだらしないなら もはや、もう体だけですな
    顔はデカすぎてイマイチだからお釜にしか見えん

  2. 2
    匿名
    ID:ODI4MzgwODQw

    岡村と付き合ってなくて良かった

コメントを残す