熊田曜子がイメージ操作か…モラハラ暴露に誇張疑惑、夫が怒りの反撃開始へ? 不倫疑惑スルーの裏側、圧力で火消し説も…

熊田曜子

グラビアタレント・熊田曜子さん(39)と会社経営者の夫(38)の離婚を巡る騒動で、週刊誌『週刊女性』は熊田さんによる“イメージ操作”疑惑が浮上していることを伝えています。

熊田曜子さんは5月17日夜から18日未明にかけて夫と口論になり、夫が熊田さんの顔を数回殴ったり、体を蹴るなどの暴行を加えた疑いで逮捕され、20日に釈放となりましたが、被害を訴えた熊田さんは被害届を取り下げず、在宅で捜査を受けることになりました。

この事件は、夫が釈放された翌日の5月21日に、各スポーツ紙や週刊誌のWeb版が一斉に伝えるとともに、熊田曜子さんが以前から夫への不満を漏らしていたこと、“モラハラ”の疑いがあったことなどを伝えるなどし、熊田さんの所属事務所『アーティストハウス・ピラミッド』はメディアの取材に対して、「家庭内暴力で熊田の夫が逮捕されたのは事実です。」「私たちとしては全力で熊田をサポートしていくつもりです」などとコメントしていました。

それから10日後の5月31日には、熊田曜子さんが事務所を通じてコメントを発表し、夫から暴力を受けて身の危険を感じ、警察に通報したことなどは全て事実とした上で、夫からの暴力行為は今回が初めてではなく、夫が帰宅する時間が近づくと恐怖を感じるようになってしまっており、そのような状態でこれ以上婚姻生活を継続することは難しいと判断し、所属事務所や弁護士さんと協議を重ねた上で、夫と離婚することを決意し、弁護士さんに離婚手続きを委任することになりました。子ども達と4人で一緒に頑張って生活していきますので、温かく見守っていただければと思います。と、夫との離婚も宣言しました。

この離婚発表直前には、週刊誌『フラッシュ』のWeb版『SmartFLASH』が、熊田曜子さんに不倫疑惑が浮上していることや、それが原因で夫婦喧嘩に発展したことなどを伝え、夫側の代理人弁護士は取材に対して、警察で取調べを受けた際にX氏が、『事件当日、熊田さんに不倫を問い詰めた結果、口論になった』と供述したのは事実です。調書にも残されていますと明かしています。

一方、熊田曜子さん側の弁護士は「不貞関係なるものは全くの事実無根であり、X氏の単なる邪推に過ぎない」と不倫を完全否定したほか、熊田さんが5年前にも夫から殴られたと主張し、警察沙汰になっていたことも明らかにしました。

双方の主張に食い違いがあり、泥沼の様相を呈しているのですが、『週刊女性』は熊田曜子さんが以前からSNS上で訴えていた夫からのモラハラ的言動、義母(姑)に対する愚痴について、イメージ操作の疑いが浮上しているとしています。

熊田曜子さんと夫は2012年7月にできちゃった結婚し、2012年12月に第1子となる長女(8)、2015年10月に第2子となる次女(5)、2018年6月に第3子となる3女(2)が誕生しているのですが、娘が通っているインターナショナルスクールの保護者たちからは、熊田さんの言動に戸惑いの声が上がっているといいます。

インターナショナルスクールの保護者は、「熊田さんのSNSを額面通りに受け取れば、彼女がワンオペで家事と育児をこなしているように見えますが、これまで娘さんたちの送迎は、朝がAさん(夫)、帰りはAさんのお母さまが担当していました」と明かしています。

また、熊田曜子さんは今年3月に事務所の先輩タレント・鈴木紗理奈さんとYouTubeでコラボした際、「(夫が)家にいない」「感情の起伏が一定で感情がない」「言動がまるで子供」などと夫への不満を口にしていましたが、実際には積極的に子育てにも参加していた様子で、「Aさんのお母さまは娘さんたちにバイオリンを教えていましたし、Aさんも育児に積極的で、他の保護者の方々と情報交換したり、よく娘さんの勉強を見てあげていたそうです。」と語っています。

熊田曜子さんが漏らした愚痴がネットで話題になる度に、夫と義母は心を痛めていたといい、夫の知人男性も『週刊女性』の取材に対して、「これまで熊田さんがこぼした愚痴は誇張ばかり。自分は“かわいそうな妻・母親”だと世間に印象づけたいのかなと思ってしまいます。彼女はご飯を作っても100回以上食べてもらえなかったとSNSで訴えていましたが、料理に関しては姑さんや近くに住む熊田さんのお母さんが手伝っていました。そこまで頻繁に料理をしていなかったはずなので、100回も無駄にする機会なんてありません」と証言しています。

<↓の画像は、熊田曜子さんがインスタグラムで投稿した夫・姑に対する愚痴>
熊田曜子が夫・姑の愚痴インスタグラム・ストーリーズ画像

さらに、熊田曜子さんは2018年に出演したテレビ番組で、夫が自分の知らない間にサラリーマンを辞めて会社を立ち上げていたことや、給料なども教えてくれないなどと愚痴っていたことについて、「逆に熊田さんはAさんの仕事には無関心でした。彼はこのように言われたことに対して、『そもそも給料なんて聞かれたことがない』と不思議がっていましたよ」と知人が明かしています。

続けて、「Aさんは熊田さんから出る身に覚えのない愚痴も『芸能人だから仕方がない』と我慢してきました。逮捕された件についても、彼自身は暴力を振るっておらず、彼女が大げさに言っているだけだと語っていました。そんなこともあって、彼女の笑顔を見る度に“裏でイメージ操作をしているのでは”と狡猾(こうかつ)さを感じてしまいます。」と語り、知人は熊田さんの言動に悪賢さを感じているそうです。

そして、夫はこれから真実を明らかにするために、具体的な行動に移していくつもりのようなのですが、『週刊女性』が夫の代理人弁護士に取材を行ったところ、子供のためにも、内々の話し合いで解決したいと考えてコメントなどを控えていましたが、熊田さんから一方的にコメントが発表されたことなどによって、もはや看過できない状況になっているため、今後必要な反論などを行うことを検討していますと回答したとしています。

一方で熊田曜子さん側の弁護士からは、「養育費や親権に関して主張を進めていきます」との回答があり、“泥沼裁判”となるのは避けられない状況といいます。

『週刊女性』はこのように熊田曜子さんによる“イメージ操作”疑惑を伝えているのですが、ニュースサイト『サイゾーウーマン』によれば、熊田さんの所属事務所サイドは一連の騒動の火消しに躍起になっているといい、『フラッシュ』がスクープした不倫疑惑がワイドショー番組等でほとんど扱われていないこと、後追い報道が無い裏事情について伝えています。

記事では業界関係者が「現在、テレビなど主要メディアでは、熊田の騒動は“タブー扱い”されている」と明かし、芸能プロダクション関係者は、「マスコミ関係者の間では今、事務所のやり方が『あからさますぎ』と、うわさになってます。というのも、事務所はメディア側に“圧力”をかけて、全力で不倫疑惑の火消しをしているそう。あるテレビ局が記事を取り上げた際には、熊田の事務所から猛抗議が入ったといいます。現在、『フラッシュ』の不倫報道は、ほぼテレビや新聞では“取り扱い不可”で、離婚自体も基本的には取り扱いNGだとか。」と語っています。

真相は不明ながら、なぜか複数の大手メディアは熊田曜子さん側に付き、夫を悪者にするかのような情報を伝えたり、不倫疑惑報道を熊田さん本人も含めて完全スルーしていて、非常に違和感を抱きますね。

6日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した『ハライチ』の岩井勇気さんは、熊田曜子さんが訴える夫からのDV、離婚騒動について、「DVは絶対によくない」とした上で、「口論になっている内容を全く開示しないというのはフェアではない」「発表する場がある方が強くなっちゃうじゃないですか」と訴え、熊田さんの言動に対しては「暴力を誘発すること言ってませんかってことになる」とも語っていました。

熊田曜子さんはこれまで自身のSNS、様々なテレビ番組などで夫に対する愚痴を漏らし、加えて暴行容疑で逮捕される事件が発生したことで、熊田さんを擁護する声も多く上がっていましたが、不倫疑惑やイメージ操作疑惑が浮上したことによって状況は大きく変化しており、ネット上では熊田さんに対する批判が急増しています。

熊田曜子さんサイドは、多くのメディアを使って一方的な情報を発信したり、自身に不都合な情報は抑え込むことで火消しをしようとしているそうですが、こうした状況にネット上でも違和感を訴える声が多く上がっており、様々な情報や憶測が飛び交うことで熊田さんのイメージが悪化しつつあります。

そして、どのような形になるかは不明ながら夫側がこれから反撃に出るようなので、さらに騒動が泥沼化していきそうですが、今後どのような展開を迎えるのか、引き続き動向に注目していきたいですね。

参照元
  • https://www.jprime.jp/articles/-/21047
  • https://www.cyzowoman.com/2021/06/post_343989_1.html
  • https://smart-flash.jp/showbiz/143702
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI4Mzg1MTY1

    岡村が付き合ってなくて良かった

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4ODUxMjI5

    この女の言うことは信用できないよ

  3. 3
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    ほんと、岡村はホッとしてるだろうね。

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4ODUxMjY2

    ただの嫌われ者

コメントを残す