渡辺謙が年下の一般女性と不倫? 週刊文春がツーショットやキス写真入手(画像あり) 南果歩と再婚し夫婦仲良好も浮気…

渡辺謙

2003年公開の映画『ラストサムライ』でハリウッドデビューを果たし、その後も国内外の数多くの作品に出演し活躍している俳優・渡辺謙さん(57)に不倫疑惑が浮上しています。

これは30日発売の週刊誌『週刊文春』がスクープしているもので、同誌によると2月18日に、アメリカ・ニューヨークのセントラルパークで渡辺さんは、一般女性のA子さん(36)と手を繋ぎデートを楽しんでいたといい、その2日後にも2人は中華料理店でディナーを共にしていたとのこと。

この時に、渡辺さんの妻で女優の南果歩さん(53)は、ニューヨークを離れてサンフランシスコに滞在していたそうです。

同誌の取材によれば、渡辺さんとA子さんは2013年8月末に大阪で出会ったそうで、渡辺さんの事務所関係者は「彼女の存在はスタッフの間でもほとんど知られていませんが、2人の関係は3年近くに及んでいます。アメリカだけでなく、大阪や気仙沼など日本国内でも密会を重ねています」と証言。

同誌は10枚以上のツーショット写真を入手しているそうなのですが、その写真は2人が深い関係にあることを物語っているといい、渡辺さんとA子さんが顔を近づけてキスをしているような写真、ドライブデートの写真、ソファで寝ている渡辺さんを撮影した写真などもあるとのこと。

<↓の画像は、手を繋いでニューヨークの街を歩く渡辺さんとA子さんのツーショット写真>
渡辺謙と不倫相手の女性・A子の手繋ぎツーショット写真

なお、同誌の取材に対してA子さんは、幼馴染の友人を通じて「お答えできません」と回答し、渡辺さんが所属する芸能事務所『ケイダッシュ』は「ノーコメント」という回答だったそうです。

そして、この不倫報道に対してネット上では、

  • 奥さん最近まで闘病中だったと思ったけど?これが本当ならがっかりどころの話じゃないですね。見損なったわ。
  • 男の中の男ってイメージが台無しですな。夫として父としてどうかと思う。
  • でもこの人前回の離婚の年と南果歩と再婚の年かぶってるよね。離婚調停に2年かかったとはいえ、離婚成立してもないのに付き合ってたんだから不倫二回目よね。
  • あーあ、誠実なところが売りの1つだったのにな。がっかり。
  • 結婚出来ないイライラから不倫相手が文春にリークして奥さんに自分の存在をアピール。
  • 前の結婚でも不倫してた。またか、という感じ。熱しやすく冷めやすい人なんだろう。
  • やっぱりクセ出ちゃったね。ハリウッド俳優になっておとなしくしてると思ったけど。昔から女グセの悪さは半端なかったもんね、この人。
  • うわぁぁぁ!!!!!これはショック大きい。不倫体質だったのか・・渡辺謙さんよー。事実なら、南果歩さん男見る目ないなぁ・・

などのコメントが寄せられています。

渡辺さんは1983年に一般女性の由美子さんと結婚し、1984年8月に第1子となる長男で俳優・渡辺大さん(32)、1986年4月に長女で女優・杏さん(30)が誕生。

その後、2001年末ごろに妻の借金トラブルが発覚したことなどが原因で、2002年3月に夫婦が別居生活をしていることが明らかとなり、同年夏には渡辺さんが離婚訴訟を起こし約2年にわたる調停の末、2005年3月に離婚成立。

その一方で、ドラマ共演がきっかけで知り合った南果歩さんとの交際をスタートさせ、2005年12月に再婚、結婚から約5年後の2010年8月にロサンゼルスで挙式を行いました。

ちなみに、南さんもバツイチで、1995年にミュージシャン・作家の辻仁成さん(57)と結婚、男の子が誕生したものの、2000年3月に離婚。

渡辺さんと結婚後、辻さんとの間にもうけた子供は養子縁組しています。

<↓の画像は、南果歩さんが昨年6月にツイッターに投稿した写真とツイート>
南果歩のツイート
渡辺謙と南果歩のツーショット写真

そんな夫婦はとても仲が良いことで知られており、公の場に夫婦揃って登場することも多く、2013年11月には宮城・気仙沼の人たちとともに、『K-port』というカフェをオープンさせるなどしています。

また、お互いにガンを患った際には支え合うなど、とても仲が良い夫婦として知られていただけに今回の不倫報道には驚きましたね。

『週刊文春』は決定的なツーショット写真も入手しているほか、両者のコメントなどからも限りなくクロに近いのですが、この件に対して渡辺さんがどのようなコメントをするのかに注目したいですね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    あのスキンヘッドは性欲の塊
    杏ちゃんまた絶縁しそう

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について