渡辺謙が不倫スキャンダル謝罪! 妻・南果歩と離婚の可能性、会見遅れた理由を語る(画像あり) ネットではバッシングの嵐

渡辺謙

今年3月末に週刊誌『週刊文春』によって、元ホステスでジュエリーデザイナーの女性(36)との不倫スキャンダルをスクープされた俳優・渡辺謙さん(57)が、15日に東京都内で会見を開き不倫騒動について謝罪しました。

渡辺謙さんは『週刊文春』に報じられた内容について、「おおむね事実です。」と認め、「本当に私の軽率なふがいないこういった行動が、今までたくさん応援してくださった方々を心配かけてしまったこと、また、僕に仕事を下さった関係各位の皆様にも本当に多大なご迷惑とご心配をおかけしたことをこの場をお借りして、本当に申し訳ないと思っています。」と謝罪。

<↓の画像は、会見で頭を下げた渡辺謙さんの写真>
謝罪会見で頭を下げる渡辺謙

また、「何よりも妻にも苦しい、悲しい思いをさせてしまった。謝罪しました。事が事なので少し時間をかけながらゆっくりと軌道修正をしているところです」と、妻で女優の南果歩さん(53)に謝罪したことを明かしています。

不倫報道から3ヶ月半が経って会見を開いた理由については、「本来でしたら記事がでてすぐにもでも皆さまの前でお話しをするべきだったかもしれないけれど、まず僕自身がきちんと事態を把握すること、そして冷静な時間が必要でした。そのときにオファーを受けていた仕事が今後どうなっていくのか話をさせていただくなかで、お時間をいただくことになってしまいました」と説明しています。

『週刊文春』の報道によると、渡辺謙さん2013年初めに、番組共演がきっかけで親交を深めていた元MBSのフリーアナウンサー・角淳一さん(すみ・じゅんいち 72歳)と高級ふぐ店で食事し、その時に角さんから紹介された女性が、当時大阪・北新地の老舗高級クラブでホステスをしていたA子さんだったといいます。

その時に渡辺謙さんがA子さんのことを気に入って連絡を取り合うようになり、不倫関係になったとのことでした。

2人は2013年から交際がスタートし、今年2月に渡辺謙さんは滞在先のアメリカ・ニューヨークにA子さんを呼び寄せて、手つなぎデートをする姿などがキャッチされているのですが、3年にわたって不倫交際していたのか聞かれると、「ずっと続いていたというわけではなくて、その間何度もアメリカで仕事していたりしたし、僕の中の決断が付かずに何となく続いてしまった。」と説明しています。

<↓の画像が、報道陣の質問に応じる渡辺謙さんの写真>
謝罪会見した渡辺謙2

A子さんは結婚を期待していたのか聞かれると、「ないです。そういう話もありません。僕の方ではそこまでのことはなかった。」と否定し、ティファニーの指輪をプレゼントしたことで期待していのではないかという問いには、「うーん、まあ、そうですね。それは僕の中ではそういうつもりではないですけど…。(プレゼントは)クリスマスとかそういった時に…」と話していました。

A子さんとは話し合いの末に関係を解消したといい、「(別れたのは報道後?)そうです。(女性は了解した?)そういうことになります。僕が俳優として生きていくことを第一に思ってくださった。」と説明し、慰謝料を支払ったのかについては「ないです、ありません。」と答えています。

<↓の画像は、『週刊文春』に掲載されたA子さんとのプライベート写真>
週刊文春掲載の渡辺謙と不倫相手・A子の親密ツーショット

週刊文春掲載の渡辺謙と不倫相手・A子のツーショット流出写真

一方、夫の不倫を知った南果歩さんの反応については、「最初はすごくショックが大きかったので、どうしていくかということに関しては時間がかかった。時間が経って落ち着いてきたときに、『こんなことであなたが積み重ねてきたものが消えるわけではないから、頑張ってね』と言ってくれました。」と明かしています。

また、現在の夫婦仲については、「これは僕の方でどうこう言える立場ではない。時間をかけていきたい。」といい、自宅には戻ったのか聞かれると、「すぐには戻れないでしょう。冷静になる時間も必要だった。以前から仕事の準備で一人で山小屋に行ったりすることはあった。ただ、連絡は取り合っていますし、彼女は時間があけば訪ねてきたり、必要な荷物を届けてくれたりした。叩き出されたというわけではなく、普通に送ってくれた。」と言いつつも、「まだまだ時間かかると思っているし、彼女は仕事が始まったので、その中で時間を見ては話をしている。」と、夫婦間での話はまだ十分に行えていないとのことです。

<↓の画像は、渡辺謙さんと南果歩さんのツーショット写真>
K-PORTフェイスブック投稿の南果歩と渡辺謙

そして、離婚について聞かれると、「今の段階ではそういうのは出ていないです。まだそこまで(話し合いが)なかなか行っていない」と明かし、南果歩さんを愛しているかという問いには「僕が今、言える立場ではないので。」と答え、今後も結婚生活を続けたいかどうかについては「そうあったらいいなと思う。」「まあ、どういう形でも支えていきたい」としています。

その他にも、前妻との間にもうけた長男で俳優の渡辺大さん、長女で女優の杏さんの反応について聞かれると、「彼らも立派な社会人ですし、家庭も持っていますので、一応報告はちゃんといたしました。いずれにしても親子の縁はなかなか切れないですから、これも僕が一生背負って、ゆっくりと関係を修復していくしかないのかなと思っています。(杏の様子は?)僕もそれ以降はまだ連絡はしていないので。(孫に会わせてもらえそう?)こればっかりは双方の気持ちもありますからね。」と話していました。

『週刊文春』に不倫スキャンダルをスクープされてから3ヶ月半が経ち、渡辺謙さんがついに記者会見を行ったわけですが、これに対してネット上では、

  • 今さら感がハンパない。しかも今なら松居さんの話題で誤魔化せるタイミングだし、ズルさもハンパない。
  • なんでこんなに遅くなったの?時期を選んでたとしか思えない。いやらしい男だ。
  • 大河控えてるから、しぶしぶ会見ってところかな。それより降板して欲しかったが。
  • 今さら?松居一代の件で騒がしいので、今のうちにとでも考えたんだろうね。
  • 奥さんを愛していると言明しないところに、他の特定女性への配慮を感じてしまいました。まだ他にもいろいろありそうですね。
  • 大人のイメージがあったけど、全然まだまだはなたれ小僧ってところだったんだ。男らしさを微塵も感じない。がっかりした。
  • 誰かが考えた良い子ちゃんのコメントですね。やはりドラマを控えているからですね。契約ごともありそうだし。2年後くらいにあっさり離婚しそう。
  • 南果歩は略奪不倫だけど、癌を献身的に支えるふりをして何年も美人ホステスと不倫。逃げまくって松居騒動に隠れてこそこそ会見。まあせこいよ謙さん。ほんとずるいよね
  • 何しようが自由だけど、娘だの息子だのが同じ世界にいて、杏ちゃんなんか自分より先にコメントなんか求められたりしてるんだから、そういう迷惑はかけちゃダメだよ。

など、批判的なコメントが殺到しています。

ネット上の反応を見ると、渡辺謙さんが突然このタイミングで記者会見を行った理由について、船越英一郎さんと松居一代さんの泥沼離婚騒動が大きな注目を集めていることから、少しでも話題が小さくなるタイミングを見計らって謝罪会見を開いたのではないかと指摘する声が非常に多く見受けられます。

これはあくまでも憶測ではあるのですが、報道からすでに3ヶ月半経ってからの会見ということもあり、こうした声が上がるのも当然で、一応会見は行ったものの引き続き厳しい声が上がることが予想され、イメージを回復させるにはかなり時間が掛かることでしょうね。

そして、渡辺謙さんが今回の会見で話したところによると、夫婦間での話し合いはまだしっかりと行えておらず、離婚するかどうかについての話もまだとのことですが、『週刊女性』などは離婚の可能性もあることを伝えています。

夫婦は現在も別居状態にあり、離婚時期については「秋頃」という声も上がっているそうで、芸能関係者は「杏の出産、南の主演ドラマの放送終了後、さらに渡辺が大河ドラマの撮影に入るというタイミングで、何らかの結論が出るのではないでしょうか」と語っています。

果たして今後、2度目の離婚という展開を迎えるのか、引き続き渡辺謙さんと南果歩さんの動向に注目していきたいですね。

5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:OTczMzM2MzE2

    これは表の顔
    裏の顔ではなんとも思ってない

  2. 2
    匿名
    ID:MzY3NTg0NjE3

    まあ、男だし、こんなもんじゃないの。
    続けるつもりなかったけど、なんとなくずるずるしたってところが妙にリアルだし。

    あんまりいい男じゃないねー、男らしさが全然ない。

    にしても、南果歩、略奪だったんかいな。
    もし本当なら因果応報で、なんとも思わんわ。

  3. 3
    匿名
    ID:MTk5NTQ3MTgw

    奥さんを今も愛しているかという質問に、「僕が今言える立場ではない」って冷めまくりだろ。

  4. 4
    匿名
    ID:MzA2OTk2NjU5

    知らんわ…そんなに興味ないですわ~

  5. 5
    匿名
    ID:MjQwMDo0MT

    会見では、奥様への配慮よりも、相手女性への配慮が感じられたのは、気のせいじゃないと思う。

    このご夫婦、今の仕事が片付いたら離婚?かもね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について