清原和博が亜希と復縁も? ハーフ美女の年下恋人と破局、元妻とヨリ戻す? 息子とも再会し関係も良好で…子供の画像あり

清原和博

11月末に行われたトライアウトで監督を務めたり、野球教室を開くなど、再び野球の仕事に携わり始めている元プロ野球選手の清原和博さん(きよはら・かずひろ 52歳)に、元妻でモデル・亜希さん(あき 本名=木村亜希 50歳)との復縁説が浮上しているようです。

<↓の画像が、清原和博さんの元妻・亜希さんの写真>
清原和博の元妻・亜希

清原和博さんは1998年8月に元妻・亜希さんと出会い、2年後の2000年5月に結婚、2002年8月に第1子となる長男・正吾さん(しょうご 17歳)、2005年5月に次男・勝児さん(かつじ 14歳)が誕生しましたが、2014年に薬物使用疑惑などが報じられ別居、同年9月に離婚が発表されました。

<↓の画像は、2000年5月に婚姻届提出時の清原亜希さんと元妻・亜希さんのツーショット写真>
清原和博と元妻・清原亜希

こうして家族を失った清原和博さんは2016年2月に覚醒剤事件で逮捕され、同5月に懲役2年6ヶ月・執行猶予4年の有罪判決が下されました。

そんな清原和博さんが逮捕前から交際していたのが、銀座の高級クラブ『V』でホステスをしていた女子大生Mさんで、清原さんが逮捕された2016年時点で22歳、娘がいるシングルマザーの26歳年下恋人でした。

この女性は大手航空会社勤務の父親とアメリカ人の母親を持つハーフで4姉妹の3女、中学時代には一時タレント活動もしていたとも報じられています。

清原和博さんはこの女性と同棲し、再婚するのではとの噂もありましたが、薬物事件が原因で間もなく破局したと報じられていました。

一方でニュースサイト『日刊サイゾー』によれば、清原和博さんとMさんは事件後もしばらく同棲を続けていたと伝えています。

しかし、元同僚ホステスによれば2人は半年以上前に別れたといい、「M子さんから『清原とは別れた』と連絡がありました。今は六本木のキャバクラで働いているそうです」と証言しています。

薬物事件から早3年が経ち、再び大事なパートナーを失ってしまったとされているのですが、ここ最近は2人の息子を通じて亜希さんとの距離を少しずつ縮めているため、復縁説が浮上しているとしています。

亜希さんは清原和博さんと離婚後、公の場で清原さんについて言及することはほとんど無く、清原さんと息子たちを会わせることもありませんでした。

<↓の画像左が長男・正吾さん、右が次男・勝児さんの写真>
清原和博の長男と次男、息子の顔画像

しかし、亜希さんは11月発売の女性誌『HERS』内の連載最終回で、清原和博さんが昨年7月に出版した著書『告白』に触れ、「何が書かれているんだろうかと嫌な気持ちになった」「読み始めるまでには時間がかかりました。時間というか、覚悟というか……」としながら、「今まで封印していた気持ちが溢れ出したのかもしれません。涙が止まらなかった。」「何度も読んで、私自身の存在を再確認しました。頑張ってる人の背中を押す。それが私の仕事なんだと思った」などと綴っていました。

文の最後には、「尊敬と怒りと後悔と慈愛と感謝が詰まった1冊。彼は罪を犯しました。けれど、今の姿を応援したい」と記しており、実際に清原和博さんは今年3年半ぶりに息子たちとの再会を果たし、スポーツジムで次男に野球指導をする姿などが目撃されています。

清原和博さんの次男・勝児さんのインタビュー映像

清原和博さんは12月2日放送の『Live News it!』の密着取材で、息子たちと再会した時の心境について、「一気に元気が出てきた。こんなに早く再会できるとは思わなかったが、何とも言えない笑顔で迎えてくれた。キャッチボールしたのは一生忘れない。2人の息子に力をもらっている」と語っています。

さらに、亜希さんへの思いにも言及しており、「ああいう風に送り出してくれた元妻にも感謝してますし、普通だったら悪口もいっぱい言ってもおかしくない。そういうことも一切、息子たちには言わなかったと聞いた」と感謝の言葉を述べ、番組では2人が現在定期的に連絡を取り合っていることも明かされました。

清原和博さんは元プロ野球選手の片岡篤史さんのYouTubeチャンネルにも登場し、「もう、この子たちにあんな思いをさせたくないというのがある。あの時は一生会われへんのちゃうかなと。そんなん思ってたから、もっと頑張らなと」とも語っています。

片岡篤史さんのYouTubeに登場した清原和博さんの映像

現時点では清原和博さんと亜希さんが復縁となるのかどうかは不明で、今後も亜希さんと息子たちとは清原さんとの交流を続け、社会や野球界への完全復帰を見守っていく形になるのではないかと思いますが、いつかまた4人が揃って食事をするなど、薬物事件などが原因で失われた家族の交流が少しずつ取り戻せていったらいいなと思いますし、もう2度と家族や仲間らを裏切ることなく、少しずつ前に進んでいってほしいですね。

参照元
  • https://www.cyzo.com/2019/12/post_226002_entry.html
  • https://myjitsu.jp/archives/6032
  • https://www.cyzowoman.com/2016/02/post_18980_1.html
  • https://www.sankei.com/affairs/news/160526/afr1605260008-n1.html
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/502844/
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について