木下優樹菜は芸能界引退せず? 事務所バックアップし固定給支払い、不倫疑惑の乾貴士選手は交際否定も…

木下優樹菜

タピオカ店の店長恫喝問題に続き、サッカー日本代表・乾貴士選手(いぬい・たかし 31歳)との不倫交際疑惑まで浮上したことにより、芸能界引退も囁かれている“ユッキーナ”こと木下優樹菜さん(32)ですが、週刊誌『週刊女性』によると、所属事務所『プラチナムプロダクション』は現在も木下さんを見放すことなく、「固定給」を支払うなどのサポートを続けているといいます。

木下優樹菜さんは昨年10月、姉が働いていたタピオカドリンク店の店長を恫喝した問題が表沙汰となり、世間から猛バッシングを浴びたことで昨年11月に芸能活動自粛を発表し、表舞台から完全に姿を消しました。

同12月には、2010年8月に結婚した『FUJIWARA』の“フジモン”こと藤本敏史さんとの離婚が成立し、その発表から間もなく、過去のインスタグラムへの縦読み投稿が発端で乾貴士選手とのW不倫交際疑惑が浮上し、現在も炎上状態が続いています。

木下優樹菜さんとのW不倫疑惑が浮上している乾貴士選手は、2010年3月に元保育士の一般女性・奈々さんと結婚、同7月に第1子となる長男・皓貴くん(こうき 9歳)が誕生しており、これまでインスタグラムなどに度々家族の写真を投稿していました。

しかし、1年以上前から奥さんとの写真を投稿しなくなっており、その理由について『週刊女性』の記事ではスポーツ紙記者が、「奥さんが彼と木下さんの関係を疑っているという話を聞いたこともあります。夫婦間で何か溝ができているのかもしれません」と語っています。

<↓の画像は、乾貴士選手が2018年5月に投稿の家族写真>
乾貴士選手と家族

こうした情報が飛び交う中で、1月中旬に『女性セブン』の取材班はわざわざスペインへ渡って乾貴士選手に直撃取材を敢行し、木下優樹菜さんとの不倫交際について質問を受けた乾選手は「いや、まぁ…木下さんとは…」と語り、縦読み投稿について問われると「はいはい、分かりますよ」と答え、2人揃って思わせぶりな投稿をしていると指摘されると、「まぁ、木下さんとは友人関係で、仲のいい友達の1人なんで…」と縦読みを否定することなく、あくまでも友人関係だと強調しています。

<↓の画像が、『女性セブン』の直撃取材を受けた乾貴士選手の写真>
乾貴士選手が木下優樹菜との不倫交際否定

さらに、昔から木下優樹菜さんのファン?との問いには、「もちろんそういうのもありますし、友人の1人とかそういうのなんで」とし、不倫関係ではない?との問いには「不倫?んー(少し考えてから)、ないですね」と答えています。

一線は越えてない?と聞かれると「いや、本当に仲のいい友達の1人でして」とし、7月に2人がグアム旅行していたとの疑惑については、「それも、ネットで言われてますよね(苦笑)」「7月2日から俺はチームのキャンプに行っていたから。グアムには行っていませんよ。それは調べたら分かることです。」と、グアム旅行に関してはキッパリと否定しています。

このように乾貴士選手は一応、木下優樹菜さんとの不倫交際を否定しているのですが、歯切れの悪さを感じさせる回答内容となっており、騒動勃発後もインスタグラムなどを更新しているものの、木下さんとの不倫疑惑については触れることなくスルーを続けています。

一方の木下優樹菜さんも、昨年末に離婚発表して以降はインスタグラムなどの更新を停止し、乾貴士選手との不倫交際疑惑に対しても沈黙を続けています。

これについて『週刊女性』の記事では芸能プロダクション関係者が、「何もアクションは起こさないと思いますよ。不倫を否定しても、今の状況ではどう転んでも彼女に味方するファンは少ない。何を言っても、やっても叩かれて、炎上するのが関の山ですし、彼女もそれはわかっていると思うんです」と推測しています。

同関係者はさらに、所属事務所『プラチナムプロダクション』が木下優樹菜さんを見放したとの話も出ているものの、「そんなことはないようです。事務所は今後も全力をあげて彼女をバックアップする方針のようで、時期がきたら仕事復帰させるつもりのようです。」と明かしています。

なぜプラチナムは木下優樹菜さんをそこまで守るのか、その理由については、「事務所は彼女に恩義があるんです。というのも、同事務所には若槻千夏さんも所属しているのですが、彼女が稼ぎ頭として人気絶頂の2006~2009年に体調を崩したりして仕事をセーブしなければならなくなり、当時は引退報道なども出ました。それで事務所はてんやわんやでしたが、“おバカタレント”でブレイクした木下さんがガンガン仕事をして事務所の危機を救ったんです。」と説明した上で、「事務所が彼女を見放すことはないでしょう。話によると、仕事がゼロの状態でも固定給が支払われているとか」と語っています。

この報道に対してネット上では、

  • いいなぁ~謹慎中でも給与貰えるって政治家なみじゃん。これじゃ謹慎していても、痛くも痒くない。反省してま~すって感じ。
  • 事務所がかばうのは自由だが、世間の需要は無い
  • もう無理でしょ、事務所がバックアップしてもこの人は。それだけのことをやらかしたんだから。
  • もう復帰は無理だと思うし、観たくない。タピオカ屋の店長が示談ではなく、裁判で戦って勝利して欲しい
  • 事務所が給料を払うのは自由だから好きにしたらいいとは思うけど、嵐が過ぎ去るのを待つのは考えが甘いのでは?
    被害者のタピオカ店主は訴訟も辞さない考えらしいし、恫喝ばかりか匂わせ不倫もやるわで木下の本質が今後も変わるとは到底思えない。
    悪あがきはやめて引退を検討した方がいいのでは?
  • 復帰しても見たくない。恫喝、不倫疑惑で復帰させようとする事務所も事務所。
    東出不倫も相まって、ますます芸能人の不倫の風当たりが強くなるからしばらくは無理でしょうね。ってか個人的には一生でてこなくて良いです。
  • 復帰はもう無理だと思う。テレビで見たい人がいると思えない。
    貯金はあると思うから育児に専念して、芸能界は引退してひっそり暮らすのが子供の為そして自分の為になると思う。

などのコメントが寄せられています。

2017年に、前夫の自殺原因がW不倫だったことが明らかになったSPEED・上原多香子さんは、同年夏に芸能活動休止後は給料が固定給から歩合制に変更され、収入がほぼゼロとなったため、現在は高級タワーマンションから引っ越して普通の生活を送っていると週刊誌に報じられています。

その一方で、木下優樹菜さんは活動休止後も金額は不明ながら固定給を貰っているとのことですが、木下さんは騒動前まではプラチナムの稼ぎ頭で、事務所に大きく貢献したタレントの1人だったことから、本人が引退を決意しない限りは契約を続け、給料も支払い続けるのでしょうかね。

世間の反応を見る限りでは、しばらく芸能界復帰は難しそうで、今後もし乾貴士選手との不倫交際を裏付ける決定的な証拠が出てきた場合には、タレントとしては完全終了かと思います。

すでにアカウントは削除されているものの、昨年10月時点で木下優樹菜さんと夫が浮気しているとの告発がツイッターに投稿されており、この人物は木下さんの事務所にも連絡したことも明かしています。

<↓の画像が、真偽不明の木下優樹菜さんの不倫告発ツイート写真(すでに削除済み)>
木下優樹菜の不倫告発、乾貴士選手の妻疑惑のツイート1枚目

しかし、事務所側からは連絡が無かったようで、その後木下優樹菜さんの活動自粛が発表されると、「復活したら謝って貰おうとおもったのに、逃げるとかありえねーーーー」とツイートしていました。

木下優樹菜の不倫告発ツイート2枚目

この話がもし事実とすれば、木下優樹菜さんの復帰話が今後出てきたタイミングでさらなる爆弾が投下される可能性もあり、『週刊文春』や『フライデー』に情報を流すことも検討している様子から、復帰するためにはタピオカ恫喝問題に加えて、この不倫疑惑問題も解決する必要があるでしょうね。

この2つの問題を無事解決したとしても、木下優樹菜さんはすでにイメージがドン底まで落ちてしまっていますし、事務所の強力なバックアップがあったとしても、ママタレントとしてはかなり厳しい気がしますが、これからどういった展開を迎え、芸能界復帰を目指すのか引き続き注目していきたいですね。

参照元
  • https://www.jprime.jp/articles/-/17047
  • https://www.news-postseven.com/archives/20200123_1530655.html
  • https://www.news-postseven.com/archives/20200122_1530259.html
  • https://www.instagram.com/p/BiWqQ9sFQkS/
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAwMzM3MTc2

    大河内奈々子はなんでこんな事務所に来ちゃったんだろ

  2. 2
    匿名
    ID:MTk0Njk1MTMz

    子供が可哀想。何も考えてないんだね。誰が一番悲しい思いしてるかって。ホントにガッカリ。それに、働いてもいないのに固定給支払うって、どんだけ事務所も甘んだよ。しかも、シャレにならない騒動になってるのに…。
    事の重大性を分らせないと、本人の為にもならない。

  3. 3
    匿名
    ID:MjAwMDY1NDUw

    じいちゃんのお小遣いか?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について