小室哲哉が音楽業復帰、乃木坂46の新曲『Route 246』で活動再開。不倫スキャンダルで引退から2年で表舞台に…

小室哲哉が復帰

2018年に不倫スキャンダルをスクープされ、その後現役引退を発表した音楽プロデューサー・小室哲哉さんが、乃木坂46の新曲『Route 246』の作曲・編曲を手掛け、音楽業に復帰していたことが明らかになりました。

小室哲哉さんが手掛けた『Route 246』は、配信限定シングルとして7月24日午前0時から配信がスタートし、センターは齋藤飛鳥さんが務めるとのことです。

小室哲哉さんは2018年1月に週刊誌『週刊文春』によって、看護師の女性との不倫スキャンダルをスクープされ、その後行った会見で現役引退を表明し、同4月にアイドルグループ『ラストアイドル』の楽曲『風よ吹け!』の作詞・作曲、プロデュースを手掛け、音楽業から退きました。

それから2年が経ち、乃木坂46の新曲『Route 246』で音楽業復帰する小室哲哉さんは、「多いなる友情と才能を持った秋元康さん、同じく近しい知人に1年間背中を押され、今回悩みに悩んで作曲・編曲を手掛けさせていただきました。」と、音楽業への復帰と楽曲提供に至った経緯を説明しています。

<↓の画像が、音楽業復帰した現在の小室哲哉さんの写真>
小室哲哉

続けて、「ここ数年ゼロからアートを学び、改めて概念、すなわちコンセプトを持った創造物の貴重さを感じています。今回のコンセプトは友情でした。友人の期待に応えたい一心で今作を作りました。一貫した、らしさは表現されているのでは?と感じています」とコメントしています。

また、2010年発売の故・やしきたかじんさんの楽曲『その時の空』以来10年ぶりに、小室哲哉さんとタッグを組んだ総合プロデューサー・秋元康さんは、「小室哲哉は古くからの友人です。一度は引退した彼ですが、時々、会って食事をする度に、音楽への熱い想いは消えていないことを知りました。いろいろな事情はあるのでしょうが、何とかもう一度、小室哲哉に音楽に携わる機会を持って欲しいと思いました。『曲を書いてよ』そんな話を何度かするうちに、彼がようやく重い腰を上げました。」と、小室さんとのタッグが決まった経緯を説明しています。

楽曲制作中の小室哲哉さんの様子については、「ブランクがあった分、なかなか、思うようなイメージのものが書けないようでした。結局、7回も書き直しをしてもらったのですが、その作業すら楽しそうでした。」と明かしています。

最後に、「この人は本当に音楽がないと生きていけないのです。音楽にのめり込むとまわりが見えなくなってしまう不器用な人です。そのせいで多くの方に迷惑もかけたのでしょう。でも、小室哲哉はそれを音楽でしか返すことができないのです。」とフォローし、「乃木坂46に、書き下ろしてくれた「Route 246」を聴いてください。彼の音楽への想いが伝わって来ると思います。」と呼び掛けています。

そして、小室哲哉さんの音楽業復帰、活動再開に対してネット上では、

  • 引退詐欺
  • ガチの詐欺師なんだから引退詐欺くらい何とも思わん
  • 引退当初から大方予測は付いていたけど、こんなに早く復帰されるのですね。無期限活動休止とかにしておけば良かったのではないでかね。
  • 多額の借金をかかえているくせに引退して今後どうやって生計を立てるのかと思っていたけどもう復帰。
    あんなに長い記者会見までやっておいて恥ずかしくないのか。
  • なんで引退したんだろう。どうせ他の仕事なんてできないどろうに。
    音楽の才能は、一時期とっても素晴らしかった。でも、女性を粗末に扱うよね。
    華原朋美を捨ててからこの人の才能も枯れて行ったと思う。世間の常識からは外れているし、結婚に向いてない。
  • 作品出すのはいいと思うけど、黙って出して欲しかった。
    アーティストが引退って無理だと思うから、ペンネーム使うとか表舞台に出なければまだ許せた。
    なんだかなぁ、と言った感じ。やっぱりスジの通し方を知らないあぶなっかしい人という印象だな。
  • なんだったのか…あの会見は。嫁の看病に疲れて不倫。謝罪、引退。
    世間からいい旦那を演じて世間からのバッシングから逃げただけではないか?
    熱りが冷めたら、「はぃ復帰しまぁす」って。すごく腹黒いし計画的過ぎませんか?
  • KEIKOの慰謝料やら生活費のサポートはしてあげてるんやろね。引退会見時に介護してるなんて大嘘ついたんやから。
    何もしないで復活しただけなら、この人はどれだけ家族の心情を逆撫でするんだろう。

などの声が上がっています。

小室哲哉さんは不倫スキャンダル後に、騒動のケジメとして引退を決意したと発表し、涙を流す場面もありました。

不倫をスクープした『週刊文春』の取材を受けた際にも、「そろそろ歳なのかなと思ってますので、引き時なのかなと思い始めています」と明かしており、楽曲制作が思うように進まなくなっていることや、突発性難聴など体の不調もあることで引退を決めたとのことでした。

それにも関わらず、わずか2年での復帰にネット上では批判の声も多く上がっていますが、何れは復帰するだろうと予想していた方も少なくない様子です。

小室哲哉さんは今年2月に、小室ファミリーで『TRF』のメンバー・DJ KOOさんのインスタグラムや、エイベックス・松浦勝人会長のツイッターに登場するなどしており、松浦会長は小室さんの不義理に対する不満を漏らしつつも、音楽活動再開してほしいとの思いを明かしていました。

秋元康さんとのタッグで復帰するというのは意外でしたが、今後また音楽プロデューサーとして良い曲を生み出してもらいたいですし、今後また大きなトラブルを起こして活動に影響が及ぶようなことがないようにしてほしいものですね。

参照元
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202007150000666.html
  • https://mantan-web.jp/article/20200715dog00m200064000c.html
9件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjA5NDc4MzE3

    写真のジョンレノン感

  2. 2
    匿名
    ID:ODI4NTM4OTc5

    ダサい…

  3. 3
    匿名
    ID:ODI4NTQ5MDE3

    こいつだけは男として許せない。また復帰とかふざけるな!もう顔も見たくないね!東出とか渡部よりも腹が立つ!こんな奴の音楽なんて心に響かない。

  4. 4
    匿名
    ID:MTc5MDE4MjIw

    早く聴きたい!
    才能ある人間を世間は放っておかないって証明ですよね!
    嬉しいです!

  5. 5
    匿名
    ID:MTkyNDAzMDc5

    結局、文春が笑っただけだったな。最盛期を知ってるだけに悲しいわ。晩節汚しまくり。

  6. 6
    匿名
    ID:MTc4NzE0MzY4

    今の小室哲哉はプロデュースした曲が売れなかったら、次のアーティストってリセット商法じゃん。

  7. 7
    匿名
    ID:MzAyMDg5NDMx

    今度は乃木坂のどの娘に手を出すのかな?
    止めとけおっさん

  8. 8
    匿名
    ID:MzQwMzEwNzU2

    もう小室哲哉の曲は、はやらない、ちなみに前から安室ちゃんの曲以外は好きでは無かったけど

  9. 9
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    gloveのfeel like danceの劣化版

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について