原田龍二『サザエさん』舞台降板、代役は葛山信吾。理由は不倫スキャンダル、イメージにそぐわないと公式サイトで発表…

原田龍二

女性ファンとの車中不倫スキャンダルがスクープされ、5月末に謝罪会見を行った俳優・原田龍二さん(48)が、9月から出演予定だった舞台『サザエさん』を降板することが明らかになりました。

<↓の画像は、原田龍二さんが出演予定だった舞台『サザエさん』ビジュアル写真>
原田龍二版の舞台『サザエさん』

原田龍二さんは舞台『サザエさん』で、藤原紀香さん演じる主人公・フグ田サザエの夫・フグ田マスオ役を演じる予定でしたが、不倫スキャンダルによって作品や役柄が持つイメージにそぐわないことを理由に降板し、代役には葛山信吾さん(かつらやま・しんご 47歳)が起用されました。

<↓の画像は、葛山信吾さんに交代後の舞台『サザエさん』ビジュアル写真>
葛山信吾版の舞台『サザエさん』

主催者のフジテレビと明治座は5日に、公式サイトやツイッター上でコメントを発表し、「舞台『サザエさん』フグ田マスオ役につき、原田龍二さんに代わり葛山信吾さんが出演いたします。この度の原田龍二さんの報道を受け、主催者として作品と役柄の持つイメージにそぐわないと判断し、所属事務所と協議の上、原田龍二さんの降板を決定いたしました。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。」と舞台降板を発表しています。

<↓の画像が、原田龍二さんの舞台降板発表コメント写真>
原田龍二の降板発表

舞台『サザエさん』は、国民的アニメの『サザエさん』が今年10月にアニメ放送開始50周年を迎えることで製作が決定し、サザエさん役を藤原紀香さん、マスオさん役は原田龍二さん、タラオ役を大平峻也さん、サザエさんの母・フネ役を高橋恵子さん、父・波平役を松平健さん、弟・カツオ役は荒牧慶彦さん、妹・ワカメ役は乃木坂46・秋元真夏さん&日向坂46・齊藤京子さんのダブルキャスト、猫のタマ役には酒井敏也さんが起用されていました。

舞台版『サザエさん』ではアニメから10年後の磯野家を描いており、9月3日~17日にかけては東京公演、9月28日~10月13日には福岡公演が行われるのですが、上演3ヶ月前に原田龍二さんの降板が決定しネット上では、

  • 不倫はマスオさんと程遠いよね。パロディではありそうだけど。
  • 代役の葛山さんの方がマスオさん役に合ってるかも。
  • 不倫の前に裸芸?もマスオさんに似つかわしくないとの判断は無かったの?
  • ホテル代をケチって節約したのに、仕事が減って収入が減ったら、意味ないですね。
  • サザエさんが紀香って時点で違和感ある。でタマ役に酒井さんて笑いが出る
  • イメージにそぐわないのなら藤原紀香のサザエさんの方が違うと思う。
  • イメージ勝負の領域ではこういう結果になる。こういうリスクも覚悟しながら、その時はその時でいいことしていたのだからと思うしかない
  • いくら舞台でも…ほのぼのした笑いで包めないから、地道に頑張ってる役者さんいっぱいいるしそちらにお願いすればいい。自分がやったことだから仕方がない。
  • まぁそうなるでしょうね。2人って言っても表にバレただけの人数だし、手口も公衆トイレ扱いときたらねぇ。
    ダメだと解ってても好きで別れられなかったほうがずっとマシ。
  • かなり出来た奥様みたいだから夫婦間は、これと言って支障は無いかも知れないが、やはり、役者としては今までが正統派のイメージだっただけに本人が思うより代償は大きいかも。
  • 会見の最後の方で、ダウンタウンに弄ってもらってと言っていたと思うけど、反省していないというか、何のための会見だったのだろうか。
    袴田、前園と同じで、芸人に弄ってもらってブレイクしたいと言っているのと同じだ。
    不倫で謝罪すべきは家族であるが、なんか釈然としない会見だった。

などのコメントが寄せられており、この決定には納得といった反応が多く上がっています。

『サザエさん』は年齢や性別問わず親しまれている国民的アニメですし、マスオさんは隠れて不倫したり、車で行為をするようなキャラクターでは無いことから、イメージにそぐわないと判断されても仕方が無いでしょうね。

こうしてまた1本大きな仕事を失ってしまった原田龍二さんですが、まだ判断待ちとされているゲスト出演番組は10本ほどあるそうです。

世間の間でも原田龍二さんの車中不倫スキャンダルは賛否両論となっており、もし家族が許しているのであれば問題無い、相手のファンにも問題があるなどと擁護する声が上がっている一方、奥さんやまだ高校生と中学生の子供たちに辛く、悲しい思いをさせたのは許せない、これまでのイメージが壊れてしまったなどの声も多くあります。

原田龍二さんは5日に生放送されたラジオ番組に出演した際には、涙声でリスナーにスキャンダルを謝罪し、奥さんからは「一生許さない」、長男からは「お母さんを悲しませるなんて、僕は絶対許さない」「今まで一生懸命仕事をしているお父さんを見ていて尊敬していたのに…。お母さんを悲しませるなんて」などと言われたことを明かしていました。

また、奥さんとは離婚をめぐる会話があったことも明かしており、奥さんからは、「今回は子供がいるから『はい、離婚』ってならないけど。愛する子供がいるから、愛する子供のために、これからどうするかを考えてください」と言われたといいます。

その上で原田龍二さんは今後について、「まだ分かりません。捨てられるかもわかりません。まったく仕事がなくなるかもしれません。なくなった場合でも、未成年の子供がいますから、どんなことをしてでも食べさせていかないといけない。子供には『お父さんの行動を見ていてくれ』と伝えました」と明かし、現在は長男とぎこちないながらも会話をしているといい、長女は父親を気遣って元気づけようと笑顔を見せてくれているとのことです。

原田龍二さんは今後さらに仕事を失う可能性もありますが、これは自業自得でもあるため、とりあえず自身の過ちを深く反省した上で、これから少しずつでもイメージを回復できるよう頑張ってもらいたいです。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4OTAyNDQ1

    舞台『サザエさん』は、特にカツオ役が原作とかけ離れている。

  2. 2
    坂上恭子
    ID:MjExMjgwMjQ=

    舞台さざえさんマスオお兄さん役葛山信吾さんでよかったですね

コメントを残す