南果歩「うつ病」発症告白。元夫・渡辺謙の不倫スキャンダルで精神的ダメージ。離婚の理由は浮気じゃない?

南果歩・渡辺謙

俳優・渡辺謙さん(わたなべ・けん 59歳)との離婚を5月に発表した女優・南果歩さん(みなみ・かほ 54歳)が11日、舞台『オイディプス REXXX(レックス)』の公開舞台稽古を行い、報道陣の取材に応じたのですが、今年は「激動の1年だった」と振り返り、昨年春には「うつ病」を患っていたことを告白しています。

南果歩さんは2016年3月に、乳ガン(ステージⅠ)と診断されたことを受けて手術を受け、その後も闘病しながら女優業を続けているのですが、2016年以来2年ぶりとなる舞台出演について、「私はこの舞台を私の(女優人生の)復帰作と位置づけている。本当にいい作品に出会えました」と笑顔で語っています。

<↓の画像が、11日に『オイディプス REXXX』の公開舞台稽古に出演した南果歩さんの写真>
現在の南果歩

また、2017年3月に週刊誌『週刊文春』によって渡辺謙さんの不倫スキャンダルがスクープされ、今年5月には離婚成立を発表しましたが、「1年前はショックで心身とも満身創痍(まんしんそうい)で人生最悪の時期。『うつ病』にもなりましたが病気を乗り越えてここまで来ました。こうやって仕事ができている、演技している姿をうつ病や乳ガンを経験した方に見てもらいたい。今年を漢字にしたら『生』。生きてます。」と、現在はすっかり元気になったことをアピールしていました。

そんな南果歩さんに対してネット上では、

  • 元旦那へのあてつけ発言かな。
  • ガンで苦しい時に旦那に不倫されたら鬱にもなるわな
  • もう、可哀想な自分アピールはいいよ。
  • 女性として同情すべきところはあるのだろうけど、この人には何でか同情出来ない。
  • 渡辺謙の浮気にも心を痛めた事でしょう。でも、なんか、悲劇…と自分を例えられても同情出来ないですね。あぁ、お母さまお姉さまが慰めてくれるって、安心そうだからかな。
  • 自分も奪略婚なのに、満身創痍だの話す資格ないと思う。 所詮不倫する人は自分の事しか考えてないのだけどね。

などのコメントが寄せられています。

南果歩さんは、2020年公開予定の日本・デンマーク・ノルウェー3ヶ国の合作映画『MISS OSAKA』や、来年2月公開予定のオムニバス映画『21世紀の女の子』にも出演するなど、渡辺謙さんとの離婚成立後から再び精力的に活動しており、11月29日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では独占インタビューにも応じていました。

そのインタビューでは『オイディプス REXXX』に関することだけでなく、渡辺謙さんとの離婚や乳ガンのことなど赤裸々に語っており、2016年に乳ガンの手術を受けたのは渡辺さんの存在があったからだと告白していました。

南果歩さんが手術を受ける1ヶ月前の2016年2月には、渡辺謙さんが早期の胃ガン手術を受けているのですが、これによって「2人で頑張ろうという気持ちになったのも確かです」と、夫婦の絆がより深まったと振り返っています。

しかし、それから1年後の2017年3月には『週刊文春』によって、大阪・北新地の元ホステスで、現在はジュエリーデザイナーをしている21歳年下の女性と渡辺謙さんが不倫関係にあり、アメリカや日本で密会を重ねていたことなどが発覚しました。

<↓の画像は、『週刊文春』掲載の渡辺謙さんと不倫相手の写真>
渡辺謙と不倫相手のツーショット

南果歩さんは渡辺謙さんが不倫していることに全く気付いていなかったといい、「記者の手紙で知った」と明かし、不倫を知った時の心境については、「心境はないです。もう真っ白です」「心が動かなくなった」と、非常に大きなショックを受けたことを告白しており、そのショックで食欲がなくなり、8キロも体重が落ちて激ヤセしたと語っています。

その後はショックからテレビなどはほとんど見なかったものの、昨年7月に渡辺謙さんの謝罪会見の模様については、「何を考えているのか、知りたかった」という思いからテレビで視聴したそうです。

渡辺謙さんの不倫報道釈明会見動画

不倫発覚後は病院に通っていたことも明かし、医師の勧めもあって一時日本を離れ、アメリカの語学学校に通い、アメリカに留学中の息子・息吹さん(いぶき 23歳)からは、「これからの人生は自分のために使ったらいいんじゃない?」と言われたと振り返っています。

また、不倫スキャンダルから1年以上が経った今年5月に、渡辺謙さん離婚成立となった理由については、「決定的なことがありましたけど、それはちょっとお話できない事なんです」と答えた上で、不倫発覚によって離婚を考えたわけではないとキッパリ話し、不倫が離婚の決定的な原因ではないことを明らかにしています。

そんな南果歩さんは1995年3月に、すでにバツイチだったミュージシャン・作家の辻仁成さん(つじ・ひとなり 59歳)とできちゃった結婚し、同9月に長男・息吹さんが誕生しましたが、1997年~1998年にかけて辻さんがアメリカ・ニューヨークで生活を始め、それによって1999年7月から別居、2000年3月末に離婚が成立しました。

<↓の画像は、南果歩さんの元夫・辻仁成さんの写真>
辻仁成

離婚成立の1年前には辻仁成さんに不倫疑惑が浮上し、これが離婚のきっかけだったと言われており、相手の女性は辻さんが監督を務めた映画『千年旅人』のヒロインを演じた元女優・yumaさん(本名=中山佳織 38歳)でした。

yumaさんはその後女優を引退し、2013年7月に三谷幸喜監督(57)と結婚、2014年6月には第1子となる長男を出産しています。

南果歩さんは辻仁成さんとの離婚成立から約3年後、2003年1月放送の2時間ドラマ『異端の夏』(テレビ東京系)で渡辺謙さんと共演し、これがきっかけで2人は交際に発展したとみられており、2005年12月に再婚し、息吹さんは渡辺さんと養子縁組したと言われています。

<↓の画像は、ドラマ『異端の夏』で共演時の南果歩さんと渡辺謙さんの写真>
『異端の夏』で共演した渡辺謙&南果歩

南果歩さんは一度離婚を経験しているため、渡辺謙さんとは離婚せずに「最後まで一緒にいようと思っていた」そうなのですが、「でも結婚は1人でするものじゃないので。2人の気持ち揃ってないと続かない。それは仕方ない。だからといって、全て許して受け入れるっていうのは、そんなに器大きくなかったので。それは難しかったのかもしれない」と、離婚に至った理由を説明していました。

渡辺謙さんと不倫相手の女性は現在も関係が続いていると噂されており、近い内に再婚するのではとも囁かれているので、不倫が原因で離婚したのではないとすると、渡辺さんの心がすでに離れていることを知り、離婚を決意したということも考えられそうですね。

2016年には乳ガン、さらに1年後には最愛の夫が数年にもわたって、21歳年下の女性と不倫していた事実が判明し、精神的ショックからうつ病状態になるのも無理はないと思います。

南果歩さんは昨年10月に、同年春から精神疾患を患っていたことを告白し、今回それがうつ病だったことを告白した形で、病気で苦しんだことを様々な場で自ら告白する背景には、やはり渡辺謙さんに対する恨みなどがあるのではないかと思いますが、これからは前を向いて、今後も女優として活躍する姿を見せてほしいですね。

参照元
  • https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/29/0011861175.shtml
  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/139464
  • https://www.excite.co.jp/news/article/E1453262380826/
  • https://www.cinematoday.jp/news/N0030139
  • https://www.cyzo.com/2014/04/post_16673_entry.html
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjE3NTE3Mzc=

    ガン治療もまだ続いてるなら、お薬の影響もあるかも?精神的に不安定な時に強いお薬は気をつけて服用しないと、鬱症状になったり、酷くなったりする事例がある。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について