乙武洋匡の元妻・仁美が提訴、不倫相手にも損害賠償請求…ワイドナショーでウソの離婚理由語った? モラハラ疑惑が新たに浮上…

乙武洋匡

昨年3月に週刊誌『週刊新潮』によって、5人の女性との不倫スキャンダルをスクープされ、約半年後に離婚発表をした作家・タレントの乙武洋匡さん(41)が、元妻の仁美さんから提訴されていることが分かったと9日発売の『週刊新潮』が報じています。

訴状が東京地方裁判所(東京地裁)に提出されたのは8月4日のことで、2通ある訴状の内容は、ひとつは「精神的損害の賠償などを乙武洋匡さん」に求める内容、もうひとつは「不貞行為の損害賠償を不倫相手」に求める内容とのことです。

仁美さんがこうした訴えを起こした原因は、昨年11月27日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系 日曜午前10時)に乙武洋匡さんが出演し、離婚理由などについて語ったことにあるとのことです。

乙武洋匡さんは『ワイドナショー』に出演した際に、当初は夫を支えると話していた仁美さんと離婚に至った経緯について、「妻は前から私がやらかしてしまったことは知っており、家庭内ではそういうものだと暗黙のうちにまわっていた。しかし騒ぎが広がっていくうちに『乙武の妻はこうなるんだ』というのが本人の中に広がっていったのかもしれない。気づいてしまったというか。それで耐えられなくなったと思います」「子供に影響が出てしまうのが耐えられなかった。彼らのことを思うと私が離れるしかない」などと説明していました。

そして、この発言に対して仁美さんは大きなショックを受けていたと知人は語り、その理由について「離婚する際、ふたりはその経緯については一切他言しない取り決めをしていた。それは『守秘義務契約』として、正式に双方間で取り交わされていたそうです」と明かしています。

さらに、乙武洋匡さんの番組内での発言には虚偽があるといい、「離婚理由が決定的に違う。ずばり、それはモラハラとでも言うべき乙武さんの酷い態度だったんです――」と明かしています。

また、関係者によれば「俺の面倒を見ないと、障害者虐待防止法で訴えるぞ」などといった発言があったというのですが、『週刊新潮』はこれらの証言を受けて、仁美さんに取材を行ったところ、「提訴したのは事実ですが、今、私のほうから申し上げることはありません」という回答があったとしています。

これに対してネット上では、

  • こんなヤツが国会議員になろうとしてたという恐怖
  • これには流石の乙武さんも手も足も出まい
  • これで乙武はテレビから消えるかもな 元嫁頑張れ!世間は全員味方するぞ あの騒動以降、乙武は完全に世間の嫌われ者だからな
  • この人は障害者の代表づらしてたけど こうなったら障害者もいい迷惑だな
  • 障害者としては同情するが 人間的には本当のクズだな
  • 奥さんの気持ち考えると、本当に気の毒。子供には可哀想だけど、コイツは訴訟も負けてどん底まで落ちろと思う。
  • モラハラは絶対にあるだろうな イタリア料理店でやった行動、完全にモラハラだし

などのコメントがありました。

乙武洋匡さんと仁美さんの間では離婚に際し「守秘義務契約」を交わしていたとのことですが、これは離婚後にお互いのプライバシーを守るために交わすもので、もし片方が情報を外に漏らして相手に損害が生じた場合には損害賠償請求の対象になる可能性があります。

こうした契約を交わしていたにも関わらず、離婚成立を発表してから約2ヶ月後には『ワイドナショー』に出演し、離婚の経緯について語ってしまうというのは理解に苦しみますね。

さらに、知人や関係者からはモラハラをしていたという新たな証言が出ており、現時点ではまだ真偽のほどは定かではないものの、これがもし本当だったとしたらさらに表舞台から遠ざかることになりそうです。

なお、9日発売の『週刊新潮』では昨年スクープした5人不倫の第2幕も特集しているとしており、また新たな情報が公開されるようなので注目したいですね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4OTA4OTg4

    このクソすぎる障害者が要らない!

  2. 2
    匿名
    ID:MzA2OTk2NzE0

    この人ってついてんの?

  3. 3
    ひーぽん
    ID:MjQwMjo2Yj

    世にデビュー 五体不満足本は人々を感動させたようだが
    まさか弱者を利用するとは、今の時代だからなのだろう。
    性癖は、睾丸たまたまの活動が激しいのだろう。そちらも不満足弱っていればこんな事件には成らなかった。バランスが悪い事は性格も崩して
    顔も崩して来た。なんかこの人は何が目的で世に出たのか、本人も
    神に聞きたいし、この先どんな物語があるのだろう。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について