ロッテ清田育宏が謹慎解除で復帰、謝罪コメント発表。不倫スキャンダルと球団に虚偽報告、問題言動発覚で批判続く

ロッテ清田育宏選手

プロ野球『千葉ロッテマリーンズ』が、今年1月に無期限謹慎(無期限活動停止)処分を下した清田育宏選手(きよた・いくひろ 35歳)の謹慎解除を発表し、ネット上では批判の声が噴出しています。

『千葉ロッテマリーンズ』は30日に、「本人の反省の態度を考慮し、5月1日より処分を解除することとしましたのでお知らせします。今回の件に関しまして、日頃よりご声援をいただいているファンの皆様、ご支援をいただいている関係各位の期待を裏切る事態を招きましたことを、改めて深くお詫び申し上げます」とのコメントを発表しました。

また、清田育宏選手も球団を通じて、球団関係者の皆様、プロ野球ファンの皆様、このたびは私の軽率な行動により多大なるご迷惑をおかけしたことを改めてお詫び申し上げます。処分は解除していただくことになりましたが、今後も反省の気持ちを忘れることなく、自分を律し、チームの勝利に貢献していきたいと思います。このたびは本当に申し訳ありませんでしたとの謝罪コメントを出しています。

球団の発表によれば、清田育宏選手は謹慎期間中に、新型コロナウイルスの影響で負担を抱えている人々への支援を目的とした基金に支援を行ったそうで、5月1日に謹慎解除後は、2軍の練習に参加する予定とのことです。

そして、清田育宏選手の謹慎解除発表を受けてネット上では、

  • 本当に反省してるか怪しいね
  • 自分を律することができない人間だから何度も同じ過ちを繰り返している。たぶん治らないよ。
  • 勝利に貢献しなくていいのでそっと球拾いでもしててください。正直あまり見たくない
  • 愛人が熱を出して、コロナ感染してそうだったけど、関係がバレると困るので病院にも保健所にも連絡させなかったんだっけ。
    虚偽報告の中身がヒトデナシ過ぎてドン引き。
  • 清田自身2回目のスキャンダルで、わずか4ヶ月程度の謹慎じゃ軽すぎるし、球団の判断も甘すぎるでしょ。
    普通なら契約解除ぐらいまでしていいくらいの大事。
  • 今シーズンロッテは好調だけど、こんな奴を戻して大丈夫か?2軍で塩漬けにしてシーズン終了後に解雇が妥当では?
    ロッテファンも、なかなか受け入れられないだろう。
  • ロッテファンだけど、有望な若手も数多くいるので必要ない、邪魔です。
    2軍にも未来を担う選手がたくさんいるので、現場から離れた所で一生寄付し続けて下さい。
  • 今シーズンはユニフォーム着ないで二軍で練習と裏方でもいい。外野手は揃っているし、二軍も含めて彼の出るところは無い
  • 人間性なんてそんなに簡単に変わるわけない。今は1・2軍共に好調な訳だし、チームの和を乱す行為をした人間は不要。
    鳥越さんの元でどの様な扱いをされるのか見ものではあるが、間違っても1軍にあげる様な愚行は無いと信じたい。
    ファームでも練習や試合後に若い選手にちょっかいを出さない様に、徹底した行動監視をして貰いたい。

などの声が上がっています。

清田育宏選手は昨年10月に、新型コロナウイルスの感染が明らかとなり、その後チームに復帰しましたが、今年1月に週刊誌『フライデー』によって、元モデルのアラサー女性との不倫スキャンダルをスクープされると共に、新型コロナ感染前にその女性と密会していたこと、その事実を隠して球団側に虚偽の報告を行っていたことが明らかにされました。

清田育宏選手は2012年に、高校の同級生だった一般女性と結婚、後に子供が誕生しましたが、2017年に出会ったA子さんと遠征先に呼出して不倫関係となり、3年にわたって不倫交際を続けていました。

<↓の画像が、清田育宏選手と不倫相手・A子さんの写真>
フライデーの清田育宏選手と元モデル不倫相手の流出ツーショット画像

コロナ禍にも毎週のように密会を重ねていたとされ、遠征時にはA子さんを宿泊先のホテルに呼出し、別の部屋をとって一晩を共にするというのがお決まりだったといいます。

そうした行為を繰り返していた中で昨年10月に、『千葉ロッテマリーンズ』の選手やスタッフ合わせて14人が、新型コロナウイルスに集団感染していたことが発覚、その中に清田選手も含まれていました。

選手らの感染について『千葉ロッテマリーンズ』は、遠征先では状況により外出禁止、会食時は4人以内、“部外者との会食はNG”など独自のルールを設けて感染拡大防止に努めているとし、選手らの中にルールを破った者はいないと発表していたのですが、清田育宏選手は感染が判明する前の札幌遠征時にも、A子さんと外食したり、同じホテルの部屋に寝泊まりしていました。

しかし、清田育宏選手は球団側に「部外者との会食はしていない」と虚偽の報告をしたほか、清田選手の濃厚接触者にあたるA子さんに発熱症状がみられたものの、不倫発覚を恐れて「病院には行かないでほしい。自分のことは言わないでほしい」「自宅用の抗原検査キットを買ってそれで検査してほしい」などと懇願、A子さんはその頼みを守り、2週間にわたって隔離生活を送っていたとのことです。

<↓の画像は、清田育宏選手の新型コロナ感染後のA子さんとのやり取り>
清田育宏と不倫相手の流出メッセージ、新型コロナウイルス感染後

こうした言動に不信感を募らせたA子さんは昨年12月に、清田育宏選手に別れを告げて関係は終了したといいます。

この報道を受けて球団は無期限活動停止処分を下したのですが、清田育宏選手は2015年にも不倫スキャンダルをスクープされ大騒動になっており、前回の不倫では相手女性を妊娠させたにも関わらず、「子供は産ませられない」「子供産むとかあり得ないんだ」などと告げ、子供を堕ろさせたとされています。

5年の間に2度も不倫スキャンダルをスクープされ、その内容があまりにもゲス過ぎることから、謹慎ではなく解雇を求める声が多く上がっており、4ヶ月の謹慎で復帰することに対しても批判が殺到し、ネット上では炎上状態になっています。

清田育宏選手は単なる不倫ではなく、球団にもウソをつくなどかなり問題のある言動をしており、チームに戻ってくるなとの声が上がるのも当然だと思いますし、これから信用を取り戻すのはかなり難しいとみられますが、復帰するからには行動を改めて、少しでもチームに貢献できるよう奮闘してもらいたいです。

参照元
  • https://www.chibanippo.co.jp/sports/lotte/788004
  • https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104300000696.html
  • https://hochi.news/articles/20210430-OHT1T51105.html
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/156173
コメントを残す