ベッキー結婚でテレビ番組・CM出演増の予想も…ヒルナンデスや行列出演後、日テレにクレーム殺到報道

ベッキー

タレント・ベッキーさん(本名=レベッカ・英里・レイボーン 34歳)が1月に、元プロ野球選手で『読売ジャイアンツ(巨人)』の片岡治大・2軍内野守備走塁コーチ(かたおか・やすゆき 本名=片岡保幸 36歳)と交際約8ヶ月で結婚し、多くの祝福の声が上がっています。

私生活だけでなく仕事の方も順調な様子で、1月30日と2月6日には昼の情報バラエティ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のワンコーナーに登場、2月10日には『行列のできる法律相談所』(同)に5年ぶりとなるゲスト出演しました。

<↓の画像が、『行列のできる法律相談所』に出演したベッキーさんの写真>
ベッキーが2月10日放送『行列のできる法律相談所』出演

<↓の画像は、『私のおじさん』で共演のベッキーさんと城田優さんの写真>
私のおじさんで共演のベッキー&城田優

この他に女優として、22日放送の岡田結実さん主演ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系)の第6話に出演、4月5日公開の斎藤工さん主演映画『麻雀放浪記2020』(白石和彌監督)では1人2役を演じるなどしています。

ニュースサイト『NEWSポストセブン』によれば、ベッキーさんは2016年1月に週刊誌『週刊文春』によって、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんとの不倫スキャンダルをスクープされ、全レギュラー番組の出演見合わせ、10本のCM契約解除となるなど大ダメージを負ったものの、片岡治大コーチとの結婚によって今後またCM出演の機会が増えるのではないかとも言われているそうです。

記事では広告代理店の営業担当者が、「これからベッキーはCMの世界に戻るのではないでしょうか。私自身もそう思っていますし、周囲の人間もそう感じています。業界では『みそいだ』といった言い方をしますが、いわゆる『禊(みそぎ)』が済んだ、ということですね。
あれから3年、もう充分『みそいだ』といった反応が今回はありました。また、今回は不倫ではなく、人として幸せになったパターンです。かつ、ベッキーが干されたきっかけと逆の構図が好印象を与えています。」
と語っています。

また、現在も世間から批判の声が上がっていることについては、「言う人は一生言います。一回失敗したら一生許さないというのはおかしいでしょう。私がスポンサーの決定権者だったら彼女を起用するでしょうし、私がキャスティングを提案する場合は企画に合うのであればベッキーを入れるでしょう」と語り、広告制作会社の関係者も、「もう少し様子を見て起用にこぎつける企業も出るかと思います。」と推測しています。

さらに、『週刊女性PRIME』も結婚が追い風となって状況が一気に好転しそうだとし、芸能ジャーナリストの佐々木博之さんは、「結婚後は“不倫イジリ”を彼女の所属事務所が許可するとは思えないし、本人が拒否するのも当然だが、幸せを掴んだ人の過去の不倫に言及するほどテレビ局も無粋ではない。これで彼女は安心してテレビ出演ができるようになる。
今後、ママとなれば、過去のキャラを払拭し、新境地を開くことも可能だ。実際にテレビ業界からも『ゲス不倫のイメージを塗り替えられたので、使いやすくなった』との声も聞こえてくる。」
と明かしています。

このように片岡治大コーチとの結婚を機に、ベッキーさんの露出が増えるのではないかという話が続々と出てきているのですが、一方で『週刊新潮』は今後も厳しい状況は続くのではないかとしています。

ベッキーさんが今年出演した『ヒルナンデス!』と『行列のできる法律相談所』は好視聴率を記録し、『ヒルナンデス!』は1回目が6.0%、2回目が7.2%、『行列のできる法律相談所』は17.0%を獲得していました。

ベッキーさんもそうした数字を見て、「これなら他局からも出演オファーは来る」と判断したのではないかと憶測しているのですが、日テレサイドはベッキーさんの出演番組が好視聴率を獲ったことを評価していないといいます。

その理由について民放キー局関係者は、「実は、ベッキーが日テレに出演すると、相当な抗議電話が殺到したそうです。件数は数百件レベルと聞いています。大半が『なぜベッキーを出演させるんですか!?もう日テレは見ません!』という苦情でした。
報告を受けた日テレ上層部は『まだしばらくは、ベッキーを出演させないほうがいい』と判断したようですよ」
と明かしています。

実際にツイッター上で「ベッキー 結婚」と検索をかけたところ、

  • 巨人片岡、よく平気で不倫できる女と結婚するし、ベッキーもよく他人の家庭ぶっ壊しといて幸せですとか言えるよな。マジでクソ。この世から消えてくれ
  • ベッキーの結婚を祝えないヤツは精神の状態がどーたら、器の大きさがこーたら…って善人ぶってるヤツらは、どうせ全員自分が、絵音の奥さんの立場ではなかったヤツら。痛みを味わってない奴らが偉そうに知ったかぶるな。分からないなら、せめて黙れよ
  • ベッキーの結婚って、みんな祝福してるんだ。1人の女性の人生めちゃくちゃにしたくせに、おめでとうって言えるんだ。幸せになる権利云々言ってる人もいるけど私はそうは思わない。メディアもあんなに批判してたのに、おめでとうございますってなんなの。不倫された側の気持ち考えて

などと、ネガティブな声が上がっていると伝えています。

こうした声が現在も上がっており、番組出演後には多くのクレームが寄せられたことから、結婚したところでそう簡単に仕事が増えるわけではないというのですが、この記事に対してネット上では、

  • 特にベッキーは好きでも嫌いでもないが、なぜテレビ局は出したがるの?特技がある訳でも何でもないのに
  • 片岡コーチも、大変な嫁をもらったなぁ。余りにも好感度が低いベッキーを待望している視聴者は少ないと思う
  • ヒルナンデス観ましたが、態度も良くないし単純につまらなかった。
    不倫で悲しんだ奥様のことを考えたら、テレビに出ずに働いたら良いのに。別に観たいような芸もない訳だし。
  • 世間にはあのLINEの記憶がまだ残ってるよね。だから結婚を祝福する気にはなれないし、TVでの需要はないと思う。おとなしく家庭に入ってください。
  • 確かに不倫は問題だが、この人の場合は、謝罪会見にピンクのウェディングシューズで出て来たり、LINEの内容での腹黒さやしたたかさ、性格の悪さが暴露されたために、受け入れ難いとおもう。
    幸せになる権利は誰にもあるから、結婚して幸せ掴んだのなら、このまま消えてもらいたい。
  • 叩かれたのは不倫じゃなくて、会見で抜け抜けと大ウソをつき、センテンススプリング、ありがとう文春のラインで腹黒さが露呈したから。
    もうこのイメージが染みつき需要もないし、完全復帰など無理だと思います。

などのコメントが寄せられています。

ベッキーさんは、昨年創業50周年を迎えた老舗芸能事務所『サンミュージックプロダクション』に所属し、不倫発覚まで事務所の稼ぎ頭としてしばらく活躍していたこともあり、事務所側もゲス不倫騒動でベッキーさんを見捨てること無く猛プッシュを続け、ついに主婦層がメイン視聴者の平日昼の番組、さらには日曜ゴールデンの番組にも出演を果たしました。

あの騒動から3年が経過し、少しずつベッキーさんに対するバッシングは減っており、逆に活動を応援する声も徐々に増えてきているのは感じ、片岡治大コーチとの結婚を機に今後さらに地上波の番組、CMへの出演が増えていきそうな気配はありますね。

しかし、ベッキーさんは大きな武器だった好感度が暴落してしまったので、結婚による一時的な需要ではなく今後も活躍を続けていくためには、視聴者から新たに評価されるようなものが必要不可欠な気がしますが、今後どういった戦略で仕事を増やしていくのか、かつてのレギュラー番組には復帰できるのか、引き続きベッキーさんの動向に注目したいところです。

参照元
  • https://www.news-postseven.com/archives/20190218_872458.html
  • https://www.jprime.jp/articles/-/14498
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2019/02230731/
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1713253/
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/32916
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI4NTQyMzc4

    クレーム入れてないだけで入れたい気持ちの人はもっといる事にきづいてほしい。

  2. 2
    匿名
    ID:MjA5NDI3NjI4

    出なくて良いよ。

  3. 3
    匿名
    ID:ODI4NTEwNTc2

    不倫は当人同士の問題だから別にいいけど、記者会見の事とかLINEの腹黒さの方が印象強い…
    それでおめでとうとか幸せアピールはいい気はしない

  4. 4
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4OTAxODg0

    お母様も孫を抱きたいと思っているので、いっそ妊活に励んではどうですか?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について