サカナクション岩寺基晴のW不倫問題でツアー公演延期が物議。山口一郎も体調不良、対応に納得の声も…

不倫・浮気 事件・事故・トラブル 音楽

サカナクション山口一郎らメンバー画像

2013年に『NHK紅白歌合戦』にも出場した人気ロックバンド『サカナクション』のギタリスト・岩寺基晴さん(いわでら・もとはる 41歳)が、2日発売の週刊誌『週刊文春』にW不倫スキャンダルをスクープされ、この報道などが原因で今月開催予定だったライブ4本の延期発表を巡って物議を醸しています。

今年メジャーデビュー15周年を迎えたサカナクションは、3月にコンセプト・アルバム『アダプト』をリリースし、6月14日~11月9日にかけて全国ホールツアー(15ヶ所28公演)を開催する予定でした。

しかし、所属事務所『ヒップランドミュージックコーポレーション』は2日にバンドの公式サイト上で、14・15日のグランキューブ大阪メインホール公演、24・25日のロームシアター京都公演を延期すると発表しました。

6月の全公演を延期する理由については、「この度の件も含め諸般の事情があり、ツアーのスタートを迎えるにあたっての十分なリハーサル、及び、準備が行き届きませんでした。メンバーとスタッフで協議をした結果、お客様に対して満足していただける状態でお届けするにはいたらないという判断のもと、来たる大阪・京都公演に関しては延期をさせていただくということになりました。」と説明しています。

なお、7月以降の公演は予定通り開催するといい、延期公演の日程やチケットの払い戻しに関しては、後日サイト上で発表するとしています。

公演延期を発表する前には、W不倫を報じられた岩寺基晴さん等の謝罪コメントが公式サイトに掲載され、岩寺さんは週刊文春の報道に対して、「私の倫理観を欠く行動により、記事を目にされた皆様に不快な感情を与えてしまったこと、そして世間をお騒がせしてしまったことを心よりお詫び申し上げます。私の無責任かつ不誠実な行動により、相手の女性の方の心を大きく傷つけてしまった事を深く反省するとともにお詫び申し上げます。」と謝罪しました。

<↓の画像は、W不倫を報じられたギター・岩寺基晴さんの写真>
サカナクションのギター岩寺基晴

サカナクションのファンや関係者に対しても謝罪の言葉を綴り、「表立ってはお伝えしておりませんでしたが、私には妻と子供がいます。家族に対する裏切りは到底許されるものではございません。今後はこの一連のことを猛省し、これまで以上に真摯に音楽と向き合い、失ってしまった信用を一日も早く回復できるよう誠心誠意尽力していく所存でございます。」としています。

また、サカナクションのメンバー一同として、「岩寺基晴の倫理観の欠如した行動により、ご迷惑をおかけしたお相手の方にまずは深くお詫び申し上げます。そして私たちの音楽を愛してくださっているファンの皆様、音楽活動を支えて頂いている関係者の皆様に多大なるご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。岩寺には強く反省を促し、また私たちメンバーもこのような事態を未然に防げなかったことを深く反省しております。今後は信頼回復に向けて姿勢を正し、音楽活動に邁進してまいります。」とのコメントを発表していました。

そして、謝罪コメントの発表に続いて、一部ライブの延期が発表されたことに対してネット上では、

  • これじゃ出来ないのも納得
  • あんだけ音楽とプライベートは関係ないと豪語しといてこれかよ
  • うっせー!ほっとけよ!とシカト決め込んでツアー決行して欲しかった
  • 初日のチケットを持ってた。コロナによる延期ならまだ納得できたけど、この理由での延期はなんだかなぁ…という気分
  • この1ヶ月は謹慎ということ?一郎さんの具合良くないんじゃ
  • 延期か生きる気力失くすなあ まあ一郎の体調的にこれで良かったかもな
  • 不倫記事はふーん?くらいな感じに受け流せたが、公演延期の知らせはダメージくらった
    十分なリハーサル、準備が出来なかったって不穏だな

などの声が上がっています。

岩寺基晴さんはW不倫を認めて謝罪しましたが、活動を休止するとの発表はなく、バンド活動への影響はないものと見られていましたが、いきなり4公演の延期が発表され、ファン等の間で物議を醸しています。

事務所の説明によると、ツアー公演の延期は岩寺基晴さんの不倫問題だけでなく、十分なリハーサルや準備が出来ていなかったことも要因とのことですが、ボーカル&ギターの山口一郎さん(41)は少し前から体調不良を訴え、帯状疱疹を発症するなどして病院に通っていることを明かしています。

こうした状況の中、タイミング悪く岩寺基晴さんのW不倫スキャンダルがスクープされたことで、ツアー開始を1ヶ月ずらしたことにサカナクションのファン(通称:魚民)からは納得の声も上がる一方、予定通り開催してほしかったとの声も多く賛否両論となっています。

先月には週刊文春のWeb版『文春オンライン』によって、人気ロックバンドの“マンウィズ”こと『MAN WITH A MISSION』のベーシスト・Kamikaze Boyさんの不倫が報じられ、この報道を受けてKamikaze Boyさんは活動自粛が決定しました。

この対応を巡ってもファン等の間では物議を醸し、不倫は犯罪ではないため活動を続けるべきなどの声が多く上がっていましたが、バンドのイメージ悪化による様々な影響などを考慮すると、今のご時世では仕方がない対応とも思います。

サカナクションの場合は、岩寺基晴さんに謹慎などの処分は下さず、ツアーの一部公演延期という形にし物議を醸していますが、ツアー開始を延期した分、7月からの公演ではより完成度の高い、最高のパフォーマンスを披露してほしいですね。

参照元
  • https://sakanaction.jp/news/detail/2229
  • https://sakanaction.jp/news/detail/2230
  • https://natalie.mu/music/news/470069
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI4OTAxMDky

    山口さんは昔から繊細な人だから

  2. 2
    匿名
    ID:ODI5MDc5Njkx

    耳も難聴で大変なのに、要らんストレスかけるなや

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!