あびる優の元夫・才賀紀左衛門が離婚&親権獲得の真相激白。元妻の悪癖、アルコール依存症状態で頻繁に夜遊びか…

才賀紀左衛門と元妻・あびる優

タレント・あびる優さん(本名=阿比留優 33歳)と離婚し、長女の親権と監護権を持つことを明らかにした総合格闘家・才賀紀左衛門さん(さいが・きざえもん 30歳)が、ニュースサイト『AERA dot.』の独占インタビュー取材に応じ、あびるさんと離婚を決意した理由、長女の親権を得た経緯などを初告白しています。

あびる優さんと才賀紀左衛門さんの離婚は、正式発表される前に『AERA dot.』が独占スクープしており、同記事では才賀さんが1人で離婚届を提出し、2015年5月に誕生した1人娘・よつ葉ちゃん(よつは 4歳)の親権は、あびるさんではなく父親の才賀さんが持つとしていました。

<↓の画像は、離婚前の親子スリーショット写真>
あびる優・才賀紀左衛門・長女・よつ葉

離婚に至った原因については、2人の関係をよく知る知人が、「実は離婚をしたがったのは夫の才賀さんの方なんです。小さな娘がいるのに、ほぼ毎日夜遅くまで飲み歩くあびるさんに我慢の限界を迎えたようです。お酒に酔ったあびるさんが深夜2時や3時に帰宅した後、夫と娘を起こして騒ぎ立てるということも頻繁にあったそうです」と語っており、あびる優さんの酒癖の悪さが大きな原因になったとしていました。

その後、あびる優さんの所属事務所『ホリプロ』は文書で離婚を発表し、離婚原因については、「少しずつ、生活のすれ違いや価値観の違いをお互いに感じるようになり、今年に入り、何度も話し合った結果、離婚という結論に至ったそうです。」とし、慰謝料などは発生せず、親権は才賀紀左衛門さんが持つものの、あびるさんも「愛情を持って育てていきます」と説明していました。

また、あびる優さんも自身のインスタグラム上で、「これからもヨツハのママとして、大切に大切に愛情いっぱいに育てていくことを誓います。今後ともお仕事も子育ても頑張っていきます」と綴っていた一方、才賀紀左衛門さんはYouTubeに投稿した動画で、「これからは“シングルファザー”として、しっかり子どものことを守ってあげられるように頑張ります」とし、その後インスタグラム上でも「親権並びに監護権(育児権)を持ち責任を持って育てていく事を表明いたします」と宣言しました。

このように双方の言い分に食い違いがみられ、混乱を招いており、離婚後も子供を巡ってトラブルになっているのではという疑惑が浮上していたのですが、才賀紀左衛門さんは今回『AERA dot.』のインタビュー取材で、真相を明らかにしています。

離婚発表後の生活について聞かれると、「離婚前と変わらず娘と一緒に暮らしています。」と明かした上で、「自分たちのことで世間を騒がせてしまったことについて謝りたいと思います。」と謝罪しています。

<↓の画像が、離婚・親権の真相を語った才賀紀左衛門さんの写真>
才賀紀左衛門が離婚・親権の真相激白

また、インタビューを受けた理由については、「一番大切な娘の養育方針について、もう一度自分の口から真実をお話しすべきだと考えたからです。」と説明し、「今後の方針はインスタグラムでご報告させていただいた内容と変わりません。娘の親権は僕が持ち、監護者として責任を持って育てていきます。」と改めて表明しています。

あびる優さんとの離婚届は12月4日に、才賀紀左衛門さんが1人で提出したことが明らかになっているのですが、離婚届の記入は11月下旬時点で終えていたと明かし、「提出した前日の12月3日に夫婦二人でハンコを押して、笑顔で『5年間ありがとう』『夫婦としてやりきったね』と結婚生活を振り返りました。親権欄には僕の名前が記載されていて、優も同意してくれていました。その翌日に1人で離婚届を出しに行きました。」と説明しています。

1人で離婚届を提出した理由については、「優が親権について同意してくれたのは確かですが、たまに『親権はあげない』と翻意(ほんい)することもありました。時には『私を神様のように扱わないと親権はあげない』と言われることもありました。おだてたり、言うことを聞いたりもしましたが、いつ『親権は譲らない』と言われるのかと考えると、それが怖かったし、何より大切な娘の親権を交渉の材料みたいに扱われることに怒りを覚えました。そうした事情から、すぐに提出したほうがいいと考えたんです。」と明かしています。

2016年の司法統計によれば、離婚調停や裁判で離婚が成立した夫婦で、母親が親権を持つ割合は9割、残り1割の父親が親権を保つ場合でも、子供を育てる監護権を持つのは母親となるケースが多いのですが、才賀紀左衛門さんが親権と監護権を持つことを望んだ理由については、「優の酒癖の悪さ、お酒との関わり方を知っているからです。その悪癖を考えると、どうしても娘を渡すことができません。」と激白しています。

<↓の画像は、才賀紀左衛門さんと長女・よつ葉ちゃんの写真>
才賀紀左衛門と長女・よつ葉

才賀紀左衛門さんによると、あびる優さんは毎日飲み歩いているわけではないものの、「週2、3日の時もあれば、5日連続の週もあったり」とし、今年4月にはあびるさんが夜遅くによつ葉ちゃんを連れて飲みに出かけたことがあったそうで、それを共通の知人から聞いた才賀さんは「自宅に戻って」とあびるさんに連絡したそうです。

すると、あびる優さんはよつ葉ちゃんを連れて一度帰宅したものの、自分は再び飲みに出かけたといい、他にも深夜に酔っ払った状態で帰宅し、寝ているよつ葉ちゃんや才賀紀左衛門さんを起こすということが頻繁にあったとのことです。

その度に才賀紀左衛門さんは「頼むからやめて」と伝えたものの、大の酒好きなあびる優さんは行動を改めず、そうした姿を見てきたからこそ才賀さんは娘の育児は任せられないと思い、シングルファーザーになることを決めたとのことです。

そんな才賀紀左衛門さんは2年前に、モデル女性との不倫スキャンダルを週刊誌にスクープされており、この問題によって一時は離婚危機とも囁かれるほど深刻な状態になっていたのですが、これもあびるさんの酒癖が悪化した要因?との問いに対しては、「優の悪癖は写真週刊誌の報道の前から、もっとさかのぼれば娘の出産前から続いています。でも傷つけてしまったことは確かです。それについては謝りたいと思っています。」と答えています。

もし今後、あびる優さんがお酒との付き合い方を改め、行動を改善した際には2人で子育てをしていく可能性はある?との問いには、「娘は母親である優を愛しているはずです。だから優がお酒を断つのであれば一緒に育てていきたいとは思います。」としつつも、「何年も続いている悪癖がすぐに治るとは思えませんし、何度僕がお願いしても、娘が産まれても改善しなかったので、口約束だけではとうてい信じることはできません。たとえ断酒を決意したとしても、しばらくは優と娘を2人きりはさせたくありません。」と断言しています。

才賀紀左衛門さんが理想とするあびる優さんとの関係性については、「基本的に僕が娘を育てながら、お酒を断った優も娘の人生に関わっていくことだと思います。」と答え、最後にあびるさんに対して、「娘のためにお酒を断ってほしいという強い思いもあります。いまはいろんな感情があって整理をするのは難しいですが、娘と出会わせてくれてありがとうと伝えたいです。」とし、「そして、いつか娘に不甲斐ない親でごめんと謝りたいです。」と語っています。

このインタビュー記事に対してネット上では、

  • ハッキリは言及してないが、明らかにアルコール依存症だな。娘よりお酒を選んでるし、本人も依存症を治す意識もないし、何より自覚してないし
  • アル中の母親に不倫した父親。ただひたすらに子供が可哀想で…。
    子供のためにもあびる優本人のためにも、本格的な治療が必要そうですね。
    本人はアル中と思ってないだろうし、お酒やめてって言っても聞く耳持たないだろうから…
    夫が見放した今、事務所総出で治療に取り組むしかないのかな。
  • この主張が本当なら、お互いがお互いをしっかり考えていなかったにしろ、この人は娘さんのことをしっかり考えて反省もしてるんだなあと好感が持てた。
    逆にあびる優の方は、いい印象は今までなかったが、がっかりな感じ。お酒はほどほどにしないとね。
  • 思っていた以上に、旦那さんはしっかりしていた。
    もちろんお互い悪いところもあると思いますけど、親として娘の事を思うなら、旦那さんのした行為は間違っていないと思う。
  • 小さな子供連れて夜中まで酒飲むって本当にありえない。
    環境が悪いのは勿論、小さい子が夜にちゃんと睡眠が取れないの発育にも影響する。あびるに娘の親権はやれないって凄くわかる。
  • どっちもどっちだが、子供を育てるならやはり旦那か。
    それにしても子供を産んじゃいけない人だったね、あびる優。
  • 娘を夫婦交渉の材料に使ってる、、、話の内容が本当なら、同じ娘を持つ親として許しがたい。
    単にアルコール依存というのもあるが、そもそも、親としての資格がない。旦那の今回の判断が妥当と言えるかも

などのコメントが寄せられています。

あびる優さんは本当に酒癖が悪く、アルコール依存症のような状態なのかどうか、あびるさんの話も聞かないとどこまで本当なのかは分からないのですが、よつ葉ちゃんの親権を才賀紀左衛門さんが持つ時点で、あびるさん側に色々と問題があったのは間違いないとみられます。

19日発売の週刊誌『週刊文春』も、あびる優さんの悪癖について伝えており、以前からお酒が大好きだったあびるさんは、下戸の才賀紀左衛門さんに育児を任せ、夜遊びをしていたとしています。

そんなあびる優さんは、11月に薬物事件で逮捕された女優・沢尻エリカ被告とは同い年で、性格も似ていて親友だと公言しており、現在も親交が続いていた様子から、インスタグラムでは良い母親ぶりをアピールしながら、裏では飲み歩いていたとしても全く不思議ではありません。

一方の才賀紀左衛門さんは、あびる優さんと結婚後にバツイチで、元妻との間に2人の子供をもうけていたことが明らかにされており、2014年に『女性セブン』が報じた記事で才賀さんの知人が、「10代で結婚して、22才の時に離婚しています。前妻との間には、子供が2人もいますからね」と証言しています。

さらに、元妻との離婚原因は才賀紀左衛門さんの浮気で、自宅にホステスを連れ込んでいたところを元妻に目撃され、離婚したとのことでした。

そのため、どっちもどっちではあるのですが、才賀紀左衛門さんの方が子供の将来のことを考えているように感じますし、子供より自分優先のあびる優さんでは今後、育児放棄する可能性も無きにしもあらずなので、才賀さんが長女の親権と監護権を持つという決断を下したのは当然なのかもしれないですね。

今後、あびる優さんが態度を改めて、才賀紀左衛門さんと共に育児をしていくようになるかは分かりませんが、もし本当に子供が大事だと思っているのであれば、しばらくお酒を断つ努力をしてもらいたいです。

参照元
  • https://dot.asahi.com/dot/2019121800079.html
  • https://www.cinematoday.jp/news/N0024452
  • https://www.news-postseven.com/archives/20140925_278285.html
5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTg3Nzk3Mzc5

    娘さんの為にも、こんなこと公表するべきじゃないと思う。
    日本で、親権や養育権を父親が持つって、事情はだいたい想像がつく。
    わざわざ言わなくても。

  2. 2
    匿名
    ID:Mjk0NzYyNDAw

    安易に子供を作ることだけ一人前!そんな親の元に生まれた子供がかわいそうでならない・・  無邪気な顔の女の子の写真を見ると悲しい

  3. 3
    匿名
    ID:MzY3MjIxNzU2

    これって妊娠中もお酒飲んでましたって言ってるよね
    う~ん・・・な~んか胡散臭いんだよな~
    決定的な証拠がないからなんとでも言えると思う
    この夫婦の言ってることは夫婦喧嘩の延長だから何も信用しちゃいけないと思う

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4NzE0NTc2

    マスコミ味方につけてバトル仕掛ける意味がわかんねー。
    前妻との間にも子供いるくせに今更イクメン気取るなよ。

  5. 5
    匿名
    ID:MjExMDc3OTky

    目糞鼻糞

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について